環境保全世界No.1
2002年
陸地の71%が森林というフィンランドは環境保全に以前から力をいれている。’02年2月のNYにおける世界経済フォーラムでは、環境保全対策142カ国中の1位に選ばれた。
白夜のフィンランドは陸の71%が森林
白夜のフィンランドは陸の71%が森林
  北欧は環境意識が高い地域だが、フィンランドは’90年に世界初の「炭素税」を導入するなど、環境関係の税制を整備している。リサイクル・センターの整備、教育現場(学校)での環境教育、企業の協力なども欠かせない。この結果、’90年から’98年の期間で約7%の炭素排出量の削減に成功した。現在の課題はエネルギー対策として原発推進の是非について論議が続けられている。
  フィンランドの保全対策No1が環境対策の後進国アメリカのNYで認められたことは皮肉としかいいようがない。アメリカの意識改革を望むばかりだ。
top .