ボルジャーノン


背景は自由素材の写真使用。

ちょっと失敗。
あんまりマシンガン撃ってるように見えないね(^^;)。


∀ガンダム観ましたか? あれはいいですよ。是非観ることをオススメします。DVDも出たし。
いやーガンダム観て幸せな気分になったのは初めてですよ(爆)。

と、ゆーわけで、感動の余り作ってしまった∀第二弾として、HGUC 1/144のプラモデル。
今回はボルジャーノン。

そう、ルジャーナ・ミリシャが誇る最終決戦兵器!
誰ですか、ジオンのザクに似てるなんて言ってるのは。


どうです、この精悍なお姿。


前から。 後ろから。
ヒゲと同じように股関節を広げましたので、少しがに股です。
ヒーロー体型嫌いなもので。


こんなウンコポーズも取れますよ。 おっしゃー!


撃つぞ撃つぞ撃つぞー!! え?肩の位置が左右逆だって?
そうですか?



ハンマー劇場
オラオラ〜特訓じゃ〜

やっぱハンマー好き。

ボルジャーノンにも持たせよう。
こっちの方が似合うかも。



ではさらに気を取り直して製作日誌。


うで
ザクもヒゲと同様に、普通だと肘関節は90度程度しか
曲がりません。
二重関節を組み込むために、今回はこんな部品を
使ってみました。
例によってコトブキヤのABS樹脂(?)のパーツ。

ただザクの場合、単純に仕込めないのです。
それはこういう棒状の部品が肩から上腕部にあって、
この先が直接肘に接続されるので、上腕部に関節を
仕込めないのですね。
ですので矢印のところでカットして、ポリキャップが
入るように四角に削ります。


このようにポリキャップが入るように削りました。




肩−上腕部に一つポリキャップ入れました。
固定はエポキシパテで。
簡単に書いてますが、スペースが少ないのでかなり
大変です。



このように上腕部はただの筒です。
ここも線のようにカットします。
こんな感じ。



そうすると、このようにやっと二重関節が入ります。
右が改造後。
曲がる曲がる。



手は、ヒゲと同じように、WAVEの手のパーツを使いました。
高いけど(^^;)。
今回は丸ハンド。
手首のボールジョイントはキットの物を移植しています。



ぼでー
胴体はまず、腰の前アーマーが左右一体なので、
真ん中で切り離して独立に稼働するようにしました。
切り離しました。



もともとのアーマーを抑える部品が使えなくなったの
で、固定する部品を新造。
ランナーの切れ端を加工しました。
こんな感じで固定。
奥の見えなかったところが見えちゃいますが、まあ気に
しない。


このザクは上半身と下半身が一体成形で腰の回転
運動ができないのでつまんないです。
またまたボールジョイントを仕込んでやります。
こんな感じに真ん中でバッサリ。




ボールジョイントの基部。 ボールジョイントそのものは下半身に。


そうすると、 こんなに曲がるように。
一つ問題なのが余計な腰のパイプなんですが、これが
あると曲がりませんので、今回パイプは上半身の方に
まとめてくっつけています。



あたま
このキットの頭はTV版を意識していて結構でかいの
ですが、それじゃカッコワルイと上下を少し短くしました
このラインで1〜2mm(適当)カット。ボルジャーノンなら
頭がでかくてもいいかもしれないんですけどね。
やっぱりほら、カッコワルイでしょ。
パイプもこのラインでカットして、小さい頭を強調。
あと、内部は結構削らないと干渉して上下のパーツが
合いませんので、ガリガリ削る。



元々はコレ。 だいぶスマートになったでしょ。


モノアイはシールなので、これまたカッコワルイ。
またまたWAVEの部品。こんなのまであるんですねー。
モノアイの部品とノズル(?)の部品を使って作成。
詳細はこちら。
ガンプラ秘密工場(仮)を参考にさせていただきました。
埋め込んだらこんな感じ。






モノアイはこんな感じ。



あし
ヒゲと同じく、がに股にして可動範囲を広くするために、
股関節のボールジョイント基部を内側に移動させます。
このあたりをリューターで延々削る。
ポリキャップの固定が不安になりますが、エポキシパテ
で裏打ちすれば大丈夫。



こんな感じ。右足が改造後。
かなり外側に出ます。
ヒーロー体型好きな方にはおそらく受け入れられない
改造(^^;)。
でも、こんなに曲がるようになる。ウヒョー。





あと、足首の可動性が非常にダメダメなので、下腿部
の部品を一部削りました。少し可動範囲広がったかな

ザクのデザインは、動く物体というものを全く考えて
ないデザインですな。
でも形は大好きなんだけど。
膝裏も下腿の部分を削ってこれくらい動くようにしました
でも正座はムリだった(笑)。






今回塗装はしてません。
関節裏の陰になる部分だけ黒で塗りましたけど。
最後にトップコートというつや消しスプレーを吹いておしまい。



仲良くヒゲと撮影。
こうやってみると、ヒゲってでかいな。
たしか20m以上はあったような。
劇中の迷シーンを再現。
MS相撲(^^;)。
本当はギャバンの旧ザクですけど。


今回のザクはわざと左右の肩を逆に取り付けてますけど、
これは「盾は左にあるべき」という作者の個人的なエゴによるものです(笑)。
ヘンでしょ。右肩に盾があるの。


これでおしまい。
じゃーねー。バイバーイ