アラビア半島西部説
旧約聖書のルーツ
旧約聖書のルーツがパレスチナではなくアラビア半島西部だった、という説がある。これが真実だとすると、「約束の地」もパレスチナではなアラビア半島西部となるが...
聖書の起源はアラビア半島西部の地図 旧約の舞台はパレスチナではな くアラビア半島西部アシール地方(現在のサウジアラビア・メッカの南の辺り?)だった。

エデンの園、ソドムとゴモラ、エルサレムとダビデ゙の都などすべてアシールの地名に痕跡を残している。(地図、実踏で検証)

例えば...
ソドムとゴモラの地は明らかに火山 ・地震による崩壊であるがパレスチナの辺りには火山は無く、アシール地方には一致する土地がある。

パレスチナにはもちろん、ユダヤ人は住んでいた。しかし、ヘブライ語の旧約聖書はここからパレスチナに伝播したのだ。
約束の地もパレスチナではなくアシール地方となる 。(*3)
top .