プーピ・シチリアーニ
伝統の操り人形
プーピ・シチリアーニ の人形劇の起源についての詳細は不明であるが、19世紀にナポリやシチリアを中心として普及し、同世紀後半から世紀末にかけて、シチリアで騎士道物語の出版が盛んになったことが分かっている。
伝統の操り人形プーピ・シチリアーニ
伝統の操り人形プーピ・シチリアーニ
  上演の仕方や人形のつくりは、同じシチリア島内でも地方によって多少異なる。パレルモの劇場は家族経営的で規模は小さめ、人形もカターニアのものより数10センチ小さめで長さ80cmから1m、金属の武具を含めると重さは約8キログラムほどである。
  これを人形師は舞台のそでから(カターニアでは上から)、頭部と右手を支える棒二本と、左手や面頼を動かすための紐などを動かして操る。その動きは、膝を曲げたり、剣を抜くなど、生き生きとしている。人形師はせりふもつけ、お姫さま役には裏声をつかう。馬や怪物も出てくるし、敵の首が地面に転がる場合もある。マットな色彩で描かれた書き割りはファンタジックな世界をつくりだし、手回しオルゴールの音が雰囲気をもりあげる。
  かつては各地への巡業もあり、日常的な大衆娯楽であったが、テレビの普及によって廃れ、今日では日本の文楽のように貴重な伝統芸能となってしまった。
シチリアのみやげもの屋では、シャルルマーニュ大帝、オルランド(ローラン)、リナルド、ブラダマンテといった中世騎士の人形を必ず見かける。この人形劇は、シチリアを語るに欠かせない伝統民芸なのである。
  人形劇といっても子供相手の童話ではない。話の筋は、12騎士(パラディー二)がサラセン人と戦ったり、東洋の姫アンジェリカを求めて旅するといった中世騎士道物語をはじめとして、アーサー王の伝説、ノルマン騎士のシチリア征服などの歴史ものや、シェークスピアもの、あるいはキリストの生誕や受難、山賊、詐欺師カリオストロにいたるまで様々なものがあり、一日2時問の上演にして9年間、違ったネタを提供できるほど多彩だ。
  映画『ゴッドファーザー・パートV』の中にも人形劇のシーンが出てくる。
top .