目には目を
「目には目を、歯には歯を」のことわざは、あまりにも有名だが、
これほど誤って理解されているのも珍しい。
「目には目を」は復讐を奨励するものではなく、逆にエスカレートする復讐を制御することば。復讐する場合でも同等の復讐以上にエスカレートしてはいけません、の意味だ。
「同害報復」という。
「目には目を」はハンムラビ法典のことばだが、後に、イスラムが復讐にたけている、つまり、ひどい復讐する、というように日本では誤解されている。 ハムラビ王の石碑には「目には目を」
ハムラビ王碑
(部分)
HOME .