八王子まつり
(東京都八王子市)

 八王子まつりは、八幡八雲神社の下の祭礼と多賀神社の上の祭礼からなる。奉曳されるおおかたの山車は、ふんだんに彫刻がちりばめられている八王子独特の形態の山車である。1945年(昭和20年)の八王子大空襲により8台の山車が戦禍に遭い焼失した。永遠に太平の世が続き、二度と山車が戦禍にまみれる事のない様、願わずにいられない。

下 地 区

元横山町
市指定有形文化財(工芸品)
2014年撮影
本  町(浦島太郎)
市指定有形文化財(工芸品)
2014年撮影
南町(武内宿禰・応神天皇・海神)
市指定有形文化財(工芸品)
2014年撮影
後部に二層入母屋八つ棟造りの屋根を付設する新八王子堂宮型屋台。屋台全体に夥しい数の彫刻が施されている。正面鬼板・懸魚はヤマタノオロチ退治。八王子市指定有形文化財(工芸品)。
昭和6年(1931年)建造の新八王子型山車。山車全体に多数の彫刻が施されている。浦島太郎の山車人形は平成14年(2002年)製作。八王子市指定有形文化財(工芸品)。
2014年(平成26年)に完全復元された八王子型の一本柱人形山車である。1906年(明治39年)建造。円形の盛留めは後から立ち上げる方式。
後部に二層入母屋八つ棟造りの屋根を付設する新八王子堂宮型屋台。屋台全体に夥しい数の彫刻が施されている。正面鬼板・懸魚はヤマタノオロチ退治。八王子市指定有形文化財(工芸品)。 昭和6年(1931年)建造の新八王子型山車。山車全体に多数の彫刻が施されている。浦島太郎の山車人形は平成14年(2002年)製作。八王子市指定有形文化財(工芸品)。 2014年(平成26年)に完全復元された八王子型の一本柱人形山車である。1906年(明治39年)建造。円形の盛留めは後から立ち上げる方式。

上八日町(素盞鳴尊)
市指定有形文化財(人形)
2014年撮影
中  町(諫鼓鳥)
市指定有形文化財(工芸品)
2014年撮影
三崎町
市指定有形文化財(工芸品)
2010年撮影

横山町三丁目
2014年撮影
八日町一・二丁目(雄略天皇)
2014年撮影
南新町
2014年撮影


上 地 区

八幡上町
市指定有形文化財(工芸品)
2014年撮影
追分町
市指定有形文化財(工芸品)
2010年撮影
八幡町一・二丁目
市指定有形文化財(工芸品)
2014年撮影

八木町
市指定有形文化財(工芸品)
2014年撮影
元本郷町
2010年撮影
大横町
市指定有形文化財(工芸品)
1997年撮影

日吉町
市指定有形文化財(工芸品)
1997年撮影

関東山車コレクション