Diary

BACK



3月31日(土) 今日は盛り沢山。
午前中はお友達と服部緑地でお花見。
まだ咲き始めでしたがとてもキレイな桜でした。(カメラ持っていくの忘れたので画像は無し)
来週また行こうと目論んでます。今度はちゃんと画像を撮ってくるぞ!
夜は突然大阪へ来られたeiichi&猫ちゃん夫婦とお食事。
お着物姿の猫ちゃんが可愛くってeiichiさんも幸せそうで、
嬉しくなった私は調子にのって話しまくって、なんと帰りは終電でした。←何時間しゃべんねん!
本日付き合ってくださった皆様、お疲れさまでした・・・。



3月30日(金) 春眠、暁を・・・・
眠る、という行為は恐ろしく心地良いが
限られた人生の時間を費やしていると思うと、もったいない過ごし方のようにも思えてくる。
私はきっと死ぬ時に「もう少し起きて過ごせば良かった・・・」とかなんとか思うかもしれんな。



3月29日(木) 今日はテンション高いかも
昨日久々にコタロウに会ったのだけど、相変わらず人生に逞しそうでこっちまで嬉しくなってしまう。
なんで彼を好きかというと、運とか偶然とかに頼らずに自分の力で幸せになっていっている感じがするから。
彼は多分これからもまっすぐに歩いていくんだろうな。私も色々ちゃんとしないと!
昨年奴は父親になったのだけど、赤ちゃん可愛かった! いつも奥様と色々話したいと思いつつ
慌ただしくお別れしてしまうので、いつかその内ゆっくり話しましょうね>奥様(^-^)

年賀状につかった人形ですが、実は着物を自分で着たことがない私は
帯をどうしていいか分からずに後ろでチョウチョ結びにして済ませていたんですが ←おい
それを知ったKさんが帯の結び方や着物の着せ方をイラスト入りで解説したものを
わざわざ送ってくれました。手書きなんだよ〜!すっごい嬉しい〜!
それを見ながら、ただ今帯と格闘中であります。ドタバタ



3月28日(水) さがさないで
会社の人についにホームページを持っていることがバレました。
URLがバレたわけではないので、まだ見つかったわけではないのですが、
「人形のページで検索して探そう」と言っていたので時間の問題でしょう。
何故会社の人に知られるのが嫌かというと、毎日職場で私が何を考えているのか知られてしまうのが
なんだか恥ずかしいんです。
ただでさえ、あまのじゃくで感情を上手く表現できない私ですから、
この文字世界で語っているほとんどの事を職場の人は知らないわけです。
会社では会社用の顔をしてますから。
だからね、恥ずかしいと思っちゃうわけです。
神様、見つかりませんように・・・。パンパンッ ←手を叩く



3月27日(火) 
最近バラエティー番組によくそっくりさん人形が出てくる。
この間も『鉄腕!DASH』でTOKIOのメンバーの人形が出てきてたし。
リーダーの城島くんの人形(身長30cmくらい)が「小リーダー」って名前でなんかカワイかった。
それから『めちゃ2いけてる!』で山本さんの小さい人形(しかも眠ってる)がちょびっとだけ出て来たけど
すごく似てたね。名前もそのまま「ちっちゃい山本さん」で。
すぐに「何でできてるんだろう?」とか「あんなに持ち歩いて壊れないか」とか「作者は誰だ?」等と
番組の本筋とは関係ないところに拘ってしまうのは作ってる側の人間の性(笑)

さっきKさんから電話があって、久々に長電話。 1時間半笑い転げてしまいました・・・。
家族だろうが彼だろうが電話が超苦手な私ですが、若干3名ほど「この人との電話は楽しい」と思える人間がいます。
Kさんはその一人(^-^) 
え?3人は少なすぎ? やっぱり。



3月26日(月) 面食い
今日は4月から配属の新人くんが部屋探しに来阪したのだけど
それがまぁ、なかなかハンサムくんだったのよっ。うふふふ
それにしても新人くんと毎年歳が離れていくのは悲しいことだわね・・・。
(気を取り直して)4月からは彼をエコヒイキしまくることに致しましょう!

そんなこんなで「haruさんってもしかして面食いですか?」と聞かれたのだが
そうです。私は面食いです。(キッパリ)
もちろん中身も重要ですが、毎日見るもんですから顔も良いに超したことはありません。
そう言い切るあたり、身の程知らずと言えましょう・・・。



3月25日(日) 小青竜湯万歳
まみさんに教えてもらった小青竜湯(しょうせいりゅうとう)という漢方薬、すごいよ〜っ!
普通の花粉症の市販薬ってすごく眠くなったり喉が渇いたり身体的ダメージが大きいのだけど
この小青竜湯は漢方薬なのに即効性があるし、眠くならないので超勧め!
色々なメーカーから出ていますが私はカネボウから出てるやつを買いました。
普通の薬よりは若干高いです。10包で1000円くらいでした。
体質によって合う合わないはあるかもしれませんが、
花粉症でお悩みの方、一度試してみてはどうですか?



3月24日(土) らぼ日
今日はDollらぼ。
来年の4月17日〜4月23日に梅田で「Dollらぼ展V」を開催します!
ということで、らぼ展についての色々を決めていかなくてはなりません。
人形ってすぐ出来ないから何事も早目に決めていかなくちゃ間に合わんのです。
それと打ち合わせしている時に地震があって怖かったよ〜。
結構長く揺れたよね。中四国が震源地とのこと。現地の皆さんは大丈夫でしょうか?

Dollらぼのメンバーの何人かはこの日記を読んでくれているようで
「日記に書いてあったあの事なんだけどね・・・」と話し掛けられるとなんだか嬉しい(^-^)
続けてると良いこともあるよね。



3月23日(金) 顔だけじゃなかった。

人形の顔と作者の顔が似てるってのはよくある話だけど、
「手」も似てるわ。 さっき気がついてゾッとした・・・。


3月22日(木) シグネチャ
シグネチャってね、メールの最後に付ける署名みたいなやつのこと。
大抵の方はハンドルネームとメールアドレスとホームページアドレスが書いてあって
***** とか--------- とか〜・〜・〜・〜 とかで囲む、というのが一般的でしょ?
この間知り合いから来たメールのシグネチャはなかなかヒットだったよ。
名前とメアドがシンプルに書いてあって、枠が文字なんだけど I got into a habit of knitting my brows......
って書いてあんの。わはは そういえば彼女、最近マヌケな上司に怒ってばかりだもんなー。
私? 私のはすんごい普通。イカしたのに変えたいわね。



3月21日(水) 素材間距離
人形を作る時、生身の人間をモデルにするよりも
ブロンズや石膏像あるいは他作家の人形をモデルにした方が作りやすい。
生身の人間→石膏像(もしくはブロンズ、粘土)の間には素材の違い故、ものすごい距離があるのだが
石膏像→粘土への変換はそれほど遠くはないからだ。
柔らかい生身から固い石膏への変換はすでに石膏像の作者が行ってくれているので
生身→粘土の遠い距離をいくよりも、石膏→粘土の距離をいく方が随分楽なのである。
最初はそれでいいと思う。石膏像の作者が生身をどういうふうに石膏に変換したか学べば良い。
しかし最終的に辿り着きたいのは生身のフォームであるから、
いずれはその遠い距離を自分で歩まなければいけないのだけれど。



3月20日(火) バランス
今回ちゃんとモデルをたてて人形(通称ダーリン)を作って見て発見したことは色々あるの。
私は宮沢さんみたいな顔立ちが好きなので、勝手にモデルにしてしまったけど
パーツをバラバラに見ていくと、結構難しいのです。
ちょっと受け口だったりとか、鼻は高くて短いとか、一重瞼で横長い目とか、眉毛が太いとか
それから眉間のシワとか瞼の傷跡とか。
でも全部揃うとちゃんとバランスが良い顔立ちになる。そのバランスが上手く操作できなくて大変なの。
だって、何も見ずに人形作ってる時は、自分が一番美しいと感じるパーツとバランスで作って来たわけですよ。
目は二重で大きくて、眉毛もしゅっとしてて、顎や鼻筋も細くて、毎回同じバランスで作れば間違いないわけです。
ところが今回は違う。目だけ見てるとなんだか鋭くて怖いけど、鼻と一緒になると違う印象だとか
そういう相互関係のバランスをちゃんと再現できなくて大変なわけです。
よく、整形手術で「目は浜崎あゆみで鼻は鈴木京香、口は松たかこ」とかってあるけど
絶対変だって! 顔って総合バランスなんだから。



3月19日(月) お買い物病
今日は3回も日記を書き直している。
日記ってつまり独り言なので、たまには誰かとの対談でも載せてみるか、などと思う。(そうなると日記じゃなくなるんだが・・・)

そうそう。そういえば11日に書いたアルファロメオの彼の同僚がフィアット・プントを買ったそうだ。
アルファロメオの話を聞いて、自分も車(それもイタ車)が欲しくなったんだって。
買い物って伝染病。
大抵何かを欲しいと思うキッカケは、誰かが先にそれを持ってるのを見ちゃったりした時だ。
友達が素敵なバックを持ってるのを見て、つい自分も新しいバッグを買っちゃったりするでしょう?
消費経済を支えてるのは、案外そういう簡単な気持ちなんだな。
かく言う私も美里が可愛いスカートはいてるのを見て、似たようなスカート買っちゃったんだけどね、この間。



3月18日(日) アプローチの仕方
同じ形を作ることを目的としていても
私がしているように粘土を盛っていって形を作っていく方法と、
彫刻のように削って形を作っていく方法がある。
プラスしていっても、マイナスしていっても、最終的に作り出す形は同じだ。
目的は一つでも、それを達成するやり方は色々あり、
どれも間違ってはいない、ということ。



3月17日(土) 季節の変わり目は要注意
私は時々、発作的に全てを捨てたくなる。仕事も知り合いも名前も全てを。
別に現状に不満があるわけでもなく、理由なんかどこにもないからやっかいだ。
(時々やたら物を捨てたがるのはその徴候かも)
だからと言って実際に蒸発したことはないよ(笑) 
全てを捨てたところで根本的解決にならないことは十分承知している。
気分転換に旅にでも出るかー。



3月16日(金) 今年は花粉が多い?
昨日の晩から花粉アレルギーが強烈に出てきてて、夜中も息が出来なくてフガフガ。
鼻をかみ続けているので鼻が赤くなっちゃって、化粧でも誤魔化せない〜。
会社に行ってもティッシュの箱を小脇に抱えたイカすOLでありました。
こんなに症状が悪化したのはすっごい久しぶりなのだけど、花粉が多いのか?私の体質の問題か?
なんかもうあんまり体調悪いと、段々腹が立ってきて「負けるもんかー!」と意地になって薬を飲まないで頑張ってしまった。



3月15日(木) ひさびさにダーリン話
実はあんまりダーリンの製作は進んでないの。
ヘッドはもう完成したのだけど、ジッと見てるとあれこれ直したくなってきて際限無い。
今は目玉を変えたい。でも髪を貼っちゃった頭を切らないといけないので思いとどまってる・・・。
髪型もね、宮沢さんがコロコロ髪型を変えるので困ってしまう。
この人形が出来上がるまでは髪型はモチロン、太ったり痩せたりもしないで欲しい(笑)

その内急に気が変わって、ホントに目玉と髪型変えちゃうかも・・・とも思うので
今の状態を記念撮影
   ↓


3月14日(水) 徒然
大きく人生を変えるには、となんとなく考える。

*ものすごく環境の違う人と結婚する。
*宝くじを当てる。大金を拾う。(グリーンジャンボは駄目だった・・・ι)
*職業を変える。
*いっそバックパッカーになり外国を放浪。地球が家、行動はグローバル。なんてな。

うーん。幸い私は独身なので(ちょっと歳くってるが)、きっと結婚して子供がいる同年代に比べたら
可能性は色々あるのだろうけど、どうにでもなりそうであんまりどうにもならない中途半端さが嫌だなぁ。



3月13日(火) タンゴダンサー
来てくれている派遣さんがアルゼンチンタンゴをしている方で(踊れる事務員なのさ)
私も一緒にやらないかと誘われている。
そういえば「歌が上手く歌えたらいいな」と思うことはあっても「ダンスが上手く踊れたらいいな」と思ったことはあんまり無いかも。
しかもアルゼンチンタンゴといったらかなり濃厚なダンス・・・。
うーん(◎_◎)タンゴを踊る自分をあまりにも想像できないのと時間がないのでお断りしちゃったけど
私より随分年上な派遣さん、あの激しいダンスを踊るとは恐れ入った。



3月12日(月) 通販カタログ
何故だか最近、通販カタログがバカバカ送られてくる。
全く身に覚えのない通販会社なのですが、カタログ見ちゃうとなんだか色々欲しくなってきて思うツボ(笑)
多分カード会社あたりが私のデータを売ってるんだろうなぁ・・・。
でもでも一人暮らしだから受け取りの関係で、カタログで申し込んだ商品は会社に送ってもらわなくっちゃならなくて
→そうすると会社の人に「haruちゃんが通販で何か買った」というのがバレバレなのがちょっと(-_-;)
ちなみにアトリエベベさんの人形材料も会社に送ってもらうので
「これが目玉〜これがカツラ〜」と皆に見せて怖がられている。

*もう直しちゃったけど、昨日の日記のアルファロメオはフランス車じゃなくてイタリア車ですって。
車知らないのバレバレだね〜。
最近200人/日くらいの方が読んでくれているので、ツッコミメールも多いわー。
みなさん、いつもありがとね(^-^)



3月11日(日) 営業
知り合いがアルファ・ロメオを買うという。
彼はすでに小型ベンツの所有者だが、その愛車は下取りに出して新しい車を購入する事にしたらしい。
ドイツ車はもう極めたので、今度はイタリア車に乗ってみたい、というのがその理由だ。
(彼は普通の製薬会社の普通の営業員で奥さんと子供もいるので、支払いはさぞや大変なんじゃないかと
私はいらぬ心配をしてしまうのだが、まぁそれは置いておいて)
もともと腕時計とか車とか服とかそういうブランド物が好きな人なのである。
彼のすごいところはそんな自分をとても把握しているところでもあって
「僕は人から見えるところにお金を使いたいんだよ」とハッキリと私に言っていた。
そして、その商品の世間の評価はモチロンのこと、歴史やデザイン、市場調査にいたるまで
その物に対する情報収集能力もすごい。
彼が語ると、本当にその商品が素晴らしいものに思えてくるから不思議だ。
その証拠に彼の周りで高級腕時計や外車にハマってしまった人が何人かいる。
彼は「自分は営業員に向いていない」とよく言うけれど、私から見れば、ものすごく有能な営業員なんですけど(笑)
私は基本的に人からどう見られるかをあまり気にしない人間なので、彼とは根本的な価値観が違うけれど
それでも彼と話してて「一生使える良い腕時計が一つ欲しい」って思っちゃったもの!



3月10日(土) 
病院へ行っていたのでDollらぼに行けなかった(;_;)
24日のらぼ会には参加します。ごめんなさい。
ところで右目の下の痙攣ですが「何もしないで様子をみる」ことになっちまいました。
別に身体に異常がなく精神安定剤もあまり効果がない、ということで
内科医にはもう術がないそうで・・・。色々投薬するのはやはり良くないので
「薬は処方せず、過剰労働しないように気を付けて様子を見ましょう」と言われました。
私をスパッと直す魔法はないものか・・・?

帰ってきてからDollらぼに行けなかった分ガンバロウと、ダーリンの手を作る。
芯の針金をハンダ付けしてて床を焦がしちゃったよ(-_-;)
一人暮らしの独身女性でハンダ持ってる人って少ないだろうな・・・・。



3月9日(金) LINK
どんな事もそうなんだろうと思うのだけど、
仕事って一見単純な入力作業なんかでも、実は他の仕事とつながっていることが多い。
人に仕事を教える時には仕事同士のリンクを考えて段取りを組む。
そして作業説明をする時に「どういう目的でこの作業をするのか」という説明もする。
にも関わらず、大抵の人は目の前の仕事を流れ作業的にこなしてしまうので、なーんにも頭に入ってない。
渡した書類を入力しても、書類自体を読んでなかったりする。その書類内容を覚えてもらうことが目的なのに。
それって作業自体に意味がなくなってきて、私にしてみれば勿体無い時間の使い方だと思うんだけどねぇ。
単純作業を単純にこなしていては、次の仕事につながらず、ずっと単純作業のままだ。
その辺がなかなか理解してもらえない。人に仕事を教えるって難しい・・・。



3月8日(木) きっと
父上から絵葉書が届く。
母上と2人で入江泰吉さんという方の写真美術館へ行ったらしい。キレイな古都の紅葉が写っている絵ハガキだった。
私の回りの人間はわりと筆まめな人が多いので、旅先からとかのハガキをもらう事がある。
旅先やお出かけ先で私の事を思い出してくれたのかな、と考えるとすごく嬉しい。
絵ハガキを買った時、文字を書いた時、切手を貼った時、ポストに投函した時、
きっと私の事を考えてくれたハズ。
でしょ?



3月7日(水) 恐怖のゴミ袋
うちの近所は野良猫が異様に多いので、夜のうちにゴミを出すと
翌朝には自分のゴミが道路にバラまかれているのを目撃する事になる。
特に私のゴミは要注意だ。
なんせ、気に入らない(人形の)腕だのごっそり抜けた(人形の)黒髪だの割れた目玉だの
もしもゴミ袋が破れて中が見えようもんなら、ゴミ収集車の人が腰を抜かしそうな内容だからなのだ。
人形作ってる人のゴミって怖い。



3月6日(火) 欠片
ちゃんとモデルをたてて作っても、どこかしら自分に似てしまう事について考え込んでいたら、
「ただ本物ソックリに作りたいんだったら、その人のライフマスクを取ればすむ事じゃないか」と
ふと、友人が言った。
何気ないその一言は、私には「あなたに似てしまうのはあなたが作っている証なのだから、いいじゃないか」
と聞こえた。私の手が作り出したものなのだから、私の欠片が入って当然だ、と。
彼女はあまり深い意味も無く発した言葉なのかも知れないが、
私には大きな一言だった。



3月5日(月) ダーリン、隆鼻手術の巻
知人が宮沢さんの昔の切り抜きを送ってくれた。なんと94年のやつ!うれし〜!
現在の見事なハマり様は去年ご本人にお会いしてからのことなので、(←ライブに行っただけ)
曲は10年位前から聞いているものの、CD以外のものって何にも持ってないんだよね。

で、写真をしげしげと眺めていたら、ダーリン(人形の方)の鼻が気になり出した。
・・・・もしかして、もっと鼻が高いんじゃない?
気が付いてしまったら、もう直すしかない。
地塗りも色塗りも毛植えも終わってしまってからの修正は初めてなんで、すごい冒険なのだけど
ゴリゴリとヤスリで塗料を剥がし、粘土で鼻を足しました。
これからもう一度鼻だけ塗りをやり直すのだけど、他の部分との境目が誤魔化せるか不安・・・。



3月4日(日) 
今日、梅花見に行こうとマンションを出たら、子供達がシャボン玉をしていた。
風が強かったので、すごい勢いで広範囲に広がっていく沢山のシャボン玉の中を歩くのは
なかなかキレイだったよ。

それからお見舞いメールをくださった方々、どうもありがとうございますm(__)m
ちょっとした痙攣だからって侮ってはいけない事も分かりましたし
色々な体験談(?)も聞けて参考になりました。

とりあえずダーリンの髪植え作業終わりました。
髪が付いて分かった事は「弟に似てる」煤i ̄□ ̄;)!!
弟に似てるってことは私にも似てるってことか。やっぱり私が入っちゃうなぁ・・・。
とりあえずボディもはやく作ろう・・・。
ヌードデッサンとか美術解剖図本を見て作ってるんだけど、うーん立体のモデルが欲しい。
私のまわりはあんまりムキムキボディの持ち主がいないからなー。
(たとえいたとしても「脱げ」とは言えないが・・・)
別にムキムキにしたい訳ではないのだけれど、普通に作るとつい女性っぽくなるので
めいっぱい男っぽい身体を作った方が賢明かと思って。



3月3日(土) お雛様
今日はお雛祭りだったから、テレビで雛人形師の特集をしていました。
といっても京人形の世界は分業制。髪を結う職人は髪結いのみ、手足を作る職人は手足のみしか作りません。
(このへんが全てを自分で作る創作人形と違うところ)
髪結師はその頭に着せられるであろう着物を想像しながら髪を結い、
手足を作る職人さんはその手が付けられるであろう御人形の表情を想像しながらそれに合う手を作るのです。
印象的だったのはご自分達の作品を「これは預かり物だから」と何度もおっしゃっていた事。
他の職人さんからの預かり物、やがて所有するであろう少女達へ届くまで自分が預かっているだけの物。
そうなんだよね。うむ。

そうそう。父上、お誕生日おめでとうございます。



3月2日(金) 一歩さがる
人形を作る前は絵を描いていました。
私はつい熱中して一個所を細々と描いてしまうので、よく「絵から離れて全体を見ながら描け」と言われました。
絵の中の一個所がどんなに上手く描けていても、全体のバランスが悪ければ生きてこない。
遠くから眺めてみると、思ってもみなかった部分がおかしい事に気が付く。
実は人形もそうです。
少し離して全体を眺めてみると、細々と拘って作っていた時は気が付かなかった発見があったりする。
顔だけ一生懸命作っている時には「太いかな?」と思ってた眉毛が、
組み立てて全体を見てみたら丁度よい感じだった・・・という具合。
本当は全てがそうなのかも。
熱中している時はまわりが見えないものですが、
一歩さがって全体を見れば、色々見えてくるのかもしれません。



3月1日(木) どうかしら
あいかわらず精神安定剤のせいで夢も見ないくらい爆睡しているのだけど
やはり痙攣は治らず。薬じゃ治らないのかなぁ。
と言ってもかなり側で見ないと分からない程度なので
激忙しい職場では私も周りもそんな事を気にしている状態ではなくって、ある意味いいのかも。
それでも自分の意志と関係なく身体が動くのってヤな感じです。
月曜日にもう一度病院に行くので、先生にちゃんと相談しようっと。

そういえば春の昇格試験の案内が来たのだけれど、今はそんな時間ないよー(;_;)
論文のテーマが変わってしまったので前回の書きかけは使えないことが分かり大ショック。
更に会社内での自分の価値に色々疑問が湧いてきているので、
果たして昇格する意味があるのかどうかも怪しくなってきてるのです。
これは語り出すと長くなるのでまた今度。