上仕切り線
下仕切り線

 学童疎開とは、第二次世界大戦末期において米軍による本土爆撃に備え、大
都市の国民学校初等科学童をより安全な地域に一時移住させたことをいう。
 当初、国は家族制度の崩壊と戦意の喪失をおそれ、人員疎開に消極的であっ
たが、わが国本土が米軍の長距離大型爆撃機B29の航続距離圏に入るに及ん
で、急きょ学童疎開を実施することになった。
 学童疎開は終始個人的な縁故疎開を原則としたが、1944年(昭和19年)6月
30日付閣議決定「学童疎開促進要綱」にもとづき、縁故疎開に依り難い国民学
校初等科(現在の小学校)3年生から6年生の学童の集団疎開を実施した。
 学童疎開は、防空の足手まといをなくして防空態勢を強化することと、空襲の
惨禍から若い生命を護り、次代の戦力を培養することを目的とした学童の戦闘
配置を示すものとされ、縁故疎開・集団疎開とも強力な勧奨のもとに慌しく実施
された。
 学童疎開の対象都市は東京、横浜、川崎、横須賀、大阪、神戸、尼崎、名古
屋、門司、小倉、戸畑、若松、八幡の13都市としたが、1945年(昭和20年)4月
には京都、舞鶴、広島、呉の4都市が追加指定された。
 1945年(昭和20年)に入り、激化する一方の本土空襲に対処して、3月「学童
疎開強化要綱」を閣議決定し、国民学校初等科3年生以上の全員疎開と1・2年
生の縁故疎開・集団疎開を強力に推進する、いわゆる「根こそぎ疎開」を実施し
た。
 その結果、縁故疎開にも集団疎開にも参加できず、空襲下の都市に残留した
学童に対する学校教育は停止され、訓育を中心とする寺子屋式教育が細々と
行われた。
 一方、学童疎開の徹底と併せて本土決戦に備え、千葉、茨城、静岡、和歌山
県等太平洋沿岸部の集団疎開学童は、より遠隔の地である青森、岩手、秋田、
富山、島根、滋賀県等への再疎開を余儀なくされた。
 疎開生活は、縁故疎開では疎開先との複雑な人間関係、食糧不足、言葉や
習慣の違い、いじめ等に悩み、集団疎開では少国民錬成の場として軍隊同様
の厳しい規律・上下関係、空腹、食べ物を巡る葛藤、いじめ、蚤・虱等に悩まさ
れ、いずれの場合も幼い学童の心に消し難い傷痕を残した。
 学童疎開を顧みるとき、1944年(昭和19年)8月22日沖縄の那覇から九州に
向かった学童疎開船「対馬丸」が米軍潜水艦により撃沈され、学童775人が犠
牲となったこと、1945年(昭和20年)3月10日未明の東京大空襲で、卒業進学
のため疎開地から帰京した直後の6年生が多数命を落としたこと、また、疎開
中にかけがえのない親や家族を空襲で亡くし、戦後の混乱期に苦難の道を歩
むことになった多くの戦災孤児がいたことを忘れることはできない。

 学童疎開とは

目次へもどる
つぎへ進む