コペンハーゲン
コペンハーゲンには市内、市外に多くの城があり、ここを回るだけでも、たっぷりとした時間が必要だ。ここに並べた城の他には、フレデリクスボー城、アマリエンボー城がある。
国会議事堂となっているクリスチャンボー城

クリスチャン・ボー城
 現在は国会議事堂となっているクリスチャン・ボー城はコペンハーゲンの基礎となった城。
王室の宝物館、ローゼンボー城

ロゼンボー城,
 王室の宝物館

 17世紀、クリスチャン4世により、オランダ・ルネサンス様式で建立。夏の離宮として使った。見事なタペストリー、食器類のほかに、金銀財宝、王冠、戴冠式用の剣などが保存。
クロンボー城
 シェイクスピアの「ハムレット」の舞台となった城で1585年、フレデリック王子2世が建立。要塞のような外観の建物は現在、博物館として、多くのゴブラン織り、ルーベンスの絵画などを飾っている。
「ハムレット」の舞台となったクロンボー城top .