トップページ > 各施術についてのご注意

各施術についてのご注意


 ◇推拿療法などの施術のときの服装に付いて。
 
 推拿療法では衣類を着用したままで施術をします。

 普段着のままでもよいですが、ある程度施術に適した服装や適さない服装があります。

 何らかの衣類を身につけた状態で施術をすすめます。

 裸になりません。トランクス、パンツなど下着は着用します。

 上になにか薄手のシャツなどを着ます。
 
 衣類は、身体を締め付けない動きやすく 楽で薄手のものがよいです。

 薄手のスポーツウエア、トレーニングウエア、薄手のパジャマ、ねまき、インナーウエア、柔らかい生地のシャツとズボン、パンツ、スラックスなど、 夏はTシャツやポロシャツに短パン、すててこなどでもよいです。
 
 デニムシャツやジーンズ、コーデュロイ(コールテン)、などの生地が厚いものや固めのものは不向きです。
 
 ストレッチジーンズやスウェット、パーカーなどは夏物など薄手のものはよいですが厚手のものは向きません。

 冬はセーター、カーディガンなどは脱衣してあまり生地の厚くないものをおすすめします。長袖シャツ、長ズボン下など。

 一般的な下着と異なる補整下着(ガードル、ボディースーツ、ショーツなど)の体を強く締め付ける補正下着類は着用していると施術の効果が期待できませんので一般的なものをおすすめします。

 衣類に飾りなどが付いているものは施術に向きません。

 例えば、衣類に鋲やピンなどの金具類が露出していたり、とがったもの、大きなボタンや飾りボタンが多い衣類、むき出しファスナーやジッパー、バッジやチェーン、金属板、プラスチックの板や木の飾り、ガラスビーズの飾り、革飾り、フェルトの飾りやキルティングなどが付いているおしゃれ着などを着ていると施術ができません。

 指輪、腕輪、腕時計、ネックレス、ピアス、イヤーリング、ベルト、キーホルダー、キーチェーン、サスペンダーなどのアクセサリー類は着用なさらないでください。

 磁気治療用の磁気シールなども取り外していただきます。

 


 ◇施術中の携帯電話、スマホなどについて
 携帯電話、スマホ、パソコン、タブレットなどはマナーモードではなく電源を切ってください。




 ◇必要な持ちもの
 洗濯済みの清潔なフェイスタオルを1枚持参してください。
 フェイスタオルとは一般的な縦長のタオルです。
  うつぶせの時に使うフェイスまくら(顔用枕)にもちいます。
 タオルの大きさの目安は、
 幅30cm~35cm、長さ70cm~90cmくらい

 足が気になる方は清潔なソックス(靴下)
 (施術の時に着用してください。)

 飲料水
 280~500ミリリットルくらいのペットボトルなど。
 水分補給のために。
 とくに夏場は必須。




 ◇施術前の食事について
 食事は軽めのものをなるべく30分位前にすませておいてください。 
 腹八分であれば大丈夫です。
 満腹になるまで食べたり、大食い、過食など異常に食べ過ぎた場合は施術ができません。
 施術の後は帰りになるべく寄り道などはせずに、帰宅後はリラックスするようにして早めにお休みになることをおすすめします。




 ◇施術ルームについて
 施術ルームは清潔で安全な安心できる場所をこころがけています。