花粉症、アレルギー性鼻炎などの体質改善に有効な鼻うがい法をお教えします。

トップページに戻る メニュー




鼻うがいのすすめ(花粉症や体質改善に)


『鼻うがい』がいいですよと、当薬局のお客さまに言いますと、大抵は「そんなの無理です!」とすぐに拒否反応を示されます。
その理由は、プールで逆立ち状態になった時に、鼻に水が入りツーン!!!となった事を思い出すからだと想像するに難しくありません。

『鼻うがい』・・・テレビなどで、一度は見られたことがあるのではあるのではないでしょうか?
これは実はコツというかポイントがあります。
ポイントを押さえて、是非実行して欲しいと思います。
仕方を下に書いておきます。

@用意するもの・・・コップ(約200ml)に湯沸かし器のお湯(ぬるま湯)でいいので、一杯に入れる。その中に塩を2gほどを入れて溶かす。

使用する水はこの塩湯になります。ポイント@

私のいう塩は本来「海の清」などの天然塩ですが、ここでは普通の食塩でもいいでしょう。
2gという数字を計るのが、困難な場合、ティースプーン(コーヒーなどを注文した時についてくるスプーン)のすり切れより、少し端を切ったくらいでいいです。かなりアバウトな言い方ですみません。料理用のハカリがあれば計っていただくのが一番いいです。
200mlのぬるま湯に2gの塩で、1%の塩湯が出来ることになります。人体の生理的食塩濃度が0.9%ですので、より近い濃度としています。
塩の入っていない水、お湯でやりますと、「ツーン]として、以後やりたくなってしまいますので、必ず塩を使用することを忘れないでください。

Aこの塩湯(ぬるま湯)を、鼻のどちらの穴からでもいいので吸い込みます。喉を締め付けるような気持ちで吸い込まないと、鼻から入ってきた塩湯を飲んでしまうことになります。飲み込んでもそれほど問題は無いのですが、ゲホゲホっむせてしまうことがあります。なれると全く問題なく出来るようになります。
鼻から吸い込んで、口から出す。これを左右の鼻の穴からやってください。
コップ一杯のお湯では足らないと思います。何杯かやってください。
口から、鼻の粘液が随分と出てくると思います。ヌルヌルがなくなるまでやってください。
けっこうヌルヌルが出てくると思いますよ。

Bこのやりかたで、心配されている「ツーン」がなく、『鼻うがい』が出来ます。
正直にいうと、2回目あたりから刺激がなくなり、出来るようになります。
最初は少し刺激があります。心配するような刺激ではありませんから、御安心ください。
むしろ出来ないと思うのは、空気を吸う鼻の穴から、ぬるっと水が入ってくるのに抵抗を感じるのです。大丈夫ですから。

C時間はいつでも良いです。
朝起きてすぐ、洗面所でやる。お風呂でやる。いつでも良いです。

D慣れてきたら、鼻の中に塩湯が入っている状態で、顔を傾けて、右穴から左穴から出す。その逆。後ろに傾けて鼻の奥の掃除などをしてみる。
この行動をすることで、鼻の奥の免疫に重要な働きをする部分を刺激することが出来ます。


E最後に絶対に守って欲しいところポイントA

鼻の中に塩湯が残っていますが、絶対に『鼻をかまないで!』下さい。
つい鼻をかみたくなりますが、「びーっ」とかんでしまいますと、耳の方に水が行き、中耳炎など耳の病気にもなる可能性があります。
鼻うがいが終わりましたら、頭を下に向けてお辞儀するようにしてください。左右に向けますと、残った水が出てきますので、それをティッシュでふいてください。
これを花粉症の時期以外にも、時期を問わずするといいのです。

★慢性副鼻腔炎の方からのご指摘がありましたので、追加で補足しておきます。

塩湯が鼻の中に溜まってしまって、しっかりと全部出てこない方は、鼻の中に塩湯が残り、夜間寝ているときに出てくることがあります。そのこと自体もあまり気持ちの良いものでもありませんし、残っていること自体が良くないと思いますので、お止めになられた方がよいでしょう。
後鼻漏の方も、鼻の奥の構造の関係かも知れませんが、残りやすいのでやらない方がよいと判断いたします。

以上です。

参考文献
Dの所のみ、末盛クリニック院長 伊藤嘉紀著 「新しい鼻うがい健康法から自然治癒力医学(ホメオスタシス医学)まで」を参考にしました。
実際には少し内容を変更してあります。

読まれている皆様へ

参考にされる方はリンクは自由ですが、コピーするのはご遠慮ください。


ホームサイトマップ様々な病気と漢方おすすめの漢方おすすめの健康食品男性の方へ女性の方へ漢方相談カード
自動煎じ器・土瓶言葉で調べる日記帳ご注文・お支払い方法 │Q&A