フラメンコでボレロ
スペイン国立舞踊団
スペイン国立舞踊団、ボレロ
モーロス・ベジャールのモダンバレーが、ボレロを演出したときも大変な好評を博し、映画「愛と哀しみのボレロ」にも登場したラベルのボレロ。スペイン国立舞踊団の日本公演をTVでやっているのを見て、しまった、見損なった。せめて録画で我慢。次は生で見るぞ。
ベジャールの演出では円形舞台のの周りを大勢の踊り手が回りながら踊り、舞台の上では上半身裸の男性がソロで初めから終わりまで踊る、というものであった。

スペイン国立舞踊団では、フラメンコを駆使した演出であった。
スペイン国立舞踊団の演出は、曲に合わせて踊り手が増えてゆく、というもの。つまり、ソロに始まり、エンディングは全員で盛り上げる。

そのさわりを、動画で見ることができます。右の写真をクリックすると動画に変わります。(約1分30秒、音量にご注意)
ボレロの動画、1分30秒