雨の東京 レコーディング 「雨の東京」のレコーディング風景

鈴木淳さんからの アドバイスは
鼻歌風に 軽く歌うこと
山口先生のアドバイスは
メリハリに気をつける事 
歌詞を大事にすること

でも むずかしいよ この歌
いまだに 一度もうまく唄えたという 
実感がないんだ

情のレコーディング 雨の東京のB面
(今で言うカップリング曲)の
「情(じょう)」
という歌のレコーディング

この曲は 
重い歌なので情感たっぷりに
唄わないと歌詞が伝わらない曲なので
ヘッドフォン押さえながら 丁寧に唄った

雨の東京 スタジオ 初公開のスタジオ風景
「雨の東京」の
アレンジが 3パターン出来上がってて
とのパターンにするか 決めようとしてるとこ
もちろん 個人的には発売したアレンジを
強力に推したけどね

でも 
どのアレンジも捨てがたかったんだよね

ただ この歌を唄うことは誰もが反対だったね
真木君には 早すぎるって言われて
雨の東京 出陣式 「雨の東京」が完成して 
レコード会社のスタッフ及び
うちのスタッフと生まれて初めての
全国キャンペーンをやった 
初日の出発式かな

燃えてたね みんな
これこそ ひでとの代表曲にしようと
歌える演歌がまたひとつってタイトルで
草の根キャンペーンをやったんだ
ほんとに 全国各地 すみずみまでいった
まだ カラオケブームの走りだった頃
この頃 一時的に 
衣装が地味になったっけ
雨の東京 股旅姿 「雨の東京」のキャンペーンで
東海道53次キャンペーンってのをやって
その初日に 各取材陣の質問に答えてるところ

まぁ 取材用ってことで 
股旅姿になったんだけど
結構 さまになってるよね

昔から 言われるんだけど 
「ひでとは時代劇むきだね」って 
どうせアタシのおでこは お江戸風だよ

でもさ この時横に 
マイクロバスがあるんだけど
この車に乗って この扮装で 
京都までキャンペーンしたんだぜ  
股旅姿 ひでと ちょいと 取材の流れで歩きポーズを
とってるんですが
まぁ通行人の人たちも びっくりしただろね
でも 気がついてくれると
「頑張ってね ヒットさせてね」って
たくさんの激励もらったのも この時

いがいに 後半は照れなかったから
結構馴れたのかもしれないね
お江戸日本橋って 
土地柄も 良かったのかもね?

しかし 色んな事やったけど 
街中で股旅姿は
ちょぃと 恥ずかしい〜かな?


ソニーのスタッフも色んな扮装で
カラオケブームの走りのころだね


このマイクロで
あちらこちらに
行きました
この中で寝たことも
あったような?


少し写りは悪いけど
「雨の東京」のキャンペーン
ソニーや事務所のスタッフと
地道にキャンペーンを
やったことが40万枚以上という
レコードセールスにつながったんだよね
たくさんの人に支えられてると
感じたのもこの頃のこと


ここは何処なんだろう?
「雨の東京」のキャンペーンなのは
確かなんだけど・・・
それにしても 地味な衣装だね
これと もう一つダブルの紺が
あったっけ
まだ 30手前のオレなのだ!


同じ日ですね
4時から1回のみの
サイン即売会だったんだね
それにしても場所がわかんないよ
ここは何処?誰か来た人いますか?
チト ぼけてまんなぁ チト ボケてるね

「雨の東京」の
キャンペーンで地方に行ったときかな?
場所は忘れたけど
この度入りのサングラスはいずこに・・・
名古屋駅にて 「雨の東京」のキャペーンンの
名古屋から帰りのホームにて
こんな感じの私服は珍しいけど
オレってなぜに 縞模様が
好きなんだろうか?
謎だ!
この時応援していてくれた
小学生の子も 今や立派な
大人だろうなぁ
恩師の前では緊張します 何の歌の発表会か
チトわかんないけど
「雨の東京」の時かなぁ

カモンではないね
衣装が違うから・・・
「雨の東京」のキャンペーンで
横須賀の米軍基地内にて
チャリティコンサートを開催

バックバンドは第七艦隊の軍人さん
演歌の演奏が抜群にうまかったよ
みんなアメリカ人だった
アッ 当たり前か
このチャリティショーのあと
第7艦隊の司令官から 
表彰して頂いたっけ

セーラーマンの格好で記念撮影
雨の東京ポスター 「雨の東京」 キャンペーン用
 ポスター

珍しく サイン入りの物を 
UPしてみました
 
多分 銀座三越の屋上だと思う

「雨の東京」の新曲発表会にて


上と同じ日だけど
2回目のサイン会の
時だと思いますが


こんな地道なキャンペーンを
やって 爆発的な大ヒットには
即ならなかったけど 40万枚
という数字になったんだと思うよ

チーム一丸というのをこの時
初めて経験したんだ
演歌の人はこういう経験をして
ヒットにつなげるんだなって実感
オレの それまでのキャンペーンなんて
甘いもんだったね
それにしても この傘やTシャツは
今 いずこにいったのやら?
夜のヒットスタジオの
オープニングメドレーでの
ワタクシです

夜のヒットスタジオで
「雨の東京」を

この次の日から
レコード売上げが
3倍になった
まだ テレビの歌番組が
ちからをもってた時代
これ 1980年の2月なかごろだね
雨の東京の間奏部分かな
これも間奏部分

順さんが歌が終わった後
身体に気をつけてねと
言ってくれたのは
オレ この前日の
キャンペーンで
ぶっ倒れてさ

この日も熱があったのを
気遣ってくれたんだ
それほど きついキャンペーンを
やつてたけど このヒットスタジオの
出演で有線なんかあっという間に
全国ベスト10に上がった

今は そんな影響力のある
歌番組なんてないもんなぁ
日本有線大賞ヒット賞受賞 みんなのチームワークと この歌を
リクエストしてくれたたくさんの人の
おかげで「日本有線大賞ヒット賞」
受賞できました

ここで初めて ヒデトが 
演歌歌手になった
と 認めてくれた大人の人達が多かったね
今 演歌は嫌いって多いけどさ
すてたもんじゃないよ
この時代の 演歌はね 
色んなパターンの歌があったもん
オレも今は 同じようなパターンが
多すぎて好きくないかもね へへへ!
全日本有線大賞 特別賞受賞 1980年の年末 「雨の東京」
第13回全日本有線大賞特別賞
受賞した時

場所は大阪フェスティバルホール
この賞は オレにとって 一番の
励みになったんだよね

都はるみさんの「大阪しぐれ」と
賞を分け合ったというのも
自信になったよ

そういえば はるみさんの
アルバムで「雨の東京」を
カバーしてくれてるんだよね
驚いたし嬉しかった
見えないよなぁ 字が・・・
これが上の写真の時に
頂いた特別賞の記念の
振り子時計
大事にしまいすぎてて
動かなくなっちまった!


アルバム「雨の東京」の
モノクロバージョン

「雨の東京」のヒットで 
東京で初めてのソロコンサートが
ヤクルトホールで開催された
そのタイトルも「出発(たびだち)」

地方では 良くコンサートをしてたけど
意外に東京では 一度もやった事が
無かったんだよね
でも あれもやろう・これもやろうとして
あまり出来は良くなかったなぁ
ていうか 最悪だったね

でも この教訓が 
30周年コンサートで
生かされたんで 失敗から学ぶことは
いいことだと思うよ?

ヤクルトホールでの
真木ひでとファ−ストコンサート
からの抜粋でっす

一番左はオープニングかな
「スナイパー」という歌を
唄ってるんだけど 
コンダクターがテンポを間違えて
倍近いテンポになったんだよなぁ
よく唄えたもんだ
テンポがゆっくりだと カッコいいんだよ
この歌!
岡山にて 初めてのワンマンショー 「雨の東京」のヒットのあと
真木ひでとショーを
岡山市民会館で
開催した時の新聞の記事から

この時は 
大月みやこさんがゲストとして
共演してくれたんだ
何曲か 大月先輩と
デュエットした思い出がありますね

先日 久々にNHKの
「歌謡コンサート」でお会いしました
懐かしかったなぁ
先輩 写ってなくて残念だなぁ

上の写真の続き
この写真は 
本来は新聞記事かなんかだったんで
色がわりと出てこないので ごめんよ

この司会の人の隣に 大月みやこ先輩が
写ってるんだけど 許可をもらってないので
載せてありません

しかし 先輩は僕が小学生の頃に
デビューしてるんだよね
まさか 共演してくれるとは
思ってもみませんでしたねぇ

この他にも 以外な組み合わせで
森さんや千さんとも ジョイントコンサートを
やったっけ ご本人たちは覚えて無いかもね
幸せうすい女ですのラジオ出演中 「幸せうすい女です」
プロモーションのために
ラジオ日本の公開番組に出演中

この歌を好きな男性が多いのが
驚きだね
大阪 ABC生放送中 大阪の朝日放送のラジオ番組
「ポップ対歌謡曲?」って番組の最中

この番組はクイズ形式なので
考え中のオレです

不思議な事は ワタクシはいつもポップチーム
バリバリ演歌を唄ってたのにさ
大阪行く時は必ずこの番組に出てたなぁ

小野やすしさんが司会してる
何の番組かな?

小野さんとポンさんも仲が良かった
「幸せうすい女です」の時に
真木ひでとコンサートを
やった時の写真かな?

上の写真の歌コーナー
「幸せうすい女です」だと
思うんだけど・・・
こんな事もやってましたねぇ
野口プロ時代最後の頃かな
初の着物で股旅演歌を
なんたって これは当時の後援会の
ライブなんだよね
このあと 速攻着替えてロックを
唄ったっけ
ここ 鹿鳴館と言う有名なライブハウスなんだよね
よく こんな格好をOKしてくれたよなぁ
これって「幸せうすい女です」の
即売会かな 九州だと思うよ
八女市かな?
即売会の前に行った
「真木ひでとショー」
「幸せうすい女です」の
店頭キャンペーン

この頃は 
こういうキャンペーン全盛だった
今はこういう形態は 
もう演歌の人しか
やってないみたいだね

やってる方は 何枚くらい買って
もらえるか 
心配しながら歌ってたけど
僕の場合はコンスタントに 
買ってもらってた
100枚くらいだとかね

この当時のオープニング曲は
「港みれん」が多かった記憶がある
サイン会のひでと もう 
こういう機会は滅多にないもんねぇ
残念だ!

これは2回目かな?
衣装が違うから
そういえば オレの野外キャンペーンには
珍しく 雨が降ってきたっけ!
市川昭介さんと 「夢をあずけて」のレコーディングの日
この曲を作ってくれた 市川昭介先生と

先生が とっても気持ちよさそうに
タクトを ふっていたっけ
ちっちゃな真木ひでとシリーズ1

これは「夢をあずけて」の衣装です
黒タキだけじゃなくって
こんな衣装も着てたんだねぇ
ほたる川レコーディング風景 「ほたる川」のレコーディング風景

「ひとつ・ふたつ・ほら みっつ」のところの
コーラスを手伝ってくれた 少年少女たち
あれから 10年以上たってるから
今は20代後半くらいなのかなぁ

彼らのおかげで この歌の吹き込みは
結構楽しかったよ  
元気にしてるかぁ〜
ほたる川 「ほたる川」
ジャケット写真撮影時の1ショット

色んなパターン撮影したけど 
この写真は ボツになった

結局 ディスコグラフィの所の
ジャケット写真が
採用されたんだけどね

個人的には 
これもいいと思うんだけどねぇ
「ほたる川」とのカップリング曲
「百人の男」の作曲者の
伊藤雪彦さんから 
歌唱指導を受けてるところ

アレンジも 相談しながら 伊藤先生と
作り上げたし 「百人の男」で
初めてディレクターの真似事も
やったんだ
だから「百人の男」は 
かなり愛着があるのですよ!
雅叙園ホテルにて FCの集い 目黒雅叙園にて

当時所属してた事務所の
「真木ひでと後援会」の
バースディコンサート

「雨の東京」から
「幸せうすい女です」を歌ってる頃かな?

めったに着ないタキーシードで

まだあるぞ この衣装 
クローゼットに眠ってる
でも もう着れないと思うね


もう一枚出てきました
もうこんな服装で
唄うことは無いかも・・・



フックさんとオレ 関西でのラジオの公開放送にて

向って左にいる人が 
オレがバックボーンいた頃の 
漫画トリオのメンバーさんです

今の芸名は 青芝フックさん
この方からも 良くしていただきました

何 喋ってんだろうねぇ

アッ この服は私服だよ〜

見て見て ネクタイピンだぜ〜って さわぐなよ ひでと ネクタイピンを初めてつけて 
おどけてるひでと君
これは「雨の東京」を歌ってる頃
地味な紺のスーツでしたねぇ

ちょいと一杯のつもりで飲んで〜 ってやつかな? 広島でのキャンペーンが終わって 
軽〜く一杯

この頃は結構飲んでたんだよねぇ
酒をやめてから 十数年
昔の僕を知ってる人は 
酒をやめたということが信じられないらしい
マッ それほど飲んでたってことかなぁ

でも 
僕って一回決めると意志は固いんだよ
決めるまでは 優柔不断なんだけどね
O型の特徴らしいよ 
自然体のひでと 大阪ABCに出演中に
休憩で外出した時
 
なに 飲んでるのかなぁ 
オレンジジュース?
または アイスコーヒー?
どうでもいいか そんなこと
真木ひでと後援会の集い 我が恩師 山口洋子先生も
出席していただいての
真木ひでと後援会の集い

普通の集いは緊張しないんだけど
この時は 少し緊張したなぁ
このお店は 
山口先生の「ポスト」って
お店どす 
オレは準主役だったはずなのに
出番が少ないし 初ドラマで
犯人役だったっけ

白い帽子かぶって
サングラスしてる人が
監督さん 優しかったよ

このドラマの自分の演技を見て
二度とドラマはやらないと
心に誓ったね
超へたくそだった!
ひでと 1日署長になる 東京の某警察署の1日署長をやった時

結構 1日署長をやってんだけど
いつも緊張するなぁ
この顔も こわばってるもんなぁ

でも 時代は変わるね 
オックスの時だったら こういう
依頼もなかったと思うもの
こういう活動は 今後もどんどん
やっていこうと思ってます
ひでと 1日署長の巻 1日警察署長 2
上の写真と同じ日の全身写真

ちょいと 
写真が小さいんでみづらいかな?
これは 
パレードに向う直前のショットです
恋遊戯衣装 これはソニーで最後に
「恋遊戯」っていうレコードを
リリースした時の衣装とヘアースタイル

この当時は イケテルよなって
自分では思ってたけど
今見ると ぶったまげた
そういえば この頃から
あまり普通の演歌っぽいスーツとか
着なくなった
そういう意味では いいキッカケに
なったかな?
「恋遊戯」をリリースした時の
新聞取材にて

この歌が ポップな作品だったので
路線転換ですか?って 聞かれて
「いえいえ 燃える炎歌なんで」とか
しゃべってるところかな

歌に対するスタンスは 
演歌やポップにこだわらずに 
いい歌を唄いたいことなんだ
それが ロック出身の僕にとっての
個性だし オレしかもってないものだと
思ってるからね
同じく恋遊戯の頃
恋遊戯
最近好きだって言う人が多いね
初の打ち込みだったのに
テレビ出演の時フルバンドでやったら
見事に雰囲気が出なかったね
反省!
恋遊戯衣装その2 「恋遊戯」の頃の衣装の2
これも当時は 似合ってるよなぁ
と思ってたけど・・・・

今見ると 怖いよぉ〜

(2回位しか着なかったけどね)
恋遊戯衣装 これも「恋遊戯」の頃だと思うんだけどね
こりゃぁ レザーの上下を着てたときかな
今時 こんな格好で 演歌を唄ったら
お客さんて どんな反応するんだろね?

あまり 違和感なく
受け入れられたりして・・・ 
んなこたぁないよなぁ

まぁ 最近見て ぶったまげた
3点の写真をのっけましたが
まだ この衣装は家にあるんだよね
着てみようかなぁ でも・・・・怖いし
入んないかもね 
ウエストのあたりがさ フフフ!
  恋遊戯の後 16年お世話になった
CBSソニーからポリスターに移籍
理由は TMCBがそこだったからかな?

移籍第一弾の
「元気の星」がチャートを駆け上りだした頃
誰もが・・・いやCMの監督だけが
「ヒットするよ真木さん」って言ってたっけ
でも まさかと思ってたんだよ

オロC始まって以来のヒットになっちまって
このCM枠の争奪戦が始まったね
結局 スマップがこの枠で歌を流すことに
恐るべし ジャニーさん
しばらく会ってないけど 80才超えたんだね
天才的な名プロデューサーだよね 
元気の星 取材中 「元気の星」がヒット中の頃
ある週刊誌の取材で 
巨人軍の多摩川グラウンドまで行って
撮影
これ グラウンドの中なんだけどね
あまり 意味ない感じだよねぇ
雨も降ってたし
選手もいなかった 残念!
30周年コンサート パンフ オックスで デビューして 30年目
新たなる出発点となるコンサートを
厚生年金会館にて開催

ヤクルトホールでの失敗が いましめに
なって このコンサートは 
自分で言うのも変だけど
ヒデト〜ひでとまでの すべてを
皆さんに 見ていただき 聞いて
いただいたステージになったと
自負してるよ

アルバム「ひでとからあなたに」の
なかから 「光ある青春」なども
歌ったっけ
どこかの屋上? なな なぁ〜んと ヤクルトホールの
コンサートの翌日の写真が見つかった
これは キャンペ〜ンでのライブだね
どこの屋上なんだろうか?
それにしても この時のオレは
疲れしらずだったのかなぁ
今は ライブの次の日は 
体中痛いもの アハッ!

                       


新宿厚生年金会館にて


これも 新宿厚生年金だけど
上とは衣装が違うねぇ
この手つきだと
「雨の東京」を唄ってるのかな


これも新宿厚生年金
「恋におぼれて」だね


新宿厚生年金ラスト
「夢よもういちど」

これは手の振り上げで
即わかるねぇ

でも この時何ポーズ衣装を
持ってたんだろね
すべて違うもんね

この衣装が下の写真に
つながるのでやんすよ
♪あなただけを〜♪ 「夢よもういちど」を唄ってる1枚

4〜5年前かなぁ 
場所は厚生年金会館
大きなイベントでね 
大変緊張した思い出があります

ホリプロで 
オレの大先輩だった歌手の方が
ステージを見られててね
オレの唄が終わった後
楽屋まで来てくれて

「野口 歌 うまくなったなぁ」

と初めて誉めてもらったっけ

はじめから 
その先輩が来てるなんて
わかってたら
もっと緊張してたかもしれないなぁ
良かったぁ 
唄い終わった後で・・・ホント!!
              
                    

2011年10月
熊本キャッスルホテルで
知人のお店の35周年で
「真木ひでとショー」


意外にリラックスしてますねぇ
でも この日のメインは
知人二人
何ポーズ衣装替えしたんだろ
知ってる限りでは
8回は着替えてたね


熊本は毎年行ってるから
応援してくれてる人も
多いんだよね
ありがとう
また いくからね
よろしく
次へ
次へ
3