王家の結婚式
大地真央そっくり
 ホテルで見かけた王家一族の結婚式。一見、西洋式だが、音楽と、これに合わせての踊りは、しっかりアラブそのものだった。
大地真央そっくりの花嫁
西洋式ドレスに身を包んでも、アラブ音楽でお祝い
=写真クリックで30秒間の動画が楽しめます
 ホテルの周りに兵隊が多い。VIPでも泊まっているのかと思っていたら、ヨルダン王家の結婚式だという。きょうはモハメッドの生誕記念日で結婚式もピークなのだ。
  結婚式そのものを見たわけではないが、ホテル・ロビーにたむろする親族、友人たち。彼らのイデタチは?と見ると...
  そう、西洋そのものである。以外! 男性はタキシードにブラック・タイ。女性は色とりどりのイブニングである。へジャブ(イスラム女性の被る伝統的髪隠し布)姿やイスラム衣服の男性が混じっていなかったら、ここは中東でなくてロンドンかと錯覚しただろう。
  結婚式だから民族衣装で華やかだろう、と勝手な想像をしていた者には拍子抜け。
  イスラムの良さのひとつは民族衣装を大事にすることだ、思っていたのに。ただ一つ民族的なものがあった!音楽である。楽器の名前は分からないが、パーカッションとトランペット、それに手拍子で中東独特の旋律を繰り出す。
  その間を新郎新婦が披露会場へと移動してゆく。この新婦の美しかったこと。ヴィヴィアン・リー(風と共に去りぬ)とブルック・シールズを足して二で割ったような美人、日本でいえば大地真央そっくりさんである。
 セム系の女性は一般に美しい。その割に男性はあまりハンサムではない、ような気がした。Mrの言では、その反対だとか。見方でこうも違うものか。二人の周りを友人たちが踊り出す。この踊りも独特だ。阿波踊りとフラメンコを混ぜたような..
 top