古代シチリアの象徴
トリナクリア
  シチリア島は、古代ギリシャ人からは、先住民のシクリ人の名をとってシケリア島と呼ばれていたが、もう一つ、トリナクリア島という別名でも呼ばれていた。トリナクリアとは古代ギリシア語で、三つの岬を持つ島を意味している。
  丸い人の顔に足が三本つけられたシンボルで表わされるこのシンボルは、東地中海域で使われていた地母神メドウーサを表している。ギリシャ神話では邪神として悪の権化にされてしまっているが、現在でも伝統芸能の人形劇をはじめとして、シチリア島のいたるところで使われている。
市庁舎など公的機関には旗、紋章に使われている
公的機関には旗、紋章に使われている=シラクサで
  トリナクリアは、三角形をしたシチリア島の三つの岬を、人間の足で表わしている、と説明されている。
  一方で資料よると、ギリシア神話の太陽神ヘリオスの棲家がシチリア島であり、トリナクリアは太陽を表わす、と考えられているのが分かった。三本の足は春、夏、冬を象徴している、とのことである。おそらく元来は、四本足の卍形に起源を持っていたのだろう。トリナクリアという言葉の持つ意味から、足が一本減らされたのかもしれない。秋が欠けているのは、シチリア島では秋は、はっきりと意識できる季節ではないため、とも考えられる。
  シチリア島南西部のアグリジェント市にある考古学美術館に所蔵されている前7世紀のギリシアの丸い皿の底に、トリナクリアが描かれている。この皿には、赤地に黒いトリナクリアが描かれているのだが、黒くたくましい太ももと、深く曲げた膝で、大空を駆けてゆく太陽は、まるで異次元の狂った怪物のように見えた。(*3)
top .