大会速報

−3日目の模様−

第8地区代表
渋谷教育学園幕張高等学校

野田秀樹・作
贋作・罪と罰
message from上演校
今、なぜ時代劇なのか?
それは、一見平和な現代日本だからこそ考えてほしいことがあるからです。個人と国家ではどちらが大切なのでしょうか?また、人間の命の重さには差があるのでしょうか?明治維新という日本歴史上の大転換機を舞台に、そこで織りなす人間模様を通して、私たちはそのことを問いかけてみました。
第5地区代表
県立船橋芝山高等学校

犬田勝昭・作
  
げんかいふなのりのうた
message from上演校
「夢を持つ」これが私たちの芝居のテーマです。皆さんは今夢を持っていますか?自分の夢を見つけられる日は人それぞれ違うけど、私たちの芝居を見て一人でも多くの人が夢を持ってくれたら光栄です。
第6地区代表
千葉日本大学第一高等学校

芦原すなお・原作  小松幹生・脚本
演劇部・潤色
青春ゲンデケデケデケ
message from上演校
昭和39年・・・・、僕らが生まれる20年以上前の話だけど、そこに書かれている音楽への熱い思いは僕たちと同じだ。初めて楽器を手にしたときの喜び、一つコードを覚えた時のうれしさ、ライブを開く前の緊張感、みんなの音が一つになって音楽の中にいるんだというような陶酔感、どの場面も今の僕たちの周りの世界と同じじゃないか。
第6地区代表
県立津田沼高等学校

北村想・作
寿歌−ほぎうた−
message from上演校
この物語は、「核の恐怖」がいよいよ現実味を帯びてきた、「この地球の明日の風景」?
それとも、モヘンジョダロ栄えし、遙か古代の「地球の記憶」?
キョウコは誰の子供を産むのだろう?ホタル?ゲサク?それともヤスオの子?ヤスオはエルサレムに、2人はモヘンジョダロに、どうして向かってゆくのか?

大会日程に戻る

トップページに戻る