BACK



10月31日(火) コアラ続報
今、コアラのマーチの中のお気に入りコアラを携帯で撮ってメールで送ると
コアラからお返事メールがもらえます。←ロッテのHP参照
早速昨日の〔腹刺されコアラ〕の画像を送ってみたら、
返事が来ました〜!・・・・・〔盲腸コアラ〕から。あれ?
このコアラは刺されて泣いているのではなくて、盲腸手術の後で泣いてるんですね。
(どう見ても刺されているように見えるけど・・・・)
ちなみに鼻血コアラ(そんなんもあるんかい)と一緒に食べるとラッキーな事が起こるよ♪だそうです。

今日の画像はコアラのマーチと一緒に中国土産でもらったお菓子。
そのショッキングなネーミングは『老婆餅』!!!!
なんで老婆の餅を私宛のお土産に選ぶねん!と大暴れしそうになりましたが
中国語で老婆はお母さんのような意味だそうで、
そのまま「お母さんが焼いたクッキー」という意味だそうです。ホッ


10月30日(月) お土産
職場の人が中国出張のお土産に「コアラのマーチ」をくれた。
まさに私のツボを心得たドンピシャなお土産です(笑)
「コアラのマーチ」なんだから「小熊行進」かと思いきや、
「小熊餅」と書くようです。←直訳するとそのまま「コアラのクッキー」らしい

←ちなみに衝撃だった「腹を刺されて泣くコアラ」
 こんなん子供に食べさせてええんかい?


10月29日(日) 縁とは
以前にも日記に書いたような気がするけど、
時々、もの凄く強烈に人を好きになることがあります。
恋愛感情とはまた違う気もするので「好きになる」という表現が正しいのかよく分からないけれど
とにかく相手のことが知りたくなる。何に興味を持っているのかとかどんな考え方をするのかとか
その人のベクトルがどうなっているのか凄く気になるんです。
それから大抵は私自身と何か共有部分を持っている人であることが多く、
そのベクトルのどれかによって、その後は人生において大切な知人になることも多いです。
相手の性別や年齢はその都度バラバラです。

ところが今回は違う様子。
春に出会った人で、数回言葉を交わしただけの人なのにとても気になる人がいて
「あ、私、この人のこと凄く好きだ」と直感したのですが
4月以降もう半年もまともに会っていませんし、名前すらハッキリ知らないのでキッカケどころかこのまま一生会わないかも・・・。
半年も会っていなくても、私は相変わらずその人のことが気になっており
ここまで猛烈に会いたいと思っているんだから神様会わせてよと神頼みにまで走りましたが効果なし。
逆に今まで気になった人達と当たり前のように近付いて来れたことの方が奇跡なのかしら。
それとも今回の私の直感は勘違いなの?
もしも今後その人と何かあったら日記に書きますが、多分このままフェードアウトしそうな感じです。
おっかしーなー・・・



10月28日(土) 長い話・短い1日
チャングムを見ていたら、日記を書くのが遅くなってしまった。
そもそも私はチャングム(韓国ドラマ『宮廷女官〜チャングムの誓い』)を見るつもりは全くなかったのに。
このドラマは全54話もあって、長いと分かっている話に手を出すのはもの凄く勇気のいることだ。
そんなわけでチャングムとグイン・サーガ(栗本薫の小説。100巻を超えるらしい)には絶対手を出すまいと思っていたのですが
実家に帰郷した時に母が見ていたのをチラッと見てしまったのが妙に面白くて、そのまま土曜日の夜を楽しみにするまでになってしまったのだ!
それでも私がドラマを見出したのは話もかなり後半に入ってからなので、後4話で放映は終わります。ホッ(←?)

ちょっと風邪気味だったので(目が治ったと思ったら次から次へと・・・・)昨夜、総合感冒薬を飲んで寝たら爆睡。
起きたら午後2時でした。ええ〜??
でも、起きなくっちゃな〜と思いながら布団の中でうつらうつらするのは最高にシアワセ・・・・
やっと起き上がって朝ご飯(いや、昼ご飯ですらない)を食べたらもう夕方。
1日が短すぎる・・・・。



10月26日(木) 暗いのもたまには
実は数日前からお風呂場の電球が切れている。
なんだかんだで全く買い物に行く機会がなくって、ずーっと暗いままお風呂に入っていました。
(ローソクという手も考えましたが以前にススで天井を黒くしてしまった経験があるのでやめました)
洗えているのか洗えていないのかイマイチ見えない事自体は大変問題ですが
暗い中で湯船に浸かるのは悪くありません。むしろ良い。夜に浮遊している感じで。
日々続けていると、段々暗いお風呂に慣れてきて「もう暗いままでもいいかな・・・・」とちょっと思ったりもしましたが
やはり本来の目的(身体を洗う)を行うには不便なので今日ついに電球を買ってきてしまいました。
今夜は普通のお風呂。ふーんつまんない。



10月25日(水) 運命の偶然
ユングが言ってた「シンクロニシティ」って運命的な偶然の事だって記憶してたんだけど、合ってます?
運命的な偶然っていうか必然的な偶然っていうか。
沢山の偶然が重なってもの凄い確率で出会っちゃうとか、そういうの。
多分、気付くか気付かないか、その偶然をどう捕らえてどう活かしていくかは本人次第だと思うんです。
すでに出会った人も、これから出会う人も、大切にしたい。



10月24日(火) まみれてる
今夜は人形制作の中では一番嫌いな「発砲スチロール芯をかき出す作業」
芯を作る時はスチロールカッターがあるから大丈夫なんだけど、中からかき出す時はどうしてもスチロールまみれになるから。
静電気で細かいスチロールの屑が其処此処にくっつくし、夜中だから掃除機かけられないし。
地味〜にガムテープでペタペタ取りながらやってましたが結構飛び散っていたので
明日の私はどこかにスチロールの屑をつけての通勤となるでしょう・・・・。



10月23日(月) 黄色
TVをつけたら美輪明宏さんが出ていた。
髪を黄色に染めているのは風水的にお金を呼びこむ為らしい。
なるほど〜、全く黄色を身に着けない私がビンボーなわけだ。



10月22日(日) 花を愛でる
京都では10/1〜12/25まで着物パスポートイベントというのをやっていて、
「京都きものパスポート」というのを持っていると、色々な施設が割引になったり無料になったりします。
今回は八坂さんのすぐ横にある「京都祇園らんぷ美術館」と京都府立植物園に行ってきました。
らんぷ美術館はあまりにもひっそりと建っているので、とても分かりやすい場所にあるのに今まで気付きもしなかった不思議スポット。
ビルの2階と3階にこれでもかとランプが陳列されていますが、ひとつひとつの説明はないので
「これが好き」「これは嫌」「家に置くならこれ」という程度の感想に終始しました(^_^;)
丁度、京都府立植物園でバラ展が始まっていたので北山にも足を伸ばしました。
まだまだ暑いからまだ咲いていないかな・・・と思っていたのですが薔薇園は満開!色とりどりの薔薇がとてもキレイ。
それから意外に見ごたえあったのが大きな温室。色んなエリアに分かれていて結構広く、
かなり高い湿度に保たれているので中の蒸し蒸し感は相当なもので、外へ出た時の開放感と言ったら!(笑)
植物園でこれだけ楽しめるとは思わなかったわ。
今の時期は遠足で写生会に来ている学生も多く、彼らの絵の批評を勝手にしながら歩くのも面白かったです。
アッシュエルというブランドの
プレタ着物。
実は私にはサイズが大きすぎて
着付けが大変だった。
八坂神社の前にあるローソン。
景観にマッチするように
青色が濃い目になってます。
青い朝顔のアーチ。見事。 まだ暑いのに薔薇がキレイに咲いていました。


10月21日(土) バーベキュー!
今日は職場の皆とバーベキューに行きました。
9/13の日記に書いていた計画をやっと実行したわけです。
朝起きたら空は抜けるように青くてとっても良い天気!やった!
最寄の駅で待ち合わせして場所取り&火起こし班と買い物班に分かれてGO(私は買い物班)
私が買い物カゴになんとなくお肉を放り込んでは「こんなもんかな〜、ちょっと足りないかな〜」とやっていると
一緒に買い物班になった人がお肉のラベルを見てばーっと計算して「2.5kg位だからまだまだ足りない」と言う。
うーん、やっぱり理系の人間は合理的。(←会社のジャンル上、ほぼ全員理系)
いつも思うんですけど、自然の中でキャンプとかバーベキューとかするとどうして皆仲良くなっちゃうんでしょうね?
今日もメンバー的には初対面同士(ご家族連れが多かったので奥さん同士は初めて会うとか息子さんとは始めて会うとか)が多いのに
割と最初から和やかムードで凄く居心地良かった。
お肉も美味しかったし木登りやフリスビーも楽しかったし、良い1日でした〜!



10月20日(金) 腹を割る
腹筋が6つに割れてるとかそういう話ではありません。
今作ってる人形なんですが、どうみても頭がデカい。髪を付けたらもっと大きくなっちゃうよね。
ということで肩幅とか腰とか横へ横へと粘土を足してみたのですが、
そうするとやっぱりどうみても胴体の長さも足りない。
・・・・仕方がない。ウエストをノコギリで切って一度ボディを2つに分け、胴を足しました。
なんだかなー。
ずーーっと後悔し続けているけど、無計画に(設計図を描かずに)作るとこういう余計な作業がいっぱい入って無駄が多すぎる。
最初に手を抜いた為に何倍も時間がかかってしまう。
結局は手を抜かずに一つ一つちゃんとやってく事が一番近道なんだよね。



10月18日(水) つれづれ
*眼科に行ってきました。2日に書いた眼医者さんです。
前回あんまり強い調子で怒られたのでトラウマになっており、行くのが怖くて怖くて
行く途中で動悸が激しくなる始末・・・。(でも行かないと治らないし・・・。でも治ってないからきっとまた怒られる)
多分私が泣きそうな顔をしていたせいでしょうか、なんだか今日の先生はやけに優しくて
「目薬を代えてみましょうか?目薬点すの面倒だろうけどねぇ、ちゃんと1日3回ね」と至って普通の対応をされました。
ほっ・・・・・
ちなみに今日も私以外の患者さんはいませんでした。

*診察の時に目に蛍光色の液体を点して、顕微鏡みたいなので目を見るんですが
(黒目の傷の所だけ蛍光に光る仕組み)
その後、蛍光色の鼻水が鼻から出ました。(汚い話でごめんなさい・・・汗)
目と鼻はつながっているんだなぁ・・・とあらためて実感しました。

*(上記の結膜炎とは比較にならない話ですが)
3/11の日記に書いた方が無事に退院されました。長い戦いでした。
送られてきた快気祝いの熨斗の文字をみたら、本当に良かった・・・・と嬉しくなりました。
(その熨斗は今も机の上にあります)

*なんだか色んな事が起こる毎日ですが、ちょっとずつでも人形作ってます。
12月20日から展覧会があるから12月19日までに仕上げればよい、というわけでもなく
11月上旬のDMの写真撮影までにある程度まで仕上げておかなければなりません。
できるのかすこぶる不安。でも、やる。



10月17日(火) 見えねぇー!
わわわ、怖かった!
やっぱり目が完治するまではコンタクトレンズはつけないでおこうと思って裸眼で会社に行ってみたんです。
広い道路の向こう側の信号がハッキリ見えない、駅の階段は勘で乗り切る、鍵は鍵穴に入らないし切符は自動改札機に入らないし!
こんなに不自由だとは思わなかった・・・・。
職場についてもパソコンの文字が読めず(モニターに近付けば読めるけど)、あんまり不便なので
途中から左目だけレンズを入れましたが今度は遠近感がムチャクチャで酔いそう。
(レンズを入れた左目は1.5、入れてない右目は0.1以下)
はやく治って・・・・・。



10月16日(月) ジレンマ
実はなかなか結膜炎が完治しない。
2日と3日はコンタクトレンズをつけずにいたものの、仕事があるのでその後はつけない訳にはいかず
治ってきたかなーと思うと軽く充血・・・を繰り返している。
病院でもらった目薬はちゃんと点しているので、やっぱり原因は無理矢理コンタクトをつけていることなのかなぁ・・・。
現在は
「コンタクトレンズをつけたくないので眼鏡を作りに行きたい」
→「でも眼鏡を作る為には目を完治させてからじゃないと」→「でも目が完治しないから眼鏡が欲しいわけで」
→「眼鏡がないならコンタクトレンズはめるしか」→「でもそれが完治が遅れてる原因でしょ」
→「じゃあやっぱり眼鏡が必要・・・」
という妙なループにハマっています(-_-;)
スパッと治す為には1週間くらい裸眼でいた方がよいのでしょうけれど、
私、裸眼は視力0.1以下なので外に出るのが怖いんです・・・。



10月15日(日) 新しい色を纏ってみる
「食わず嫌い」ならぬ「着ず嫌い」とでも言うのだろうか?
私には絶対着ない色というのがある。黄色とかオレンジ。黄緑もかな?
服の殆どは黒か白だ。夏はそこに淡いピンクや紫やブルーが入り、冬は焦げ茶やボルドーが仲間入りする。
ずっと黄色やオレンジは私の肌の色に合わないと思っていた。
ところが最近着物を着だしてからというもの、知人から着物を譲っていただく機会もあったりして
自分には未知な色を着る事が増えたんです。
この間、オレンジの入ったローズ色の着物をいただきまして(見た瞬間に「こんな色着たことない」ってちょっと戸惑った)
エイヤっと勇気を出して着てみたら、なんと顔映りのよい色! しかもなかなか似合ってるし!
なんだ、私、こんな色が似合うんだ・・・・と新しい発見をしたのでした。



10月14日(土) らぼ日
今日はDollらぼで12月の人形展の打ち合わせ等。
今回は参加人数が少ないので一人頭のスペースが広い。
搬入搬出の関係で私は大きい人形1体(間に合えばなんだけど)だけのつもりだったけど甘いかも。
ええ、どうするよ?ピンチ〜!
そういえば以前にとある方にいただいた書道作品の文面は「基本的にピンチ」だった事を急に思い出しました(笑)

今夜の作業は重くなりすぎた人形の頭を割って中を削る作業。
今回は頭がいい感じに大きいこともあり、ビジュルアル的に大変怖いです。
ボディもノコギリで切断して内側を削る作業をしないといけないのですが
作業中の姿は決して見ないでください・・・・。



10月13日(金) 
心の中の言葉が 相手に伝わらない時は
声に出すべきだと 神様が言っているのだと思う



10月11日(水) 詳細が決まったら正式にお知らせ致します
12月に梅田でやるグループ展ですが、おそらく12/20〜25あたりになりそうです。
おお、クリスマスど真ん中ではないですかっ!
今作ってる大きな人形間に合ったら出したいんだけど・・・(でもまだ粘土で包んでる段階)
出来る限りのことはやってみよう(>_<)qファイト〜!
良いクリスマスが迎えられるといいなぁ・・・。



10月10日(火) 良月
某地方紙の毎月の占いは、驚くほど辛口で大好きだ。
占いとは思えないほど希望を打ち砕く言葉の数々と容赦ない×の連打(一応◎○△×とランクがあるけど、めったに◎は出ない)
「どんなに頑張って進んでも、あなたの行く方向は間違っている」「努力は報われない月」
「失敗が多く、後悔の連続」e.t.c.
ところがっ、今月はちょっと小マシなことが書いてあったんです。
「5月生まれ・・・協力者が現れ、難問も解決。常に努力は怠らず」
いやー、この占い師さんにしてみれば今までにない良い内容ですよ(笑)
今月は間違いなく良い月だね♪

あっ、父上&母上、結婚40周年おめでとうございます!



10月9日(月) Red Riding Hood
今日は大丸梅田店に『「赤ずきん」と名作絵本の原画たち展』を見に行ってきました。
以前に行った「チェコ絵本とアニメーションの世界展」で極悪な赤頭巾ちゃんのイラストを書いている作家さんがいて
とても印象的だったので(その割には作家名を覚えていないけど)、その絵がないかなーと期待していたのですが
残念ながら、その作家さんはなし。
今回の展覧会は赤ずきんコレクターのヴァルトマン夫妻のコレクションからの抜粋だそうですが
素敵だったのはイラストレーターのビネッテ・シュレーダーがヴァルトマン夫妻に宛てた数々の手紙達。
赤ずきん好きの夫妻の為に、封筒に色とりどりに描かれた赤ずきんや狼。
見てるだけでワクワクするような手紙って凄くない?もらってみたい!
あ、でもビネッテ・シュレーダーは今回の展覧会で随分印象が変わりました。
「かえるの王子さま」とかの絵本の挿絵を見る限り、繊細で透明感のある絵を描く方だと思っていましたが
今回の展覧会の中には赤ずきんのお祖母さんのストリップシーンとか、狼をピストルで撃つ赤ずきんちゃんの絵とか結構ブラック。
それでトドメはヴァルトマン夫妻への手紙ですから、
沢山の作家さんの絵を見たにも関わらず、完全に私の中で今日は「ビネッテ・シュレーダー・デー」でした(笑)



Ora2エッセンスイン

10月8日(日) どうでしょう
3連休の中日は粘土に塗れて終わりました・・・。
あれだけ粘土買ってきたのに残りは後4つ。
生活費における材料費比率はエンゲル係数的なネーミングはないんだろうか?

ところで新しい歯磨きセットを買ったのですが
色合いを考えなさい、サンスターよ。
紫の歯ブラシに青色の歯磨き粉(白いツブツブ入り)という組み合わせは
歯を磨く気が急激に失せる・・・・・。


10月7日(土) つれづれ

*考えたら辛いことを先延ばしにしたところで逃れらはしない
 いつかは直面しなくてはいけないし、先延ばしたせいで余計に辛くなったりもする
 先延ばしにしていれば消滅する問題というのはめったにないので
 辛くても早く考え悩んだ方がいい

*北海道物産展をやっていたので「ミントキャラメル」がないかと行ってみたけどなかった。
 代わりに「クリオネ・キャラメル」という摩訶不思議なネーミングのキャラメルを購入してみたけど
 普通のクリームキャラメルでした。(何を期待していたのか?)

*ラ・ドールを十数個まとめて買ったら、帰り道は肩がはずれそうに重かった・・・・。
 今度から通販でまとめて買うことにする。

*オータムジャンボ宝くじ買いました。
 年に数回、取らぬ狸の皮算用シーズン到来です。



10月5日(木) ちょっと嬉しい
夕方、郵便物をポストに出しに行ったら
少し先でもう郵便局員さんがポストから集荷袋を車に積み込むところだった。
「間に合わなかったか・・・・」と思っていると(←すぐ諦める)、
その郵便局員さんが手に持っている封筒を見つけたらしく、「いいですよ」と集荷袋に入れてくれたのでした。
小さなことだけど一度諦めたことが叶うと嬉しい♪



10月4日(水) 奴の後ろには立つな
職場の某氏が「ゴルゴ13」を最近全巻揃えたらしい。
なんでもゴルゴに憧れているらしいのだ。
「・・・・スナイパーにでもなりたいわけ??」と尋ねてみると
「ゴルゴくらいキッチリ仕事のできる男になりたいんです」とのこと。(だよね)
そんなゴルゴくんは今日、ホッチキスの針がなくなって「弾切れ!」と叫んでいました・・・。

ちなみにホッチキスの針のこと、「タマ」とか「ハリ」とか「シン」とか色々な言い方するけど
一応商品名は「針」だから「シン」か「ハリ」なんじゃないの!?



10月3日(火) デカすぎ・・・
何がって足が。
今作ってる人形の足なんですが、片足粘土で包むのにラ・ドール4個・・・・。
両足で8個?包むだけで造形何もしてないのに?
どんなに粘土を買いに行っても足りません。
今まで作った中で一番大きいです。人生最大。体力使うわ〜
いつか本当に出来上がるんだろうか???



10月2日(月) 眼科
うちの近所にある眼科はちょっと不思議ゾーンだ。
お爺はんの眼科医が一人いて、受付と看護婦さんはお婆はんだ。
今まで2回ほど行ったことがあるのだけど、私以外の患者さんを見たことがない。
朝イチ、夕方6時・・・とそれぞれ行った時間はバラバラなのに、そのいずれの時間も私の他に誰一人患者さんはいなかった。
もしかして、めったに患者さん来ないの・・・・・?
今朝目覚めると右目が充血していて、夕方になっても治らなかったので、会社帰りに寄ったのだけれど
今日も患者は誰もおらず。なんかこう「今日初めてのお客」的な雰囲気すら漂いました(^_^;)
待たなくってもいい病院って最高だけど、3度目にして私一人となるとちょっと不安もよぎりますわね。
「昨年の今頃も同じような症状で来たな?」と何故かお爺はんは怒りモードでの診察で、
「丁度丸一年で偶然ですね?」と愛想笑いしてみたけど無駄。
1年前同様、なにか異物が目に入って眼球が傷ついてしまったらしく、2〜3日コンタクトレンズは禁止命令がでました。
ああ、眼鏡を作っておくべきだった・・・。



10月1日(日) ラウンド
大学生の時4年間、ゴルフのキャディーのバイトをしていました。
土日だけでしたが、もの凄く時給が良かったのと運動不足な私が唯一無理矢理動く場所ってことで4年間続けました。
ゴルフというのは不思議なスポーツです。
あれはボールを打つ技術以外に精神力なんかが大変必要らしいのです。
他のスポーツよりも心の動揺とかがハッキリ結果に出るような気もします。
そのせいでしょうか、1ラウンド(18ホール)一緒にまわると、結構その人となりが出るのです。
スタート時点では良い人そうに見えても、途中からスコアが悪くて子供っぽくキャディーに当り散らしたりする人もいますし
怖そうで無愛想な人だけど、他の人(大抵4人一組でまわります)やキャディーに細やかに気を使う人もいます。
キャディーのバイト仲間ではよく「結婚したい相手が出来たら、一緒に1ラウンドまわってみればいい。その人の本当の姿が見れる」と言っていました。
これから万が一仮に結婚したい相手が出てきたとして、私自身はゴルフをしませんので、
一緒にまわるとなると私がキャディーになるってことなんですかねー(^_^;)ええ?