アルハンブラ宮殿
からの眺め方
グラナダ市街からのアルハンブラ
アルハンブラ宮殿
=グラナダ市街から
 グラナダにあるイスラム王朝ナスル朝の宮殿(13〜14世紀)は、外壁に塗られた漆喰(しっくい)が赤く、アラビア語で「赤いもの」を意味する「アル・ハムラー」がなまって「アルハンブラ」と呼ばれる。イスラムの宮殿建築の貴重な遺構として名高く、彩釉(さいゆう)タイル、漆喰、大理石による装飾が繊細華麗に表現されたイスラム遺産だ。
アルバイシン地区の高台から見たアルハンブラ宮殿の全景
アルバイシン地区から見たアルハンブラ宮殿の全景 グラナダ市街
アルハンブラからのアルバイシン地区 アルハンブラからのサクロモンテ地区
アルハンブラからのアルバイシン地区 フラメンコを生んだロマの人々が住む岩穴住居
=サクロモンテ地区
top