生活の知恵2点
導水路と空調
イランから中央アジアの広大な地域に大きな河は存在しない。にもかかわらず、豊富な水がいたるところで噴水から吹き出していた。その秘密は?
地下導水装置=カナート
 
山脈に降った雨、雪解け水の蒸発を防ぐため地下道を堀り都市へ導く。イランのモスクはどこも前庭に水があるし、町角には噴水も豊富だった。この考え方はシルクロードを通って、アフガニスタン、パキスタン、タジキスタンなどイスラム諸国、中国では新疆ウイグル自治区などへも伝わっている。他の国では「カレーズ」とも呼んでいる。
山脈から続く導水装置カナート カナートの一つを覗く カナート内部
山脈から穴が続く カナートの穴の一つを覗く カナート内部
空調装置=バードギール(イラン)
 
四角い塔から空気を取り入れ、カナートから引いた地下のプールで冷やし、居室へ送り込む。すべて自然の力によるエアコンである。
コムのバード・ギール バムのバード・ギール
コムのバード・ギール バムのバード・ギール
top