サンチャゴ・デ・コンポステラ
カトリック三大聖地の一つ
バチカン、エルサレムに次ぐ聖地はパリからピレネー山脈を越えての道。その巡礼道にスペイン側の旅。何もかもが大きかった。
大きなロマネスク様式の大聖堂の全景
大きなロマネスク様式の大聖堂の全景。
夕刻になると正面に当たる夕日がカテドラルを黄金色に染める。
カテドラル内部の大香炉  大きな香炉

 高い天井から吊り下げられた大香炉を八人の僧侶が力を合わせて振ると、香炉からは写真のような香りが出て、巡礼たちの汗の匂いを消すのだとか。(*1)

 7月25、26の両日がサンチャゴ祭りなので人が集まり汗はひどかっただろう。大香炉は祭りの時とか、たまにしかお目にかかれない。
 私たちは八人の僧侶が引くための8本のロープを見ることで、この場面を想像するだけだった。     HOME .