山岳小説(海外)・詳細データ 〜ヤ行〜
 
 
 
作 品 名
「脱出山脈」 (トマス・W・ヤング、2010年)
あらすじ
 戦火のアフガニスタン上空。タリバンの聖職者ムッラーを乗せた捕虜輸送機が撃墜され、反政府軍が支配する高山地帯に不時着した。ムッラーを取り返すために敵が迫るなか、足を負傷して動けなくなったフィッシャー大佐は、パースン少佐と女性通訳のゴールド軍曹に、ムッラーを連れての脱出を命じた。パースンは空軍兵士であり陸戦には不慣れだったが、幼い頃にロッキー山脈で育ってあり、狩りの経験からライフルの腕前も一流だった。猛吹雪の高山地帯を舞台にした、捕虜を連れての脱出行が始まった。
 最新の兵器やサバイバルグッズをもってしても、自然の猛威は厳しい。途中、パースンらは、マルワン率いる反政府軍に捕まってしまった。マルワンはSAS(英国陸軍特殊空挺部隊)で訓練を受けたという恐ろしい男だった。一度は捕えられてしまったパースンだったが、幸い警邏中の特殊部隊のキャントレル大尉と彼を支援するアフガニスタン政府軍のナジブ大尉らの部隊によりパースンは救い出されたものの、ゴールドは連れ去られたままだった。ムッラー生け捕りのためマルワンを追う本体と分かれ、パースンは一人ゴールド救出に向かった。厳しい自然の猛威のなか、パースンの闘いは続く。
感 想 等
( 評価 : C)
 アフガニスタンを舞台にしたサバイバル冒険小説。最初、時代設定はいつなのかと思ったが、米国911テロの話などが出てきて現代だとわかる。その辺の設定は、本が書かれてから年が経つほどわかりにくくなるので、明確に書いた方がいいかもしれない。
 内容はもう、これでもかというくらい敵軍や自然の猛威が襲ってきて、冒険小説らしいといえよう。負傷してもそれを堪えながら任務に就き、この人達はスーパーマンか!って感じである。最新の戦争ものなので、機器類も最新のものが登場しているようだが、厳しい自然の中では結局頼れるのは己のみということなのだろう。しかし、地理が全くわからないため、どこへどう向かっているのか、どうなればこのサバイバルが終わるのかピンと来ず、ただただもう凄いなぁという感想に終始してしまう。
山  度
( 山度 : 80% )
 アフガニスタンの山岳地帯を舞台にした戦闘アクションもの。登山ではないものの、サバイバル度は高い。