大会速報

−2日目の模様−

第7地区代表
県立四街道高等学校

藤原桔梗・作
多重人格
message from上演校
私は不安でしかたがない。虚構と現実の境界線は無くなり、誰かが私になりすまし、私が私でいられない・・・。その時つぶやいていた。『不安が不安を呼んでいるこの繰り返しが・・・終わらない・・・。螺旋状に廻る闇が、私の心を、浸食していく・・・。』自分が壊れる、その前に。まぁ、四高なんですけどね。
第2地区代表
県立松戸高等学校

水上勉・原作 小松幹生・脚色
ブンナよ、木からおりてこい
message from上演校
「生きるってことは、ただそれだけで、罪なこと、辛いこと、苦しいこと、そしてカッコ悪くて、悲しいこと。でも、とってもとっても素敵なこと。」・・・本当かよ?・・・わかんねぇよ、そんなこと!!・・・私達なりの答えを出したくて、「ブンナ」と戦っています。
第3地区代表
国府台女子学院高等部

加藤純、清水洋史・作
祭よ、今宵だけは哀しげに
−銀河鉄道と夜−
message from上演校
「銀河鉄道」にのって、少年は自分にとっての「一番の幸い」を探す旅に出かけます。「一番の幸い」を少年は見つけられるのでしょうか。また人々との出会いの中で少年が見つけた真実とは・・・。
第4地区代表
県立沼南高柳高等学校

演劇部・作
モンスターをやっつけろ!
message from上演校
「芝居はエンターテイメントだ!」それが沼高演劇部のポリシーです。その演劇部が今年お贈りするのは「B級ホラー」。お約束どおりのご都合主義、それでいて人間の心の闇に踏み込んだ衝撃作。(笑)こんな芝居が高校演劇にあったっていいじゃな〜い!青春ドラマ、都会的問題意識なんていうナンセンスな高校演劇の固定観念こそがモンスターだ!モンスターをやっつけろ!
第10地区代表
県立土気高等学校

奈良優衣 ・作(生徒創作)
木琴
message from上演校
戦争が終わって60年がたった今、戦争を知らない私たちが日本を動かしています。戦争の話をしてくれる人がだんだんいなくなり、戦争の話を聞く機会も減ってきました。平和である今こそ、私たちは戦争についてもっと知るべきです。

大会日程に戻る

トップページに戻る