山岳小説(海外)・詳細データ 〜カ行〜
 
 
 
作 品 名
「マッターホルンの殺人」 (グリン・カー、1951年)
あらすじ
 仏スポーツ界の英雄で、政治の世界でも大きな力を持ち始めていたレオン・ジャコが、マッターホルン登頂の途中で滑落死した。ジャコと旧知の間柄で、イギリス秘密情報部から彼の政見を聞き出すように依頼されていた、シェイクスピア劇団の俳優兼監督のアバ−クロンビー・リューカーは、ジャコの遺体回収に同行した時に、事故死ではなく殺人だと気付く。警察本部長から協力を依頼されたリューカーは捜査に乗り出す。
 ジャコの妻で、必ずしも良い妻ではなかったと自ら言うデボラ・ジャコ。その双子の兄、ジョン・ウェイヴニー。ジャコの政敵と思われる団体の一員のフレイ。ジャコと不倫しているドゥルサック伯爵婦人とその夫ポル・ドゥ・グルサック。ジャコと同行した山行で友人を死なせたグレイトレックス。ジャコが自分の娘に言い寄ったためにジャコを良く思っていないガイド・タウグワルダー。小説家ブライス。彼に思いを寄せるマーガレットとそのおばベアトリス。
 動機がありアリバイのないタウグワルダーが疑われたが、いつも彼にガイドを頼んでいたリューカーはその人柄を知っていた。犯人は誰なのか。
感 想 等
( 評価 : C )
 トリックはよく練られており、最後の種明かしまでうまく引っぱていく手法はある意味オーソドックスではあるが楽しめる。複雑な人間関係、真実を闇に隠す容疑者の嘘、それらを解きほぐしていく探偵役の活躍が見せ場。
 文中に何度も出てくるシェークスピアの引用と、警察本部長の変な英語の言い間違いが鬱陶しいだけで何の役にも立たない。イギリス人はこういう会話を楽しむのだろうか。
山  度
( 山度 : 20% )
 マッターホルンの山中、山麓で展開されるドラマ。かつ著者はヒマラヤ遠征や北極探検の経験もある登山家とのこと。

 
 
 
作 品 名
「エサウ 封印された神の子」 (フィリップ・カー、1998年)
あらすじ
 登山家ジャックはディディエと共にアンナプルナ保護区のマチャプチャレ登攀中に雪崩に襲われ、運良く彼だけがベルクシュントに捕まり助かった。彼はそこで頭蓋骨の化石を見つけた。無事帰国して、古人類学者であり恋人であるスウィフトに頭蓋骨を渡すと、その化石は類人猿でありながら非常に新しいものだった。スウィフトはそれがイエティの頭蓋骨ではないかと考え、ジャックら仲間を連れてヒマラヤへイエティ捕獲へ出かけた。
 出発前にボイドという地質調査員が自費参加を申し出たが、実は彼はCIAの工作員だった。ジャックらはヒマラヤの悪天候に苦しめられたが、ついにイエティを発見し、その足跡を追ってクレバスの中を進んで行くと、そこには木の茂った森があった。そこがイエティの棲家だったのだ。彼らはイエティの捕獲にも成功し、出産にまで立ち会った。ところが、そのイエティから放射線反応が出た。
 CIAのボイドの目的は、実はヒマラヤ山中に墜落したアメリカのスパイ衛星の残骸探しだったのだが、放射線反応からそれがイエティの棲家にあると気付いたボイドは、破壊工作に出かけた。衛星の残骸を破壊すると放射能に汚染されてイエティが全滅するのは確実だった。スウィフトは破壊工作を阻止すべくボイドの後を追いかけた。
感 想 等
( 評価 : B )
 ミステリーというべきか、冒険小説というべきか微妙な位置付けになるが、話自体は非常に面白く興味深いものに仕上がっている。ただ、人類のルーツを探ると言うSF的な面白みと冒険小説的な面白さの二兎を追ったがゆえに散漫になった部分があるように思われるのが残念。
山  度
( 山度 : 60% )
 いわゆる登山・登攀のシーンは、冒頭のマチャプチャレ登攀などに限られそう多くはないものの、ヒマラヤ山中を舞台に展開されるスペクタクルであり、雰囲気はたっぷり味わえる。

 
 
 
作 品 名
「諜報作戦/D13峰登頂」 (アンドルー・ガーヴ、1969年)
あらすじ
 NATOの新兵器実験中に実験機がソ連のスパイにハイジャックされた。機はソ連上空でパイロットのクレイルにより奪還されたが、ソ連から抜け出す前に追撃されてしまった。秘密兵器を乗せた飛行機は、ソ連とトルコの国境線上にある無名の未踏峰に墜落した。生憎の悪天でヘリは近づけず、ソ連より先に秘密兵器を破壊するためには、困難な岩場を登って行かざるを得ない。たまたまトルコを訪れていた著名な登山家ウィリアム・ロイスは軍隊に乞われ、ブローガン大尉とともにD13峰へと向かった。
 途中2度の墜落を味わいながらも無事2人は飛行機落下地点に到着したが、墜落機は今にも崩れそうな雪庇の上にあった。天候の悪化もあって破壊工作を見合わせていると、翌朝ソ連の工作員3人が登頂し、雪庇に気付かぬ3人のうち2人が雪庇を踏み抜いて転落死してしまった。その時に一緒に落ちた実験機が途中の崖に引っかかっていたことから、ブローガン大尉は飛行機の破壊に向かう。が、爆破時に起きた雪崩に巻き込まれ大尉は死んでしまった。
 無事降りるためには協力せざるを得ないと考えたロイスは、生き残ったソ連の工作員で女流登山家のヴァーリャを説得して一緒に降りることにした。
感 想 等
( 評価 : C )
 重大な秘密を握った飛行機の高山墜落、ヘリで向かおうにも天候が悪く人間が登って行かざるを得ない状況、同じ目的の敵対国の存在。山岳冒険小説の舞台は十二分に揃っている。かつ、登攀シーンなどそれなりの見せ場もあるものの、格別に盛りあがっている印象を受けないのは描写力の問題か。
山  度
( 山度 : 60% )

 
 
 
作 品 名
「無慈悲な空」 (アーサー・C・クラーク、1966年)
あらすじ
 時は21世紀(本作品が書かれたのは1966年)。エベレストの標高一万八千フィート地点にホテルもでき、毎年数千人がそのホテルを訪れた。さらにその4分の1が山頂を極めていた。
 天才的科学者であるエルウィン博士とハーパーは、このホテルに滞在していた。エルウィン教授は生まれついての不具者だったが、今回は彼が発明したレヴィテイターという空中浮遊機の試作機を密かに持ち込み、その実験を行っていたのだ。
 2人はレヴィテイターを使うことにより難なくエベレストを征服したが、下山途中に突風に見舞われ、空中へと放り出されてしまった。レヴィテイターの緊急浮上により落下はまぬがれたものの、問題は下降・着陸にあった。
感 想 等
( 評価 : C )
 「2001年宇宙の旅」を書いたアーサー・C・クラークによる短編集。本作品が書かれた1966年といえば、科学的には月への宇宙船着陸などが実験されていた時代である。そう考えると、着想自体は荒唐無稽と言うほどではないのかもしれない。むしろ、酸素ボンベの替わりに分子フィルターなるものが登場している方が興味深い。むろん、それとても理論上は可能として、昔から研究されているものなのであろうが。
 そうしたSFとしてのおもしろさはさすが第一人者。加えて、ストーリーの方も短編ながらよくできている。
山  度
( 山度 : 50% )
 「山」という観点から見ると、単なるSFの舞台としてエベレストを登場させただけではなく、それなりの知識・調査に基づいて描かれている感じがする。

 
 
 
作 品 名
「大岩壁」 (ハインリッヒ・クリーア、1958年)
あらすじ
 ハンスとヘラはお互い愛し合っていたが、いつもすれ違ってばかりだった。その日もそうだった。ヘラは朝からハンスの電話を待っていたが、ハンスは山へ出掛けていた。ハンスは、山から降りたらヘラに結婚を申し込もうと思っていたが、ヘラはハンスを待ちわびて、ヘラに想いを寄せていたオットーの誘いに乗って映画を見に行ってしまったのだった。
 そんなハンスの元に、親友のベネディクトがやって来た。一緒にマッターホルン北壁をやろうというのだ。ヘラのことが気になったが、ハンスは2つ返事でOKした。ベネディクトは農家の息子で、ハンスは洋品店の跡取りだったが、2人とも家業に興味がなく、父親からは文句を言われてばかりだった。それでも2人は山をやめられなかった。
 ツェルマットに来たハンスとベネディクトは、アメリカから来たというパットという娘に出会った。パットはデザイナーとして成功し、その褒美としてもらったお金でヨーロッパに来ていたのだった。手始めにツィナールロートホルン東壁を登攀したハンスとベネディクトは、マッターホルン北壁第6登に向けて出発した。
感 想 等
( 評価 : C )
 山のシーンはなかなかいいし、途中まではなかなか盛り上がったのだが、読後感が今ひとつだ。海外作品なので一概には言えないのであろうが、親子間の問題や職業観というものを考えるには、時代背景や国柄への理解も必要なのかもしれない。
 また、いろいろな登場人物が無駄に登場しすぎる。折角、背景まで語ったパットは何のために登場しているのか、ベネディクトの妹ユリアは要るのか、などなど。冒頭と最後にわたしが出てきて、昔話のように展開させる意味もよくわからない。
山  度
( 山度 : 70% )
 マッターホルン北壁登攀シーンが描かれており、山度も結構高い。

 
 
 
作 品 名
「マッターホルンの十字架」 (シャルル・ゴス、1919年)
あらすじ
 密輸入者ジャン・ジョセフは、氷河を横切っている時に突然税関吏に銃で撃たれて死んだ。国境の番人である税関吏は密輸入者から嫌われており、誰かが復讐するのではないかと思われたが、税関吏ロマンは正当防衛だと主張し、皆にそれを信じさせることに成功した。
 ジョセフの復讐に立つと見られていた仲間アントアンヌとダニエルは、復讐を断念したのか、ロマンに篭絡され、3人はすっかり仲良くなってしまった。
 そんな9月のある日、アントアンヌとダニエルは、ロマンをマッターホルン登山に誘った。3人は途中で偶然出会ったアンジュを加えて、4人のパーティでマッターホルンに登った。無事登頂した4人は山頂で酒を酌み交わした。音に聞こえたマッターホルンを征服したロマンは有頂天になって、ジョセフを撃ったのが正当防衛ではなかったことをばらしてしまった。
 ところが、一緒にいたアンジュはジョセフの息子だった。真相を聞いたアンジュ、アントアンヌ、ダニエルの3人は…。
感 想 等
( 評価 : C )
 ヨーロッパアルプスを舞台に、山岳ガイドや密輸入者、登山家などを描く短編集。今一つテーマというか、筆者の主張がよくわからないという部分はあるものの、古き時代のヨーロッパのあり様、登山の様子などがわかっておもしろい。
 本書は1919年に書かれた年代物。邦訳版は1956年出版。
山  度
( 山度 : 40% )
 山岳ガイドの出てくる山岳小説というのは、いかにも近世ヨーロッパらしい香りがする。当時の小説全般にそうだが、登攀シーンなどをあまり克明に描写したりしないのは残念。