大会速報

−3日目の模様−

第11地区代表
県立君津高等学校

酒井一成・作(顧問創作)
ぶ た か ん
message from上演校
高校生活最後の、文化祭が始まる。体育館の後ろにある、「音響照明調整室=オペ室」を舞台に繰り広げられる、「表」よりもドラマチックな「裏」の物語。〜目に見えない所で支えていただいている中央発表会実行委員の皆さん、顧問の先生方にこの作品を捧げます〜
第10地区代表
県立長生高等学校

遠藤・作
  
俺が私で君がお前で
message from上演校
注意してもらいたい。舞台上ではノンフィクションである。
第2地区代表
県立松戸国際高等学校

青山一也・作  演劇部・潤色
ごはんの時間2ぃ
message from上演校
ふと不安になった。『私は明日何処にいるののだろう?』答えは目の前の教科書に載っていなくて、窓から覗く青空を見上げた。そこにも答えは無かったけれど、私は気が付いた。不安も、その答えも、私の中にあることに。私達にはまだよく分からない矛盾が山積みの世の中。それでも、今日も賑やかに『青春』を精一杯駆け抜ける。
第12地区代表
県立匝瑳高等学校

楽静・作 演劇部・潤色
サンタを待ってて
〜Waiting for my dear Santa.〜
message from上演校
部員が1年生2年生という、秋季発表会参加さえも危ぶまれていた私達でしたが、協力してくれた新たな部員たち共に、中央発表会という大きな舞台に進出することができました。まだまだ経験未熟な私達ですが、精一杯の力を出し切りたいと思います。

大会日程に戻る

トップページに戻る