森の民の慣習法
アーレマンスレッツ
自然をこよなく愛するスウェーデンには北欧ならではの自然に対する権利が慣習法として存在する。
これは自然に対する万人の権利法、つまり、自然の共有権ともいえるものだ。また、成文法ではなく、慣習法として、すべての人が自然のなかに自由に立ち入る権利の所有を意味する。 持ち主がいる土地でも、そのプライバシーや財産を侵さないかぎり、他人の土地に自由に入ることができる。
自然を共有するという思想は、一方で自然を破壊する行為を許さないモラルを生み出してきたのだ。

自然はみんなのもの、という思想のもとでは柵は存在しない
top .