バールベック遺跡
中東3大遺跡の一角
パルミラ(シリア)、ペトラ(ヨルダン)と並んで中東3大遺跡の一角を担うバールベック遺跡はベイルートの北東部に位置する。
レバノン山脈をバックにしたバールベック遺跡のユピテル神殿 ユピテル神殿の6本柱は高さ20m
6本柱を横から眺める


top .
  ユピテル神殿の6本の柱は高さ20メートルでBC64年に建てられたローマ遺跡。7世紀の戦乱と18世紀の大地震で大半が破壊された。
  遺跡の向こうには、かつてレバノン杉が鬱蒼とした山だったが、いまは禿山。
  内戦のため遺跡への立ち入りも制限されていたが、解禁を待つようにして行った。
  古代遺跡に鉄筋入りの瓦礫が?なんと修復後の内戦場になったため、鉄筋が現れたのだった。この中で、25年ぶりという世界音楽祭の準備の最中だった。