生年月日ー1950年11月27日
出身地ー  福岡県田川市 
血液型ー  O型
座右の銘− 我がものと思えば軽し傘の雪
趣味ー    パソコン・読書(西村京太郎・最近は誉田 哲也さんのジウシリーズ・姫川シリーズにはまってるかな?)
        徳川家康 全26巻を大昔に読んだ事があるけど今もこの本が最高だと思ってます。
身長ー    171Cm 少し縮んできたからこれ位はないかも・・・トホホ!
体重ー    63Kg 
視力ー   右0,03 左0,01
性格ー   昔は短気 今は温厚だと思う(たまに短気かも?短気かな!短気だろうなぁ。)
長所ー   仕事を大事にするところと、仕事に対してはブレナイ心。
短所ー   協調性にかける。(最近は協調性はあるかもね) ズンドコベロンチョなとこかな?
好きな映画ーサスペンス・ホラー ラブコメディ SF
好きな人ー明るく前向きに物事を考えるひと・嘘をつかない人
嫌いな人ー人の陰口を言う人・裏表がある人・作り話をする人・
      

好きな動物ーネコ(来夏様です こなつさんは今 ダンシング17です)
  夢ー   70才まで生きていられたら ストーンズの歌をアクション付きで唄う事。        
学歴−福岡県田川小学校入学〜田川市後藤寺小学校へ転校 千葉船橋高根台第一小学校へ転校
     大阪 市岡中入学−千葉 船橋高根台中学校へ転校〜大阪 堺市立金岡中学校卒業 
    高校受験して合格するも家出 翌年再び高校受験して合格 これはほとんど行ってないのでパス
    なので最終学歴は大阪電子専門学校中退(弱電科だったっけ) 
    これも両立できずバンド活動に専念  なので 僕は中卒なのだ
    小・中と色々と転校したので覚えてるのは これくらいかな数が数え切れないんだ。

















 
芸能履歴
1967年漫画トリオとバックボーン(木村幸弘とバックボーン)にヴォーカルとして参加。 
1967年 12月末にオックスに参加。1/1よりオックスのヴォーカルとしてナンバ一番のステージ立った
1968年 3月中旬に上京 富ヶ谷にて合宿生活に入る。

1968年 5/5 オックスのリードヴォーカルとして「ガールフレンド」でデビュー 
瞬く間にグループサウンズ界のトップグループとなる 
立て続けに「ダンシングセブンティーン」・「スワンの涙」「僕は燃えてる」が大ヒット
 
社会現象とまで言われた失神ブームを巻き起こし 中期〜後期にかけて
タイガース・テンプターズと並び3大グループと呼ばれた(この当時 ブルコメ・スパイダースは別格)
(当時のオックスのステージパフォーマンスは 楽器を壊したり 
ステージから落ちたり とにかく最後はベースの音しか残っていないような
過激なステージングで有名だった)
 
(このステージングをプロダクションサイドから
演出されてものだと指摘する評論家が現れたがこのパフォーマンスは
ヒデトがオックス以前のバックボーン時代から行っていたものを
オックス加入後に愛とともにパワーアップさせたものである。)

1969年5月 赤松愛が失踪し行方不明になる しばらく待っていたが帰ってこないので
同年同月 オックスの弟GSを結成させるためスカウトされていた田浦久幸を
オックスに加入させることになった。 
芸名 田浦 幸 「5枚目のシングル「ロザリオは永遠に」から正式メンバーとなる
1970年の後半 夏夕介に改名し俳優としてデビュー
解散まで2年間オックスに在籍した。

1971年5/31オックス解散(シングル9枚・アルバム2枚をリリース)

(フランチャイズにしていたジャズ喫茶 池袋ACBにて
29日〜31日まで3日間15回ステージのラストライブを行った
厚生年金会館で解散コンサートをという話も事務所サイドからはあったが 
5人のメンバーの意見で原点で終わろうと言う主張で池袋ACBを選択した)


1971年8月ビクターより「仮面」でソロデビュー(野口ヒデト名義) 
1972年フィリップスに移籍「他に何がある」・「夜空の笛」等のシングル2枚と
LP「ひでとからあなたに」をリリース (野口ひでと名義)
このアルバムに生涯唯一の自作曲「笑いを忘れたピエロ」を収録
1975年2月末 7年間お世話になったホリプロダクションを円満退社。 
何のあてもなかったのに 何かぬるま湯に浸かってるみたいでイヤだったんだ
今考えると恐ろしい 堀さんはもう一度チャンスがくるからって
引き止めてくれたんだけど・・・若さは凄いというか怖いね

1975年6月
仕事もなく引退するかどうか迷ってたので歌手としてのフンギリをつけるため
「全日本歌謡選手権」にチャレンジを決意し 
日本テレビ代々木分室にて予選を受け合格する。(予選歌唱曲 船頭小唄)

1週目の挑戦は6月に山梨県の「富士吉田市民会館」から始まった

1 船頭小唄 2 命かれても 3 望郷 4 宗右衛門町ブルース 5 噂の女 
6 あなたのブルース 7 愛ひとすじ 8 後姿 9 年上の女 10 よこはま・たそがれ
を唄い 「大阪藤井寺市民会館」にて 10週を勝ち抜き「第38代チャンピォン」となる。 

恩師山口洋子の命名で 芸名を「真木ひでと」に改名 野口プロダクション入社
(野口プロの先輩 五木ひろしさんの木の字を一文字頂いた)
同年9/1CBSソニーより「夢よもういちど」で再スタートをきる 
この歌がオリコン全国チャートで オックス時代の「スワンの涙」以来の
オリコンのベストテンにはいり 70万枚の真木ひでと最大の大ヒット曲となった。
9月デビューにもかかわらず、年末の各種優秀新人賞をのきなみ受賞した。 
この年のレコード大賞では「夢よもういちど」が大賞曲候補にもノミネートされた
引き続き「恋におぼれて」・「東京のどこかに」等がヒットし 
炎歌歌手として順風満帆のスタートをきる。

1980年にヒットした「雨の東京」は当時のカラオケブームにのり
売り上げも40万枚を突破しロングセラーとなり
有線でも全国チャートのベスト5に入り有線大賞特別賞等を受賞した
今やカラオケの定番になっている「ひでと演歌」の真骨頂でもある
残念なのは これをデビュー曲だと勘違いしてる人が多い事。

1983年 野口プロを円満退社し個人事務所を設立 
独立1弾は市川昭介作曲の「夢をあずけて」180度イメージの違う任侠演歌だった
何でなんだろうねぇ 市川先生オレのイメージを変えたかったのかな?
後に 「ほたる川」・「百人の男」・「恋遊戯」など
大ヒットこそしなかったものの隠れた名曲としてファンに受け入れられている曲も多数ある 

1991年ポリスターへ移籍 第一弾♪子供の頃からエースで4番♪で始まる
「元気の星」が小・中・高生の間で話題になりヒットした(オレがCMソングでヒットしたのはこれしかないね)
1993年シングル「三陸海岸」をリリース(廃盤)以後 余程のことが無い限りメジャーレーベルから
シングルCDは出さないというポリシーを貫いている。
(理由として 最近のレコード会社は昔とまったく変質してるし 職人がいなくなっちまったから)

2001年10月ソニーミュージックより
CDミニアルバム ドリームプライス1000「雨の東京」6曲入りがリリースされている
このミニアルバムは今もって廃盤になってない。

デビューアルバム「夢よもういちど」
ソニーより復刻版としてCDにて
発売されソールドアウトとなる


近況として ソロ歌手としてのディナーショー・ライブの他に 
自身が企画構成をした「GSBIG3コンサート」手がけ自身も出演し
演歌からロックまで幅広い歌手活動を展開中である。 

最新曲はクニ河内作曲の「愛をありがとう」 シングルではないけれどかなり好評とのこと。
2012年 3月28日 歌手生活45周年を記念して21曲入りのベストアルバム
「陶酔炎歌 真木ひでと」をリリース ソニーミュージックより発売中
 
2017年はデビュー50周年 早いもんだね 半世紀だよ。

追記
GSのコンサートやディナーショーに数多く出演してるので演歌をやめた
と思ってる人が多いけどやめてないよ
 本業はソロシンガーだもの
今は演歌歌手というよりも マルチシンガーかな 
演歌ありGSありロックあり今後唄いたい曲ありの構成だから
昔は 一粒で二度おいしいと言ってたけど 今は何度もおいしいかもしれない



受賞曲
  

「夢よもういちど」 1975年 9月1日発売(オリコン全国チャート9位)
第4回 FNS歌謡祭 音楽大賞 優秀新人賞受賞
第1回 全日本歌謡音楽祭優秀新人賞受賞
ニッポン放送月間最優秀賞受賞
日本レコードセールス大賞月間優秀新人賞(オリコン)
日本レコード大賞大賞候補曲ノミネート
CBSソニーゴールドディスク 
その他多数


「恋におぼれて 1976年(オリコン20位前後だったと記憶。)
東京新聞最優秀ヒット賞
CBSソニーゴールドディスク 
その他多数


「東京のどこかに」 1976年
第3回 飯塚音楽祭大衆賞及び銀賞
(このときに美空ひばりさんが特別ゲストだったんだ オレを知っててくれて大感激した日)

「雨の東京」 1980年(発売は79年の9/21 翌年から売れ出した)
第13回全日本有線大賞特別賞
  
   日本有線大賞上期ヒット賞
     CBSソニーゴールドディスク 
     オリコンロングセラー賞
その他多数

「幸せうすい女です」 1981年
何かもらったような気もするけど忘れた 10万枚くらいのヒットだったのかな?


「元気の星」 1991年 オロナミンC CFソング
 
ポリスターレコード年間ベストテン他

写真集 
1975年 「夢よもういちど」 発売元 エイプリルミュージック  


CMソング 
1971年 グリコアーモンドチョコーレートフライド    「いつのまにか
          
1991年 ,オロナミンC CMソング          「元気の星」
              他にも 色々唄ったらしいが忘れました
           (エメロンシャンプーの振り向かないでも唄ったらしいね 音源が現存してるから)
ドラマ出演 
              
NTV  木曜ゴールデンドラマ「あなたに似た子」 準主役だけど犯人役だったよなぁ

映画出演
              
天使の誘惑・落ち葉とくちづけ・野良猫ロック 他多数(唄のみの出演)


コンサート
                  
真木ひでとになった頃は あちらこちらでコンサートをやったし 
                 大月みやこさんともジョイントコンサートなんかもやったんだけど
                 何しろ東京では下記のコンサートが初めてだったんだ

 
          
昭和55年    真木ひでとファーストコンサート ヤクルトホール
          
平成7年     真木ひでと 歌手生活30周年コンサート 新宿厚生年金会館

          
現在  各地域で「真木ひでとコンサート」やディナーショー
              「GSBIG3コンサート」開催中(三原綱木・加橋かつみ・真木ひでと)

プロフィール
TOPへ