山口旭薬局の場合は


散剤用のおしゃべり天秤監査システムの設置

コンピュータの設置状況

分包機の奥まった所にNECの省スペースMate NX AD40(OSはWindows98です。)を設置しています。

後ろのタップに電源関係を全部まとめてコンピュータと連動にしてあります。
PCのスイッチONにすれば電子天秤・液晶のスイッチ・サーマルプリンターも連動します。閉店時もバーコードとを読み込んでPCをSHUT DOWNすれば切れるのでパートの薬剤師さんでも大丈夫です。
中古の液晶も安くなったし、中古のPCとの組み合わせで30.000円もあれば設置できますので考えてみてください。

散剤監査システムの全景

80mm幅のサーマルプリンタ




42包のウエダ分包機の奥にカラーBOXを置いてその上に中古液晶のディスプレーを設置してあります。

NECのMateNXの省スペースのディスクトップを分包機の下あたりに設置してあります。
ノートタイプのPCですと設置方法を良く考えないと調剤台を占領してしまいます。

中古のサーマルブリンターでレシート幅は80mmのものです。オートカッターですし切り忘れがないとこがとっても良いです

     

水剤監査システムはこちらから



TOPページ
にもどる。

おしゃべり天秤のお問い合わせはこちらに