バイキングの木彫
ケルト模様に極似
  バイキングのデザインは、からみ合うしなやかな形が特徴で、動物や人間の姿が精密にえがかれた。ここで気付くのはケルト模様に極めて似通っているということだ。歴史的に古いケルトの影響が強いとみる。
ノルウェーのスターブ式教会の扉に施された木彫は伝説を伝える(*3)
  ノルウェーのスターブ式教会の扉に施されたこの木彫は、800〜1050年ごろまでスカンジナビアで盛んだったバイキング芸術のすばらしい一例である。伝説がモチーフになることも多く、この例ではジークフリートの物語が描かれている。ネーデルラントの英雄ジークフリートは宝を手に入れてドラゴンを退治するが、最後は側近の裏切りにあって死ぬ。この木彫は、ジークフリートの敵グンテルの死を描いたもの。蛇の穴の中でぐったりと横たわり爪先でリュートを演奏している。
top