BACK



1月31日(日) 意外と大丈夫
実は先日のBO GUMBO3のライブ、
我を忘れて飛び跳ねすぎたお陰で、帰り道は真っ直ぐ歩けないくらいにヨボヨボだった私。
これは数日後確実に筋肉痛になるな・・・と覚悟していたのですが、何事もなく1週間が終わりました。
あれ、大丈夫だわ?まさかこれ以上遅れて筋肉痛がやってくることはないわよね・・・。



1月25日(月) 大人の(?)ライブだぜっ
今日は職場の先輩方とBO GUMBO3のライブに行って来ました。
その昔(多分40代中位の方々はリアルタイム?)BO GUMBOSというグループがあり、
ボーカルのどんとさんが他界されて3名になったので今のグループ名になったとか。
ゲストはソウルフラワーユニオンの中川氏。
なんかもう知ってる人には涙物のライブだったみたいで、誘ってもらって超ラッキーだったのね、私。
私自身はBO GUMBOSもソウルフラワーユニオンもリアルタイムでは知らず、
Boomの宮沢さん関係で徐々に輪が広がって曲を知っていったので、ちょっと数年後追いの感アリ。
会場は梅田のシャングリラ。
やっぱり年齢層はやや高めかなぁ。それにしても男性が多いのにはビックリ。
一緒に行った方が「格好良い!」と力説していたDr.kyOnさんのド真ん前を陣取りライブスタート!
私の隣にいた男性が熱烈なファンらしくて(まぁステージの真ん前だしね)、熱狂的に飛んだり跳ねたりしていたので、
私も一緒にアホ程飛んでました!曲を知らなくても気持ちだけは往年のファンと同化できたと思うよ。楽しかったもん♪
それにライブハウスが程よく一体感が得やすい広さだったのも良かったなぁ。
なんかもう会場全員が知り合いみたいな一体感なのよ。凄く心地よくてハイテンションな。
大人の男の人が「格好良い!」と力説するだけあって、Dr.kyOnさんはクラクラするほど良い音出す方でした。
ピアノ弾けるって、あんなに格好良いんだなぁ。私も猛烈に何か楽器を弾きたくなった。
(弾けないけどね。弾けるかもって思うくらい楽しかったのさー)



1月24日(日) 今頃
ワンピース読んでいます。
知らない方の為に超簡単に説明しますと、ジャンプに連載中の漫画です。
ルフィという少年が海賊王になろうと冒険に出て、仲間を増やしていく物語
・・・というと単純ですが、もっと色々深いストーリーです。
大人になっても月曜日にジャンプを買うのを止められない理由の一つはこのワンピースが続いているかららしい。
うちの職場の男性はほぼ100%に近いくらい読んだことあるんじゃないか?
あんまり皆が熱く語るから、私も読んでみたくなった。
弟がいる割には我が家には漫画があまりなかったので、私はほとんど少年漫画を読んだ事がないのです。
この間は「スラムダンク」、今回は「ワンピース」、「ガンダム」はDVDで見た。
皆が学生時代に読んでいたものを今頃追いかけてます。
まだアラバスタまでしか読んでいないんだけど、既に何回か号泣(T_T)
私的にはリトルガーデンの巨人の話と、チョッパーの桜の話が好きだな。
ちなみに麦わら団以外で好きなキャラはボン・クレーだっ!(←分かる人にだけ分かればいいです・・・)



1月23日(土) 粘土
秋に人形展をするので、最近真面目に創作活動に取り組んでいます。
だけど樹脂粘土の塗装の問題がキチンと解決していないので、
樹脂粘土と石粉粘土の同時進行です。
できれば樹脂粘土の方を出したいけれど、塗装問題が解決しなかったら困るのでラ・ドールでも他に1体作ってる。
まぁ、どっちも上手くいけば出展数が増えますし・・・・。
ここにくるまでに色んな粘土を試してみたので、そのうち日記にレポートまとめたいと思います。



1月22日(金) 仮送別会
職場の方が産休に入るので、今日は仮の送別会です。
私は出産経験がないし、あまり身近に妊婦さんがいた事がなかったので
(友達の出産の時でも、会うのは何ヶ月かに1回とかでしょう?)
9ヶ月間、側でお腹が大きくなっていくのを見るのはなかなか感動的でした。
あまり相談にはのってあげられなかったけれど(なんせ経験がないもんで)
毎日近くにいると、お腹の赤ちゃんへの愛着が半端じゃありません。
まだ生まれていないのに可愛くてしかたないんです〜。
だってずっとお母さんのつわりの時期とか初期の眠々の時期とか後半のお腹急成長とか
毎日見てきたんだもの、生まれてくる子が可愛くない訳がないっ!
世の中のお父さんお母さんの1/100くらいの気持ちは分かったかも・・・。←当人ではないので多分これ位かと・・・



1月21日(木) 全体像
私の仕事は社内のほぼ決まった部署としかやり取りがないので、
おそらく仕事としてはとっても狭い範囲の知識なんだろうな、と思う。
そりゃ、取り扱ってる製品なんかは全部関係しているけれど、
手配や作業に関してはデータを見ているだけで実際の工程は誰がどんな事をしているのか知らない。
なんでこんなことを急に書いているのかというと、
自分の知っている範囲の情報だけで「きっとこれはこういう事なんだろう」と理解していた事が、
今日間違ってたと発覚したから。
たまたま別の部署の人と話をして、「え、そういう事なの?」と目からウロコみたいな状況になっちゃいました。
ちゃんと分かってみて、そして別の部署がどうしているのかを改めて考えてみると
「なるほど」なんだけど、これまで理解が間違っているなんて夢にも思わなかったので
私にとっては衝撃的な出来事でした・・・。
長い事この仕事しているから、つい知ったかぶりしたり、勝手に自分のルールを当てはめたり
無意識に自分の目の前にある事が全てだと思い込んだりしているんでしょうね。
おお、怖っ!



1月19日(火) トマト
引越しの時、急遽有休を取ったり色々あったので、
今日は職場の人を部屋に招いて鍋大会にて恩返し。
何鍋がいいかアンケートしたところ、なんと1位はトマト鍋!
私はカレー鍋あたりまでしか知らなかったんですが、今はトマト鍋も流行っているんですねぇ。
私の部屋にはアルコールは一滴もないので(←嘘。料理酒はある)
途中でワインだのビールだのピスタチオだのを買い込み、いざ鍋スタート!
いや〜、仕事が終わってからなので数時間だけでしたが、めっちゃ楽しかった♪
やっぱり鍋は大人数で食べた方が美味しいですね!
トマト鍋も洋風な味付けにしたので、仕上げの雑炊も卵とチーズでリゾット風にして美味しかった〜。
若干部屋がトマト臭いですが(^_^;)また何か企画したいです☆



1月18日(月) ミント情報
あいかわらず真冬だってミントマニアな私。
以前に職場の人が沖縄出張の際に買ってきてくれたお土産です。
その名も「ミント黒糖」!
ミントチョコが旨いんだから、ミント黒糖だって劇旨さ〜。
少ししか入っていなかったので、あっという間に食べてしまいました(^_^;)
また誰か沖縄出張行かないかな〜ふふふ


1月16日(土) 記憶の便利さ(記憶シリーズそろそろ終わります・・・)
とても便利だと思うのは曲とか匂いとかとセットになっている気持ちの記憶。
初心忘れるべからず、と言いつつも創作作業に慣れてダレてきてしまう状況になった時、
人形を作り始めた頃に聞いていた音楽CDを引っ張り出してきて聴いてみると
あっという間にあの頃の作りたくて仕方ない気持ちを思い出せる。
私の中の「創作モード突入ボタン」を簡単に押す方法だ。
一生懸命作り込んでいた時に聴いていた曲を聴いた途端にテンションがガーンとあがる感じ。
だからそういう曲ばかりを集めたら「創作用やる気満々音楽CD」(ただし私一人に有効だけど)が
出来ちゃうわけなのだ。
逆に滅茶苦茶落ち込んでいる時に聴いてた曲は、次に聴いた時に気持ちが再び落ち込むので二度と聴かない。
落ち込んでいる時はなるべく映画や音楽に触れてはいけない私でした。
(二度とそれを見たり聴いたりしなくなるから)



1月15日(金) 記憶の不思議(12日の続編?)
数日前から頭の中を「チステリー」という単語がグルグルしていて、
はて?一体チステリーって何だっけ?とネット検索してみたところ、
先日見た「ウィキッド」というミュージカルに出てきたお猿さんの名前でした・・・(汗)
あ、いや、私、見終わった時点ですでにお猿の名前は覚えていなかった筈・・・。
何故今頃、本人も認識していない言葉がいきなり出てくるのは本当に不思議だ〜。
その前は「ターヘルアナトミア」がグルグルしていましたし、
(学生時代の「チグリス・ユーフラテス」的な音って印象に残るんですかね)
一番重症だったのは、1年前位にスティービー・ワンダーの「OVER JOYED」という曲が長期に渡って頭をグルグルし、
このグルグルから逃れる為にはCDを買って聞き込むしか道はない!と最終的にCDまで買ってしまった事件。
だって、特別スティービーが好きな訳でも、この曲に思い出がある訳でもないのに、
呪われたかのように頭から離れないんだもの。
100歩譲って、昔大好きだった曲とかだったら長い年月を経て、急に頭をグルグルしても仕方ないかもしれない。
だけど、サビしか知らないような曲が、なんのキッカケもなく長期に渡って頭を支配するのは何でなの?
私の脳みそ、どっか変なのかしら・・・・



1月13日(水) パターン
先日職場の方から強力に薦められた朱川湊人さんの本を読んでみた。
(「最近面白い本ないですか?」と聞いた時に最初にあがった名前なので、相当お勧めらしい)
中でも文春文庫から出ている『花まんま』が良いというので、
さっそく3連休に読んでみた。
最初に驚いたのは、昭和の大阪の下町が舞台の話が多く、勧めてくれた方の雰囲気とは全然違うこと。
「あの人はこういう本も読むんだ」という新鮮な驚きがありました。
おそらく作者と同年代なので、懐かしさが被るのかもしれません。
話自体は・・・・良い意味で裏切られまくりました。「こうなるだろう」という予想を悉く裏切られ、楽しかったです。
短編集なのですが、その話の並び方が絶妙で(これは編集者に拍手なの?)
1話目がこうだったから・・・と読んでいくと2話目は全く違う展開になるし、
怖かったり、泣けたり、喜んだり、つらくなったり、色んな感情が呼び起こされる不思議なお話ばかりでした。
ジャンル的にはホラーらしいのですが、どちらかというと「生活感のあるおとぎ話」とかそんな感じ。
ほら、おとぎ話ってどこか泥臭かったりグロテスクな部分があったりするでしょう?



1月12日(火) 記憶
人の記憶って不思議だ。
どうやって実際にあった事と聞いた事や夢で見た事とを区別しているんだろう。
(以前にも日記に書いた気がするけど)
数少ない私の記憶の中で、鮮明に覚えているのにどうも現実ではないかもしれない・・・というものがいくつかある。
子供の頃、日曜日の昼頃に工事現場で遊んでいて、穴に落ち、
大学生くらいのお兄さん2名に助けられた記憶があるのだけれど、母はそんな事件は無かったという。
他にも、どこか海の横の舗装された道路を女の子と2人で歩いていて、
その先に「高砂屋」という土産物屋さんがある・・・・という風景をとてもハッキリ覚えているのだけれど
よく一緒に旅行に行く友達に聞いても分からず、修学旅行や部活合宿先の風景でもなく、
結局どこの場所なのかも分からない。
私は海のある場所に住んだことはないので、旅行先だと思うのですが・・・。
(ちなみにネットでも一応検索してみました。北海道には行った事がないので
北海道の高砂屋さんは違います。和菓子屋さんや旅館とも違う。結局分かりませんでした)
つい先日も、
昔、実家のお隣の家がフォルクスワーゲンに乗っていて、
母が「音がうるさい車やねぇ」と言っていたのを覚えているのですが、
確認してみるとお隣が乗っていたのはマークUだそうです。
・・・・フォルクスワーゲンに乗っていたのは誰?



1月11日(月) 絵
大阪(難波の)高島屋の美術画廊でやっている「美の予感2010」に松本潮里さんが出展されていると聞き、見に行きました。
何人かの画家さんが1点ずつ作品を出しておられて、それぞれのプロフィールと一言が添えられている展示でした。
一人一人のスペースがたっぷりあるので大きな作品が多く、松本さんの絵もかなり大き目。見ごたえがありました。
例え作品が大きくても、空間を埋める力があるって、やはり凄いことだと思う。
力のある人って作品の大小に関わらず魅力的なのよね・・・。
ただ、丁度お客さんが私しかいない状況が出来てしまい、
シーンと静まりかえった画廊の中、店員さんの視線を一身に受けて
終始落ち着きませんでした・・・。



1月10日(日) 今年の目標
去年の引越しは達成できたので、今年の目標は・・・
もちろん創作活動に注力!
そして現状維持ではなく、何か新しいことに挑戦できるような勇気を持った1年にしたいです。



1月9日(土) らぼ日
今日も新年会。Dollらぼです。
お料理の上手な方が色々なものを作って持ってきてくれて、とにかく食べまくっちゃいました。
(らぼで1日ずーっと食べ続けていたので晩御飯は必要ない程・・・汗)
今年は秋にグループで人形展をするので、テンション高し。
私は毎回展覧会の前には押せ押せで徹夜になっちゃうので、
今度こそ早目に取り掛かることを此処に誓います・・・。



1月8日(金) 新年会
今日は職場の新年会。何故か沖縄料理のお店です。
新人君が酔っ払うと面白いことを発見。
ずーっとニコニコしていて、自分が上司が大好きなことを一生懸命話していました(笑)
ああいう酔い方だと周りを幸せにしますね。ええ子や。



1月6日(水) 見る
絵を描いていた人は人形をマスターするのも早い。
何故って人の形を何度もトレースしたことがあるから。
人の形なら誰だって書いたことくらいあるでしょうーと指摘されそうですが、違うんです。
美術部に入ったりすると、最初のうちはデッサンとクロッキーをアホ程させられますが、
あれは描く訓練というよりは見る訓練だと私は思っています。
目の前にある形を認識し、分析する訓練。
普段、私たちは沢山のモノを目にしていますが、視界に入っているだけで意外とちゃんと見ていないものです。
急に「スズメを描け」と言われても、毎日見ている割にはスズメの細かい外見は覚えていないでしょう?
全く絵画経験のない人にデッサンさせると、対象が目の前にあるにも関わらず妙な絵を描いてしまうのは、
目の前のものをどんな風に捉えて観察すればいいか訓練できていない影響が大きいからだと思うのです。
逆に絵画経験の豊富な人は、一度描いた事のあるものでしたら、2度目からは見なくても描けたりします。
形をキチンと認識する作業を1度目にしているからです。
もちろん、人形だとそこから更に平面→立体変換が加わるので乗り越える壁はまだあります。
がんばりましょう〜♪



1月5日(火) 仕事はじめ
久々に会社。
エンジンがかからない〜
がんばれ私〜



1月3日(日) ORDINARILY
今年が始まってまだ3日だというのに、
朝起きたら部屋がグルグル回っていました・・・・。(どうでもいいけど右回りでした)
1年に数回ひどい眩暈の日があるのですが、何も今日じゃなくても。
両親と映画に行く約束をしていたので、そのまま出かけました。
映画は『カールじいさんの空飛ぶ家』
3Dは朝一と夜だけだったので、今回は普通の2Dバージョン。
アニメだし〜と高をくくっていたら、眩暈も忘れるほど号泣(^_^;)
なんだかツボにハマってしまって、最初から最後までダラダラ泣いてました。
親の前で恥ずかしい・・・・
ネタバレになるので内容については詳しく書けませんが、
普通に近所にいそうなお爺さんと、普通に同級生にいそうな少年の冒険だから感動を呼ぶのかも・・・。
大切なものは、物体として持っていなくてもいいんだよね。



1月2日(土) お年玉
今年もお年玉を両親に渡しました。
父は喜んでさっそく出かけ、目の前で使ってくれます。
母は袋ごとお守り代わりに持ち歩いているらしく、昨年のもそのまま鞄に入れて持っていました。
私的にはどちらかというと使ってくれた方が嬉しいけど、
でも、どちらのやり方も愛情を感じます。
もっと沢山稼いでいればもっとあげられるんだけどなぁ・・・(汗)



1月1日(金) あけましておめでとうございます
さて、昨年と同じ稲荷大社で同じ番号のおみくじを引き当て、
2年連続大吉というミラクルを成し遂げた私でございます。
← 一応中身は同じだけれど去年の大吉は神社に返して
   新しいおみくじの方を持って帰ってきました。

ちなみに両親も弟も全員大吉だったので、うちの家は今がMAXかもしれん(^_^;)

おせちの画像があまりキレイに撮れていなかったので割愛(残念)
初詣は雪降る中、御香宮神社と伏見稲荷大社に行きました。
微妙な時間(夕方4時頃)を狙っていったのに参拝するのに長い列が出来ていました。
「神社に迷惑になるよ」という家族のアドバイスも聞かず、
初詣用に赤いリボンをつけた5円玉を用意していた私。
神様っ!赤いリボンついてるのが私のお賽銭だからね〜〜〜っ!! ←大迷惑