Diary

BACK



6月30日(土) 〜ダラダラ〜土曜日
久々に予定の無い休日。 なんと14時間も寝た。
人形展のお礼状用のポストカードを作るのに写真がいるのを思い出し、仕方なく起きた。
陽が出ているうちに撮らないとキレイに撮れない。
この間eiichiさんに一眼レフの正しい使い方を学んだので、フラッシュをたかずに写真を撮るのもバッチリさ。←本当か?
しかしカメラとeiichiさんは信用できても自分の腕には不安が残り、念のため色々条件を変えて
1体の人形の写真を48枚も撮った。また写真屋の兄ちゃんに訝しがられることだろう・・・。

本当は今日は北海道に行く筈だったのだ。
またもやBOOMの稚内公演があるからなんだけど、さすがにもう体力が続かないと思って諦めた。
なんかどこかの新聞にも「商業枠から外れたBOOMのツアー」とかなんとか載ってたらしいけれど
今回のも小学生達に呼ばれて稚内まで行っちゃってるし、そういうところが好きなんだけどねー。
うおー、やっぱり今日、行けばよかったなぁ。こういう後悔が一番嫌いだ。
なるべく行ける場所には行き、会いたい人には会おう!

ずっと休日は家にいなかったので、やらなくてはいけないことが溜りに溜まっている。
ダーリンの塗りもしないといけないし、服も作らなきゃ。
読みたい本、いきたい場所、作りたい作品、整理したい資料、引越したい部屋、書きたい手紙・・・
課題はてんこもりだが、とりあえずは洗濯から・・・・・。



6月29日(金) よろしく
私の作品を見てくれた方々が、色々な感想を述べてくれるのだが
たとえば一つの作品を前にしても、感じ方が驚くほど人それぞれだ。
人形を見る人は、その作品で私が何を表現したいのかを探ろうとするが
実はその人自身の中から導き出された答えだったりするので
私が意図したもの以外の感想をもらうこともしばしばあり、それが結構面白い。
展覧会などで、人の感想を聞くのはとても興味深い。
(しかもできれば私が作者だとバレてない状況で聞くとなお面白い)
ですので皆様、人形展に訪れた際には、ちょびっと感想を述べてもらうか、記帳ノートに感想書いてね(^-^)



6月28日(木) ボーダーライン
良くないことだと分かっているのだが
私はすぐ人を「好き」か「好きでない」か線引きしてしまう。
そして一度分けてしまうと「好き」と「好きでない」の間での移動はない。
「好きでない」グループに入った人は永遠に「好き」グループに入ることはなく
これは関係の可能性を著しく阻む行為だと自覚はあるのだが、
長年の経験上この無意識のグループ分けがまんざら間違っていないことが多いので、
変なところで自信をつけてしまったりしている。
ちなみに自分自身は「好き」グループに入っている。なんて勝手な奴だ!



6月27日(水) 続いて新大阪ネタ
新大阪止まりの列車は魅力的だ。
「この列車はどちらへも参りません。ご乗車にならないようお願いします」というアナウンスとともに
ホームへ入り、誰も乗せずにどこかへ(車庫だな)発車していく。
「どこへも行かない」列車に一度乗ってみたいと思っている人は私だけではないハズ・・・。



6月26日(火) 気持ちの元
昨日会社を休んだので、さぞや仕事が溜まっているだろうと恐る恐る出社してみると・・・あれ?
キャー!皆が(ちょっとずつだけど)私の仕事を片付けてくれている!
朝から感激して頭を下げまくってしまった。人への感謝で午前中はクラクラしてました。

新大阪駅に入っている某大型書店のショーウインドウに飾ってある絵本は毎日変わる。
いつのまにかその前を通る時は必ず絵本の題名を心の中で一通り読むのが日課になっている。
子供の頃、一番好きだった絵本は「ロボット・カミィ」というダンボールで出来た我侭なロボットの話だった。
(しかも私はその絵本を持っていない。どこで読んだんだっけ?)
今もあるんだろうか?今度探しに行こう。

*らぼ展ACTYosakaに出した作品をgalleryに追加しました。



6月25日(月) 西条市は水の街。水道代はタダらしいよ。
Nさんが愛媛に行ってしまって早2年半。
ずっと会いたいと思っていたのだけれど、愛媛に行く「用事」や「ついで」など無く、
メール交換はしていたものの、時間は過ぎていきました。
そろそろNさんに会いたくなった私は、無理矢理愛媛に行く理由を作ることにしました。
そう、BOOMが丁度ツアーで愛媛にも行くのです。迷わず2名分のチケットを先行予約したのが4月。
Nさんは忙しい中快く会うことを承諾してくれて、事前にBOOMのCDまで買って予習(?)してくれたそうです。
実は私、四国へ行ったのは今回が始めてでした。
愛媛県西条市は緑が多くて懐かしい感じのする場所でした。
どうも大阪感覚でホテルも列車も予約していったけど、そんなの必要無かった。あんまり人がいなかったし``r(^^;)
車掌さんもすごく親切だったのよー。わざわざ「次が伊予西条駅ですよ」って教えにきてくれたり
ホームでちょっと迷ってたら飛んできて助けてくれたし。
ライブも小さいホールで(きっと大阪でのライブの1/3位の人数でしょうか?)暖かい雰囲気でした。
Nさんも楽しんでくれたみたいで嬉しかったよ。もっともっと話したかった。
また、何かムリヤリ理由をつけて会いに行きますね。

今ね、ライブでやった曲順のテープを作ってます。これでNさんがCD買わなくて済むし
このテープを聞けば、私と行ったライブを思い出してくれるでしょう?
早目におくりまーす(*^_^*)/

で、本日2時頃帰って来て、グループ展の搬出へ。
芳名録をまだちゃんと見ていないのですが、沢山の方が来てくれたようです。
日曜日に立番できなくてごめんね。会えなかった皆様にはその内お手紙を書こうと思います。
これも早目に送ります、はい。



6月23日(土) 多謝
今日は1日グループ展の立番(なんだかんだとあんまり会場になかったが・・・)。
雨の中来てくださった沢山の方々、どうもありがとうございます。m(__)m
千葉からかけつけてくださった方もいて、感謝感激で涙涙・・・
その後難波へ行って、その方達と「コテコテ大阪ツアー」と称して食いだおれ人形と写真を撮ったり
大ダコのたこ焼食べたり、大阪フレームのプリコラ撮ったりしました。楽しかった〜♪
大阪に住み始めて随分経ちますが、あんまり南の方で遊ばないので結構新鮮でした。
ホントに今日は色々な皆様、心から どうも ありがとう。

帰ってきて、机の上のチケットを見て、ニンマリ。
そうだった。明日は愛媛へ旅行です。ずっと会いたかった人に会いに行きます。
というわけで、またまた明日の日記はお休みします。次は月曜の夜にお会いしましょう。



6月22日(金) 仕事ネタ厳禁
会社の人が見ていない、という前提でこの日記書いているけれど
インターネットなんて誰が見ているのか分からないんだし、
本当はあんまり具体的に会社の事を書いちゃ駄目なのかもなーと気付いた(今ごろ)。
というのも本日、現在来てもらっている派遣さんへ解雇通知をしたのだけれど
上司に「彼女のことはギリギリまで皆には伏せておこう」と言われたのよね。
伏せるも何も・・・(^_^;)まさかネットの日記で私がこんなにぶちまけているとは思ってないだろうなぁ・・・。
職場の人は見ていないと思うけれど、ここを見ている人の中には私がどこに勤めているのか知ってる人も多数いるし
あんまり職場のことを詳しく書くのは止めなくては・・・と反省しました。→もう遅いけど



6月21日(木) 魅力
日々の生活の沢山の出会いの中で、時々強力に「この人と仲良くなりたい」と感じる人がいる。
仲良くなりたい・・・というのは幼稚な表現かしら?
知り合いになりたい・・・よりも、もう少し強い気持ち。
私を引き寄せる何か(それが何かというのはハッキリとは分からない場合が多いのだけれど)
魅力を持った人を見つけるのが、私はとても上手い(と、自分で思う)。
もちろん相手も同じ興味を私に持ってくれるとは限らないのだけれど、
大抵の場合は、大切な友達になれる。
お互いがお互いの宝になれるような関係を作ることが、私の目標なのです。

「bonの川柳」のページ更新



6月20日(水) 
頭の良い人は人にものを説明するのが上手い、と今日シミジミ思った。
というのも今日私のメインPCがおかしくなって、名古屋にいるシステムの人と電話でやりとりしながら直したのですが
それがねー、いつも感心するのだけど、この方本当に指示が上手いというか、素人(私)にも分かりやすく説明してくれるのです。
私はほとんど言われるままにプログラムを入れてくだけなんですが、
ちゃんと今やっていることがどういう事を意味しているのか、
これからどうしようとしているのかを説明しながら進めてくれるので、
こっちもただ遠隔操作されるだけじゃなくて、今度同じ事があったら自分で考えることができるようになる。
私の知識レベルを理解した上で説明してくれているので、指示が分からないということもない。
以前、某メーカーの担当者と話した時は、専門用語大連発で「どうだ、俺は詳しいんだぞ!凄いんだぞー!」って感じで
すっごい感じ悪かった。そういう奴に限って結局大した事はしてくれなかったし。
教訓:物事を分かりやすく説明できる人は頭が良い。
    そしてホントに賢い人はそれを誇示したりしない。なぜって賢いからさ。



6月19日(火) 搬入
明日から始まるグループ展の搬入に行ってきました。
といっても午前中は仕事の嵐で、搬入集合時間にまだ会社にいる有り様でしたが・・・(つまり遅刻したのだった)。
今回は1体だけなので搬入自体は楽でした。
19名の人間と、19体の作品。 教室展と違って、19作品の個性がバラバラなのが面白いです。
沢山人の作品を見ると、なんだか無性に人形製作がしたくなって、
部屋に帰ったら鬼のようにダーリンの塗料剥がしをして、磨きをやり直しました。
また、色んな人からPOWERをもらってしまったわ。



6月18日(月) Nさんへ

 ガラスより壊れやすいものがあるとすれば それは愛だ
 鋼よりも打たれ強いものがあるとすれば それも愛だ

 「ホメラレモセズ クニモサレヌモノ」になりたいと賢治は言った
 僕は誉められるために人を蹴落として生きてた
 辿り着いたのは銀河系の果て 誉めてくれる人なんてそこには誰一人いなかった

 ブッタはこう言った「生物の価値に優劣はない」と
 「自分の力だけで生きてると思い上がるな」と
 『自由』と『孤独』は違う言葉 だけど そこに立っている気分は同じなのかもしれない

 もし後1年の命だと言われたら がむしゃらに生きるだろう?
 そんな気持ちで生きてみるべきだと手塚は言う
 無駄な日なんて一日もない 
 よぉボウズ!お前にはやり残したことが山ほどあるだろう?

 ジョンは言った「夢想しろ」と 国家も宗教もないんだと
 そうすれば殺し合う名目は消えてしまうと
 そんなの子供だましだって? 人はみな大人になろうと賢明に努力している子供だろう?

 いつもと違う場所で 心で
   いつもと違う君に 会える

 君が僕と結ばれているように 君は誰かと結ばれている
 巡り巡ってその誰かと結ばれ 僕は生かされている
 ミツバチが仲間を呼んでいる そんな昼下がりの並木道で
 僕のこの小さな命が ほんの少しだけ地球を回していることに気付き
 昨日までとは違う気持ちで 君の家へと急いだ

 ガラスより壊れやすいものがあるとすれば それは愛だ
 鋼よりも打たれ強いものがあるとすれば それも愛だ
 憎しみよりも強い感情があるとしたら それは愛だ
 裏切りよりも醜い行為があるとしたら それも愛だ
 それが愛だ

    『いつもと違う場所で』 宮沢和史



6月17日(日) POWER!
大阪に戻ってきました。
どうも平日休みが全くとれないので、単発で日帰りとか2日だけとかのスケジュールで走り回ってますねー。
長期でヨーロッパの城廻り(南の島でバカンスでないところが私)とかしたいわー。

ところで昨日どこへ行っていたかというと、奈良文化会館国際ホール。
母上とBOOMのライブに行っていたのでした(またか、と言わないように)。
私は作品にハマっても、あまり人にハマることがないもので
母も私がどんな人物にハマっているのか興味があったようです。
今回のライブは宮沢さんがいつにも増して楽しそうで、そうすると観客も楽しくて・・・という相乗効果で
それはそれは楽しいものになりました。もう、最近の嫌なこと、全部吹っ飛びました。
見えない力をもらった感じ。

なんだろうなー。
なんかこうPOWERのある人の近くに行くと、自分も頑張ろうと思えるよね。
自分もそう思われる人になりたい・・・・うん。



6月15日(金) 色々
*小泉首相からメールが来た。
 というのは大ウソだが「小泉内閣メルマガ」の創刊号がきました。
 内容は私が語るまでもなくメディアで連日報道されているので、もしかしてメルマガ登録しなくっても
 毎回内容が分かるんじゃないかと思う位だ。
 ちなみに「らいおんはーと」というと、私の場合、思い出すのはSMAPじゃなくてケイト・ブッシュなんだけどね。

*どうも30歳をちょい過ぎ、というのは色々人生を見詰め直す時期なのかもしれない。
 同年代の友人がここのところ次々と会社を辞めている。その数はビックリする位多い。
 
*何人かの方に聞かれたのですが、いそべまりこさんの「薔薇王」を落札したharuさんは私ではありませんの。
 よくある名前なので、すみませんねー。

*土日は実家に帰ります。ので、明日の日記はお休みします。



6月14日(木) ドロドロ悩みは尽きぬ
仕事を教えても覚えないということに気がついてからも、しばらくは根気強く何度も同じ事を教えていたのだけれど
今は派遣さんのために時間をさく事を止めてしまった。
派遣さんの仕事も自分でやっているようなものなので、とにかく私には時間がない。なので気持ち的な余裕も失ってる。
こうなってくると最終的には自分との戦いになる。
派遣さんがバカバカしいミスをすると、私は口には出さないものの、心の中で「ちょっともういいかげんにしてくれよ」と思う。
口にしないだけで、心の中ですごい罵りの言葉を繰り広げている事もある。
そういう声に出さなかった言葉は気持ちに残って重たくなっていく。
気持ちの中に日々罵詈雑言がたまっていくのを感じながら相手に仕事を教えるのはあまりにツラくて
解雇が決まった時点で精神的に関わることを止めてしまった、というのが正直なところです。
嫌な相手と付き合うということは、自分の中のそういうドロドロした部分とも向き合わないといけないことであり
それが一番しんどいのかもしれない。頑張ったけど駄目だった。今回は負けた。
派遣さん自身は簡単な仕事(ミスしてもあまり影響のない仕事・・・パンフレットの振り分けとか訂正シール貼りとか)だけになって
どうも「ラッキー♪」と思っているようですが・・・。



6月13日(水) ダーリン、ハゲるの巻
昨日らぼ展用の人形が完成したので、今夜は久々ダーリンの作業♪
と思いきや、すごくショックなことが・・・。
ダーリンももう完成していたのですが、よーくみると関節部分の塗りが剥げている・・・・。
どうも地塗りが甘かったようです。なんだろう?剥がれるって事はボンドが少なかったのかな?
この人形はトコトン納得がいくまで作りたいので、泣く泣く塗料を一度剥がして塗り直すことにしました。
80cmくらいある人形を一皮剥くのはものすごく根気のいる作業。あああああ・・・・(ToT)
(人形作るようになって、随分根気強くなった気はする)



6月12日(火) どう見えるか?
DollらぼACTY展に出品する人形できました。ホッ
イメージに合うカツラがなくて、長い金髪のカツラをザクザク切ってオカッパにしました。
というのも羽根がついてて金髪カールのロングヘア・・・ってあまりに典型な気がしたので嫌だったんです。
搬入は19日なので、まぁまぁなんとか間に合って良かった。
今回の子は見る角度で印象が随分違います。幼く見えたり、大人に見えたり、意地悪そうに見えたり、穏やかそうに見えたり。
ツライ時期に作っていたので自分では辛そうにも見えます。
どう見えるかは見る人次第・・・ということで、ぜひ人形展お越しくださいね(宣伝宣伝!)。



6月11日(月) 写真
「人形の写真は作者が撮るのが一番上手くいく」というのは本当だと思う。
作った人間ゆえに、どの角度から見たら人形がより良く見えるのか一番良く知っているから。
が、私はなるべくなら他人に撮って欲しいと思ってる。
(私が写真が下手だということも多いにあるのだが・・・それは置いておいて
他の人が人形をどんな風に見ているのか、写真を通して知ることができるから。
もしも誰に撮ってもらえるか指定できるなら、絶対藤井春日さんに撮ってもらいたいなー。
彼女の写真と始めて出会ったのは、美里が誕生日にくれた『睡眠庭園』という本でした。(2000年10月8日の日記参照)
その後偶然藤井さんの『アドニスの庭』という写真集を手に入れて、ふと藤井さんのプロフィールを見てみたら
ななななんとBOOMの宮沢和史さんの写真って藤井さんが撮ってたんだー!!という重大な事に気付き、
なんだか(勝手に)運命を感じてしまったの。
私が惚れた宮沢さんのあの写真は藤井さんのカメラを通して見た宮沢さんだった。
そんな訳で今度は藤井さんのカメラを通した私の人形をぜひ見てみたいわけです。無謀な夢だが。



6月10日(日) 仙台から
大阪へ帰ってきました。
同じ場所への2度目以降の旅は「旅行」という感じではなくなってきてすごく好き。
方向オンチ故に遠い場所に「見たことのある風景」があるっていうのは私にとっては感動なのです。
ちなみに私の旅行というのは基本的に日常生活を思いっきり連れていくので
仙台でもブラブラと散歩をし、本屋探索をし、通りすがりの古本市で重い画集を3冊も買ってしまい
(帰りの手荷物がメチャクチャ重かったのよね・・・バカ・・・)
テイクアウトのコーヒーを公園でボンヤリ飲んだりしてました。

今回の目的は Smoky Rose Forest というイベント(絵・人形・服・アクセサリー)を見に行ったのですが
毎回の事ながら人形貴族さんの企画力・演出力には頭が下がります。
会場内の配置はモチロン、小さなラベルやアクセサリーを置く台やトレーにまで細やかな配慮が感じられました。
Dollらぼの演出もお願いしたいです、マジで。

Kさん、お誕生日おめでとう!!\(≧∇≦)/



6月8日(金) がんばれ6月
今月は大忙しだ。
明日明後日は仙台へ旅行。
16〜17日は奈良・京都。20日から人形展が始まって23日は1日立番、24日〜25日は愛媛旅行、
25日の昼に大阪へ戻ってきて人形展の搬出!
仕事も確か今月は内部監査が入るし、課題は山積みだし、手間のかかる派遣さんはまだいるし。
世間では梅雨らしいけれど、ジメジメしている時間はないっ!

*というわけで、明日は日記お休みします。



6月7日(木) 安息お茶会
お茶やコーヒー関連のグッズを見ると心踊るのは何故だろう。
マグカップ 紅茶の葉 ミルクポット アイスティー用の美しいマドラー・・・・
こういうものを手に入れることで、穏やかな安息の時間も約束された気がしてしまう。
そうやってティータイムグッズは増えていくのだが、
そういえば今冬買った保温のできるステンレスマグカップ、まだ一度も使ってないし
パステルカラーの可愛いお砂糖もガラスのポットも使ってない。
ああ、使ってないもの全部使って盛大なお茶会がしたい今日このごろであります。



6月6日(水) 恐さと場所の関係
コンクリートの上にいる毛虫は
森の木にぶら下がってる毛虫より 恐い
部屋で見つけたアリは
庭でみるアリより ずっとずっと 恐い
昆虫は全部嫌いだけど
存在にそぐわない所にいる昆虫は なんであんなに恐いのか



6月4日(月) トイレに詳しい女
今日、会社のトイレが壊れた。
残業していると、もう女子は私ひとりのはずなのに、トイレから音がする。
(うちの会社が入ってるビルは1フロアに1会社なので、他に誰もいない筈)
えー、誰が使ってるんだ?気味悪い〜と思いながら見に行くと、トイレが流れっぱなしだったのでした。
水を流すノブがあまくなって水が止まらなくなったようで、
仕方なく倉庫からマイナスドライバーを持ってきて、水流調節のボルトを閉めて、管理会社に電話しました。
なんで水流調節のボルトがどこなのか知っているかというと、以前に自分のマンションでトイレの水が止まらなくなった時に
トイレ中のボルトだのパイプだのを触ったからなのでした・・・。
管理会社のオジサンに誉められたとさ。

*Dollらぼ展ACTYのDMは明朝投函します。2〜3日中には届くと思います。お待たせしました\(^-^)/



6月3日(日) ONLINE、OFFLINE
どうも最近インターネットの出会い系サイトで知り合った人に殺されたり・・・って事件が多いせいか、
「インターネットって恐い」っていうイメージを持つ人が多い(いずれもネット未経験者)。
私の意見は違う。
インターネットでなくても所謂そういう「ヤバイ人」に出会う確立はあるわけで、
後は自分が察知できるかというのが、オンラインであろうとオフラインであろうと重要なんじゃないか。
「メールだけじゃ、その人なりなんて分からないじゃないか」という方もいるかも知れないが
姿形や声に惑わされない分、素のその人が見える気がするんです。
嘘ついてたら分かるし、心にもないこと書いてたら分かる。
それとも出会い系のサイトなんかだったら、そういう冷静さを欠いてるんだろうか?
それだったら現実社会で誰かの紹介で出会った人だとか仕事先で知り合った人だとかでも一緒でしょう?
問題はインターネットかそうでないかということではない、というのが私の結論です。
どう思う?



6月2日(土) 隠れた名曲
ラジオで「あなたの隠れた名曲は?」という企画があったのですが、
私の隠れた名曲は宮沢和史さんと矢野顕子さんの『それだけでうれしい』というシングルのカップリング曲
『愛のかたまり』
なんでこんなにいい曲なのにアルバムに入れないでシングルのカップリングなんだろう?と思う。
この曲はね、歌詞だけじゃなくて曲も一緒になって完成品、という感じが強いので
歌詞の説明だけしても説明半分なんだけどね。
転がしてきた真ん丸い愛のかたまりが ずっと転がして摩耗して
皆に削られて小さくなって最後にはなくなってしまうのだけど、ありがとうありがとう 忘れない
っていう曲です。泣けます。はい。
え?知らないって? だから「隠れた」名曲なんだってば。

さっきやっと新作のヘッドが出来て、今 地塗りしています。
間に合うんだろうか(人形展は20日からなのだよ)・・・頑張ります p(>_<)q



6月1日(金) 100%
以前にレプリカドールを買って頂いた方からメールが来ました。
お人形をとても可愛がってくださっているようで、
ドレスを作ったり、髪型を変えてみたり・・・という画像を
一緒に送ってきてくださったのですが、
お人形があんまり可愛く変身していたので
どうしても日記に載せたいとお願いしてしまいました。
だってだって、私が製作した頃の画像と比べて見てください!
愛情の違いが歴然・・・。
大切にしてもらって、お人形が本当に幸せそうです。
こういう方のお家に行けて良かったね、と私も嬉しい(^-^)

そういう意味では私はあんまりお人形を大切にしてないな。
「作る」ことを目的としているので完成した時点で終わってしまう。
最初から自分のために作っていないので名前もつけないし
(作品の題名としてはつけるけど) 私が作るのは80%位までで、
後は人形を所有した方が埋めればいいと思ってる。

画像の子は「ステラ」という名前をつけてもらったようです。
たとえばそれが残りの20%な訳です。