山岳小説(国内)・詳細データ 〜か行〜
 
 
 
作 品 名
「遭難」 (加賀 乙彦、1972年)
あらすじ
 私と鹿島、伝田の3人は高校時代からの同級生で、大学でも学部は違うもののよく一緒に遊んだ仲だった。弁の立つ伝田は、いつも授業中最前列に座って皆を笑わせていた。地味で無口な鹿島はいつも教室の一番後ろの席にいたが、不意に山に出掛けて、1週間ほどいないことがあった。私も教室の後ろ、鹿島の近くに座り、本を読んでばかりいた。そんな3人はよく一緒に授業をさぼったが、いつのまにか鹿島の登山に付き合うようになり、正月スキーに出掛けるのが恒例行事となっていた。
 その年の正月も志賀高原の熊ノ湯でスキーをして遊び、最終日に草津まで足を伸ばして帰ることにした。3人は晴天のなか渋峠に向ったが、あと500mほどで峠に着くという頃に急に濃い霧が出てすぐに吹雪になった。鹿島をリーダーに3人はさらに進んだが、道に迷ったことは明らかだった。ガラン沢という難所に迷い込んだと思われたが、彷徨い歩くうちに鹿島が小屋を見つけ、3人は疲れ果てて小屋へと逃げ込んだ。
 翌日も翌々日も吹雪だった。3人は少ない食糧を細々と食い繋ぎながら天候の回復を待った。やがて食糧がなくなり、薪も尽きた。天候が回復したのは、3人がもう駄目かと諦めかけた7日目のことだった。3人は残り少ない体力で、スキー場へと向ったが・・・。
感 想 等
( 評価 : C )
 気軽なスキーのはずが吹雪に会い遭難、7日間も小屋に閉じ込められる。自分も経験があるが、雪山で吹雪に閉じ込められるというのは実に恐いものである。その閉塞感と飢餓感。そうした恐怖、人間心理が存分に描かれている作品。
山  度
( 山度 : 90% )
 舞台はずっと雪の山中だが、小屋の中のシーンが大半なので山度と言われるとやや???。ちょっと中途半端な山度になってしまったか。

 
 
 
作 品 名
「天使は探偵」 (笠井 潔、2001年)
あらすじ
 ミステリー作家・矩巻濫太郎は極度のスランプに陥り、生活費を節約するために、新人賞の賞金と印税で買った過疎の八神村の家で暮らすことにした。そこで初めて経験したスキーにはまり、地元の有力者の娘でダウンヒル・レーサーでもある大鳥安寿にスキーを教わっていた。
 八神村にはかつて天啓教というカルト教団の施設があった。凶悪テロ事件を起こし、教祖・廉真阿陀は拘置所にいたが、いまだ多くの信者が八神村に住んでいた。
 本短編集は、カルト教団を巡って起こる数々の殺人事件、それをミステリー作家をも驚かせるほどの名推理で解き明かして行くスキーインストラクター安寿の活躍を描く。
 リフトに乗っていたはずの男が消え、数時間後に空中から舞い戻ったと思ったら死体となって発見された「空中浮遊事件」。廉真阿陀の予言通りに、スキー場でばらばら死体が見つかる「屍体切断事件」。衆人監視の中で実行された復讐劇の裏に隠された真相を暴く「吹雪山荘事件」。など。
感 想 等
( 評価 : C )
 なかなか凝ったトリックは、本格好きにはたまらないかもしれない。しかし、明らかにオウム真理教を題材にしたと思われる事件は、(執筆当時は新鮮だったかもしれないが)今となっては古くさいし、今ひとつ「独特なもの」というイメージを抱かせてしまうために、頭にすっと入らないという問題点があり損だ。
 トリックの奇抜さ、斬新さに力が入っているのはわかるが、そこにばかり力点が置かれている感が否めない。物語にももう少し奥行きが欲しいところだ。
山  度
( 山度 : 20% )
 山岳小説というよりもスキー小説というべきであろう。ゲレンデスキーの他に、山スキーのシーンなどもあり、登山ではないものの山度もまぁまぁ。

 
 
 
作 品 名
「沙羅沙羅越え」 (風野 真知雄、2014年)
あらすじ
 佐々成政は秀吉のことが嫌いだった。かつては、信長のもとで家康や明智光秀、前田利家などとともに一緒に仕えた間柄だったが、信長亡き後いつの間にかその地位に秀吉が座っていた。
 あっさりと秀吉に屈服した利家に対し、家康は織田信雄とともにまだ対峙していた。能登や加賀を平定して秀吉に対抗していくためには、家康にとことん抵抗してもらう必要がある。他国に知られずに国を空けて家康に会いに行くため、成政は雪の立山越えを敢行することにした。
 戦国時代の戦は、草の者が跋扈する情報戦でもあった。利家を欺くため、成政は卒中のフリをして、立山に湯治に出かけた。側近の者ばかりか妻のいずみ、妾の早百合をも欺いた成政の策略に利家が戸惑っている隙に、成政は屈強な者20人のみを連れ、芦峅寺の仲語(山案内人)に導かれて、立山を出発して雪の沙羅沙羅越えに挑んだ。
感 想 等
( 評価 : C )
 時代小説をそんなに読むわけではないので、言葉遣いや生活スタイルなどを始めとする時代考証については正直よくわからない。でも、単純な感想として面白い。
 時代劇は、"歴史的な事実"という大枠が決まっている。その枠の中で面白さを出そうとすると、2つの方法があるのではないかと思う(勝手な個人的な見解ですが)。ひとつは、歴史的事実の裏に隠された意外な真相や記録に残らない部分を想像で脚色すること、もうひとつは主人公を始めとする登場人物を魅力的に造形すること、ではないかと思う。本作は、その両面を兼ね備えているように思う。特に、巧みな会話と独白調の地の文で登場人物たちの感情をむき出しに描いているためキャラクターが際立っており、読者はいつの間にか成政サイドに感情移入してしまう。その辺が、本作を面白くしている大きなポイントだろう。
 登山描写に物足りなさはあるが、本書においてそこはおまけに過ぎないので、まぁ良しとしよう。結果として徒労に終わった沙羅沙羅越えに大きな意味を持たせている点も好感。
山  度
( 山度 : 20% )
 登山に関しては専門家のアドバイスを受けながら書いたとのこと。事実関係に影響はないのだろうが、筆致の迫力として多少物足りなさがある。

 
 
 
作 品 名
「北アルプス白の死線」 (加納 一郎、1990年)
あらすじ
 冬の五竜岳・牛首リッジで神島正之が滑落死した。たまたま近くに居合せた大場という男が、一緒にいた別の男が押したと証言したことから、不審を抱いた神島の婚約者・若木圭子と友人・小笹公平は、真相究明に動き始めた。
 やがて大場が殺され、2人は犯罪を確信した。調査の結果、コンピューター会社に勤める神島が内部情報をソ連に売り渡そうとする者がいることを探っていたこと、大場が田村という女性に誘い出されたことなどを突き止め、大場の顧客である田村に疑いをかける。
 ちょうど仕事の取材でソ連に出かけた圭子はそこで田村と遭遇し、同行していた橋本が殺されてしまう。真相に近づいた圭子と小笹は、東京に戻ってからも田村一味に狙われる。追い詰められた2人は丸山の山小屋へと向かう・・・。
感 想 等
( 評価 : D )
 何のトリック・謎解きもないサスペンス、あまりに頭の回転の遅い刑事・・・、なんだか質の低い2時間ドラマを見せられているようだ。殺された男の婚約者と友人が恋仲に陥るに至っては、陳腐極まれりという感じだ。ミステリーとしても、サスペンスとしても頂けない。
山  度
( 山度 : 5% )
 冒頭の殺人が雪の五竜岳で行われるものの、それ以降は舞台はずっと街中。山岳色は極めて低いが、このタイトルなので一応。

 
 
 
作 品 名
「サイレント・ブラッド」 (北林 一光、2011年)
あらすじ
 失踪した父の車が、長野県大町市の登山道入口で見つかった。それを聞いた息子の沢村一成は現場に出かけ、そこで今岡深雪という女子大生と出会った。鹿島荘という民宿の娘・深雪は、隣に住むオババから「タケルがいるから呼んで来てくれ」と言われて来たのだという。オババは、人の心を読んだり、病気を治したりと、不思議な力を持っているという。一成はその民宿に泊まって父親捜しをすることにした。
 深雪に手伝ってもらって、あちこちにチラシを貼ったり、幼い頃養子に入ったという父の親戚筋を訪ねたり、父が失踪するきっかけになったと思われるカクネ里についての新聞記事を書いた相田教授を訪ねたりしたものの、父の行方は全くわからなかった。ただ、父には一成も母・史子も知らない秘密があるようだった。
 やがて、オババの口から一成の祖父にあたる城戸正之助なる人物の生涯、40年前に起きた事件のことが語られ、徐々に秘密が明らかになっていく。
感 想 等
( 評価 : C )
 文章うまさと展開の妙ゆえか、話としてはなんとなく読み進めさせられてしまうのだが、読後感的にはどことなく釈然としないものが残る。現実問題として、霊や超能力的なものを信じるかどうかは別にして、虚構の世界において、重要な出来事の大半がそれら超常現象的なもので決められてしまうと、要はオカルト小説ということになりどうもリアリティに欠けてしまう。内容は悪くないだけに、その辺が引っ掛かってしまうのだろう。もったいない。
 細かい点で言えば、一成が父親の記憶がいつ戻ったのかを聞くシーンがあったが、記憶喪失だったことは知らなかったと思うのだが・・・。あと証拠の会話をテープに取ったというのがあるが、40年前(1970年頃)のテープレコーダーなんて大きくて音がするし、あまり隠し取り向きではないように思う。
 ちなみに、同じ北林氏の作品に「ファントム・ピークス」というものがあるが、こちらは羆によるパニックを描いたアニマルクライシスもの。山の近くが舞台となっているが、登山シーンなどはないため、山岳小説とはしなかった。
山  度
( 山度 : 10% )
 登頂シーン的なものはないが、一部に沢登りのシーンなどが描かれている。沢登りは珍しい。ただ、用語解説が付いているとはいえ、ネオプレーンとかウェーディングシューズなどの用語を、わざわざ登山の素人の山行シーンで使用するのはどうかと思う。

 
 
 
作 品 名
「シャッター・マウンテン」 (北林 一光、2013年)
あらすじ
 北アルプスの標高1500mに立つ梓平ホテルは、7月の観光シーズンを迎え賑わっていた。ところが、ホテルと麓を結ぶ1本道の途中で土砂崩れが起き、道が通行不可能となったばかりか、電話も断線して通じなくなった。ホテル、キャンプ場、そして久作小屋と呼ばれる山小屋にいた観光客や登山客らは、完全に閉じ込められてしまった。子どもを亡くしたことから不仲になっていた梶間隆一夫婦や、毎年ホテルに泊まりに来ている元実業家の磯崎老人などは、時間を持て余していた。
 その前後から、山では奇妙な現象が多発していた。拳大の雹が降り、キャンプ場で雄一が大怪我をし、夏だというのに冬毛のオコジョの大群が人を襲った。また、この山にはいないはずの種類のトンボが大量に発生し、キャンプ場ではポラロイドカメラに心霊写真が写った。さらには、救援に向かった救助隊の作田副隊長や井坂医師を乗せたヘリが、コウモリの大群に襲われて墜落した。
 山小屋の主人久作は、小屋を手伝っていた誠や、山岳救助隊の田島、梓平ホテルの支配人などと協力し、怪我人の救助や事態収拾に奔走する。果たして、山で何が起こっているのか。
感 想 等
( 評価 : C )
 山を舞台としたサスペンス・ホラー「ファントム・ピークス」や「サイレント・ブラッド」を書いた北林一光氏。彼の死後、ワープロから見つかったという遺作が本作だ。閉ざされた山中で次々と起こる怪異現象。翻弄される人々の恐怖と奮闘を描くホラー小説である。
 ホラーというのは「原因不明の怪奇現象」という点で個人的には今ひとつ苦手というか、入り込めない世界なのだが、本作では怪奇現象の背景に、山や自然に対する畏敬や畏怖の念が込められており、そのメッセージ性ゆえにただのホラーで終わっていないように感じられる。また、相次ぐ奇っ怪な出来事を描く筆致の凄みは、作者ならではの豊かで巧みな表現力が活きている。
山  度
( 山度 : 30% )
いわゆる登山シーンはあまりないものの、山小屋や山岳救助隊が登場するなど、山に関連したお話。舞台のモデルはたぶん上高地でしょう。

 
 
 
作 品 名
「八月の六日間」 (北村 薫、2014年)
あらすじ
 出版社で雑誌編集に携わるアラフォーの私。まっすぐで不器用で、肩肘を張りながら一生懸命生きてきた。同棲していたフリーカメラマンに振られて落ちていた時に、同僚の藤原ちゃんに誘われて山に行って以来、時々ひとりで山へ出かけるようになった。
 困ったちゃんの編集長に仕える身から、いつしかストレスの多い編集長という立場になった。憧れの槍ヶ岳を縦走し、裏磐梯の雪山ツアーを体験し、軽アイゼンを買ってGWの北八にも出かけた。八月には、折立から雲の平、高天原温泉、三俣蓮華岳を経て、新穂高温泉に下山するという縦走も経験した。
 仕事も私生活もストレスはいろいろあるけれど、山に出かけ、四季折々の自然や人々と出会い、私の心は開放されていくのだ。
感 想 等
( 評価 : C )
 偶然ほぼ同時期に発売された2冊の山岳小説、「八月の六日間」と「山女日記」。両作品とも、今までありそうでなかった山岳小説と言えそうだ。マンガでは「ヤマビヨリ」(KUJIRA)くらいだろうか。遭難も、殺人も、冒険も、サバイバルも出てこない。「死と隣り合わせにあるという非日常」ではなく、旅行と同程度の「日常ではない非日常」として、登山が描かれている。これも山ガールブームの影響だろうか。
 ごく普通の女性が、日常の延長として趣味で山に登り、リフレッシュして帰ってくる。その過程において、仕事や人生や恋愛についての思いや回想が語られる。そんなありふれた生活を山岳小説という形にしてしまった。たぶん登山である必然性はない。マラソンでも、サイクリングでも、遠泳でも、何でもいいのだ。
 ありふれた日常を描いたら私小説になりそうなものだが本作は全く違う。山に登らない男性が、山に登りながらあれこれ考えるOLの話を、想像だけで書いたのだ。しかも内容的にも面白い。作家とは凄い人種だ。
 余談ながら、本好きで本を手放せない主人公は、山に行く時にも本を2,3冊持っていく。それらの本に対するコメントが出てくるのも面白い。
山  度
( 山度 : 70% )
 槍ヶ岳、北八ヶ岳、雲の平・・・・・。いくつかの山域が出てくる。北村さんが登山をしない人だと知って驚いた。当然、ガイドブックや写真集なども参考にしているのだろうが、登山好きの編集者に話を聞いて書いたのだという。準備段階で山道具を並べたてる感じはちょっとマニュアルチックだ。

 
 
 
作 品 名
「黒部の太陽」 (木本 正次、1964年)
あらすじ
 時は昭和31年。戦後の毎晩停電という時代はようやく乗り越えたが、産業復興のためには大量の電気が必要だった。関西電力太田垣社長は、社運を賭け、日本という国のために黒部第四ダムの建設に取りかかった。熊谷組、間組、鹿島建設など工事を請け負う会社にとっても、黒部渓谷という人跡未踏の地での工事は博打だったが、全員が日本のためという使命感に燃えていた。
 最大の難所は北アルプスの横っ腹に穴をあける大町トンネルだった。これができないと資材や機械を搬入できず、工事そのものが頓挫する。用地買収、トンネル掘削と、苦労しながらも順調に進められていったが、大量の湧水地帯に当り工事は全く進まなくなった。シールド工法、水抜きボーリングと様々な方法が試され、6ヶ月後にようやく湧水は収まった。
 黒四ダム建設事務所次長の芳賀公介には四女があったが、工事中に三女・順子が白血病と判明した。順子のことを気にしながらも家に戻れない芳賀、白血病と懸命に闘う順子。工事の中心的人物であった芳賀を軸に展開される黒四ダム建設の物語。
感 想 等
( 評価 : C )
 単なる工事の記録というだけに留めず、芳賀とその娘・順子の話を入れることによって、人間ドラマとしても深みのあるものとなっている。
 黒三工事を描いた「高熱随道」(吉村昭)と比較すると、時代背景の違いもあり、工事自体は黒三の方が大変だったような印象を受ける。
 それにしても、北アルプスにトンネルを掘ってしまうというのは、今考えたら環境問題、自然破壊ということで絶対実現しないと思われるが、これまた時代の違いということなのであろう。
山  度
( 山度 : 5% )
 冒頭の黒四建設予定地への視察シーン、黒部奥山回りの話などは出てくるものの、山や登山に関する部分はあまり多くない。

 
 
 
作 品 名
「黄金のうさぎ」 (草薙 渉、1991年)
あらすじ
 司法試験に挑戦しているうちに大学8年生にもなってしまい、日々冴えないアルバイトに精をだしていた望木のもとに、大学時代の同級生・大前田から依頼が舞い込んだ。信州で質屋を営む大前田の所に、毎夏、金の原石を持ち込む89歳の老人がおり、8年間追い続けても今だ正体の掴めない。その老人を尾行して欲しいというのだ。
 穂高山荘で老人を待ち伏せた望木は、蒲田川方面へと下って行く老人を追ったが、その足は超人的に早く、つには見失ってしまった。そのあげくに熊と出会い滑落、右足を挫いてしまった望木は、岳一と菊子の兄妹に救われた。兄妹は望木が追っていた盛遠老人の孫で、3人は山奥で暮らしていた。足が治るまで世話になった望木は、そこで金の大鉱脈を発見した。
 一躍大金持ちになった3人は、望木と一緒に東京に住むことになったが、都会での生活になかなか馴染めなかった。
感 想 等
( 評価 : C )
 一風変わった物語。文章は非常に読みやすく、展開もおもしろいのだが、妙に軽い印象が残る。一種のエンターテイメントと割り切ればそれで良いような気がする。
山  度
( 山度 : 10% )
 前半、老人を尾行するシーンで、穂高が出てくる。また3人が住んでいるのも穂高の山奥との設定。が、山の描写はあまり多くない。

 
 
 
作 品 名
「富士山大噴火」 (鯨 統一郎、2004年)
あらすじ
 フリーライターの天堂さゆりとカメラマン山本達也は、結婚を間近に控えているというのに、どこかギクシャクしていた。科学雑誌「ウインド」の仕事で取材を続ける2人は、動物学者・蝶名林から動物たちの異常行動を聞いたり、狭山天文台職員の新藤一美からFM電波による地震予知の話を聞き、「地震予知」のシンポジウムを開催することにした。
 シンポジウムをきっかけに気象庁の下部組織・火山噴火予知協会の富士山監視委員・下から誘われ、一美は東海大地震の予知、さらには富士山噴火の予知に関ることとなった。
 富士山の山体膨張、マグマの動きを感知する傾斜計の異常値検出、低周波地震の急増、二酸化炭素硫黄濃度の上昇・・・・・さまざまな富士山噴火の予兆が観測されるなか、さゆりと達也や富士山の最後の姿を記録するために富士山に登った。一方、一美はピンポイントでの富士山噴火予知に成功した。
 そして、Xデーが訪れた・・・。
感 想 等
( 評価 : C )
 最初は、単なる二流パニック小説かと思ったが、読んでいくうちに段々と引き込まれていってしまった。達也が求める幻の富士山のアングル探しや蝶名林の恐竜絶滅の謎といったエピソードがどこまで必要かはやや疑問だが、さゆりと達也の結婚を巡る葛藤や心理的な変遷が単なるパニックものではない面白さ、物語としての深みをもたらしている。
山  度
( 山度 : 5% )
 山のシーンは、達也とさゆりが富士山に登る所のみで、山度は低い。

 
 
 
作 品 名
「銀嶺にさよなら」 (熊谷 達也、2005年)
あらすじ
 初冠雪に覆われた晩秋の月山を、沼倉敦子は弥陀ヶ原から湯殿山へと縦走していた。今回の山は4年ぶりの山行で、敦子が山の世界に復帰できるかどうかを試すものだった。しかし、三年前に学生運動の最中に痛めた右膝が九合目辺りから痛み始め、下りに入ると痛みは激しくなる一方だった。
 敦子は大学に入ると全学連の活動などには目もくれず山岳部に入部した。父に登山に連れていかれていた敦子は、岩登りをやりたいと思っていたのだ。その山岳部で、敦子は生まれて初めて恋をした。それが山岳部の副キャプテン・松木俊朗だった。敦子の松木への思いは一方通行だったが、松木と2人で岩壁を登攀する自分を夢見て、敦子は登山に打ち込んでいった。ところが、敦子が4年になる年に、留年して部長になると見られていた松木が、退部して学生運動に身を投じた。それを知った敦子も山岳部を辞め、学生運動に参加した。
感 想 等
( 評価 : D)
 「邂逅の森」で直木賞を受賞した熊谷達也氏の山岳小説。この作品を読んで一番わからなかったのは、なぜ今、学生運動なのかという点だった。学生運動をがその世代の人にとって特別な意味を持っていたことは、感情面を除けば頭では理解できる。しかし熊谷氏は1958年生まれ。学生運動とは無縁のはずだ。ストーリーはわかるし、山関連の描写も悪くはない。ただ、どうしても学生運動が出てくるところが気にかかってしまうのだ。
山  度
( 山度 : 40% )
 またぎの一生を描いた「邂逅の森」でも見せたように、自然描写とそこに生きる人々の心情・苦悩を描かせたら一級。

 
 
 
作 品 名
「完盗オンサイト」 (玖村 まゆみ、2011年)
あらすじ
 フリークライマーの水沢浹は、3年間付き合った7歳年上の彼女・伊藤葉月に振られていたたまれなくなり、放浪していたアメリカから日本に戻っていた。体調を崩してたまたま世話になった桐泉寺の和尚・岩代辿紹に誘われるままに工事現場で働くことになったが、昼の休憩時間に現場でクライミングの練習をしていたことがバレて、首になってしまった。それどころか、下請け会社ごと切られてしまい、岩代を始めとする仲間に迷惑をかけることになってしまった。
 落ち込む浹の前に現れたのは、工事の発注会社で、日本を代表する不動産会社國生地所の社長、國生環だった。國生地所の会長・國生肇の前に連れて行かれた浹は、意外なことを頼まれた。皇居にある樹齢550年の盆栽<三代将軍>を盗み出して欲しいというのだ。報酬は1億円。犯罪に手を染める気などなかった浹だが、日本に帰国した元彼女の葉月から、ドーピング疑惑でスポンサーだったTRAVERS社から3千万円の損害賠償を請求されていると聞いて、葉月のために<三代将軍>を盗み出す決心をした。
 一方、お寺にいた小さな子供・斑鳩(いかる)は岩代が一時的に預かっている子で、複雑な家庭事情のせいで言葉に障害が生じていた。元来、浹は子ども嫌いだったが、斑鳩と接するうちに優しい気持ちを持つようになっていった。
 やがて自体が急展開し始める。偶然、浹のやろうとしていることと目的を知った葉月が國生肇と接触し、浹は盆栽を盗み出す役目をクビになった。一方、斑鳩の父で精神に異常を来たしていた瀬尾貴弘の手が伸びてきていた。浹は、葉月のために、そして斑鳩のために、意外な手に打って出た。
感 想 等
( 評価 : C)
 正直、評価しにくい作品だ。読んでいて、背景の浅さのようなものが気になる。浹はなぜ日本に帰ってきたのか(振られただけでは弱すぎる)、大金持ちの犯罪にしてはあまりに安易で危険過ぎる、葉月の人物像が見えてこない(=魅力的でない)、・・・等々。また、文章の主体が途中で入れ替わり、読んでいて違和感を感じる箇所があったり、不必要に「トレボットーニ」とか「SDS」といった話が出てきて読みにくくなったりしている。
 それでも、発想は面白い。皇居の盆栽を盗み出すという聞いたこともないような話をはじめ、全体的に斬新さが感じられるのは確か。ついつい先を読んでしまう面白さがある。結局のところ、巻末にある江戸川乱歩賞の選評で京極夏彦氏が言っているように、「欠点はいくらでも修正できる。だが、魅力を後から足すことはできない。」という評に落ち着くのだろう。
 作品からは逸れるが、巻末に江戸川乱歩賞の選評が載っているのが楽しめる。特に、京極氏のコメントは、そこだけでも読む価値があると思う。賞の選考としては作家の将来性へに対する期待から評価するというのもありだが、そうなると、作品そのものの評価は少し異なってくることになる。
山  度
( 山度 : 10% )
 浹と葉月が一流のクライマーという設定で、クライミングの話は随所に出てくるし、工事現場や木などを攀じ登る場面もある。が、肝心のクライミングシーン自体は皇居の石垣を登るところだけで、それもほとんど描写はない。

 
 
 
作 品 名
「ブリザード」 (桑村 さや香、2011年)
あらすじ
 慶葉大学山岳サークルのメンバー9人が、北アルプスのとある山に冬山登山に来て、ブリザードに巻き込まれた。メンバーは、リーダーで4年の武田、サブリーダーで大企業御曹司の九条栄介、同じく4年で武田の彼女のすみれ、次期リーダーの3年の真人、同じく3年のムクこと武久学、幽霊部員の3年小嶋七瀬、最近入部した唯一の2年黒沢、1年の奥村泰介とその幼馴染の純。一面のホワイトアウトの中、9人ははぐれないようにアンザイレンして登り、辛うじてかつて山小屋だった廃屋に辿り着いた。
 ところが、最後尾にいたはずのサブリーダー九条がいない。リーダーの武田と1年の奥村泰介が探しに戻り、遺体となった九条を発見した。2人が九条の遺体を山小屋に運び込んだところ、九条は凍死ではなくナイフで刺されて死んでいた。九条の前を登っていた真人、九条からクスリを買っていた七瀬、九条にパシリにされていたムク、九条に借金があったためにすみれとの結婚を延期した武田、九条に弱みを握られていたすみれ・・・・・。誰もが怪しかった。やがて七瀬がいなくなった。勝手に山小屋から逃げ出したようだが、なぜ一人で下山しようとしたのかわからない。
 食糧も少なく、このままでは全滅してしまう。ついに、吹雪をおして、クジ引きで選ばれたすみれと黒沢が助けを呼びに行くことになった・・・。いつまでも収まらない吹雪、自分たちの中に犯人がいると知って疑心暗鬼に陥るメンバーたち。彼らの運命はどうなるのか。犯人は誰なのか。
感 想 等
( 評価 : C )
 NTTドコモのBeeTVで放送されたドラマの原作。登場人物が順番に一人称で語り、事件をいろいろな角度から描き出してゆく。その手法はなかなか面白いが、事件そのものはやや難ありといった感じ。犯行が偶然に頼る部分が大きく、また行動にも無理があるように思う。ミステリーというより、ホラー的と言った方がいいかもしれない。
 それにしても、この救いのない結末はある意味すごい。どれだけ真面目に、真剣に生きても、人を傷付け、人から恨みを買ってしまうことがあるのかもれいない。その怖さだけが際立った。ここに作者の主張があるのだとしたら、成功していると言っていいだろう。
山  度
( 山度 : 20% )
 舞台は雪山、そして山小屋。多少雪山の雰囲気はあるものの、山は閉ざされた空間を作り出すためのもので、登山に格段の意味があるわけではない。

 
 
 
作 品 名
「検察者」 (小杉 健治、1992年)
あらすじ
 企業の管理者教育を行う鷲尾塾の奥秩父連山縦走で、敷島宗一が死んだ。不慮の事故か、しごきによる集団暴行か。鷲尾塾の主催者が政治家の後援会副会長だったことから、政治力により不起訴となったものの、検察審査会が事件を取り上げることとなった。
 一方、下目黒のマンションで渡部仁史という男が殺され、容疑者として捕まった西田保が犯行を自白した。この事件を担当することになった検事桐生賢太郎はどこか腑に落ちないものを感じていた。殺された渡部は、鷲尾塾の事件に関連して、検察審査員である湯川珠美に接触を図っていたというのだ。
 敷島の事件がどうしても納得できず独自に調査を行う珠美と有藤、真相究明を続ける桐生検事。意外なところで結びつく2つの事件。果たして真相は・・・。
感 想 等
( 評価 : B )
 まず、検察審査会と言う目新しい存在を取り上げたことが興味深い。
 2つの一見無関係な事件を結ぶ付けるというミステリーの手法は、最近ではむしろ陳腐化しているのではないかと思うが、そこを無理なく関連付けているところもうまい。意外性のある結末といい、ミステリーとして非常におもしろく読めた。
山  度
( 山度 : 5% )
 山に関する部分はごくわずかで、その描写も事実を中心とした淡々としたもの。山岳小説という意味では今一つかもしれないが、奥秩父連山縦走が事件解決の重要なキーのひとつとなっている。