丘の上の城郭都市
オルビエート
オルビエートは、トゥファという石灰華が堆積してできた巨大な岩盤の上に築かれた町で、エトルリア人が定住する以前から集落が存在したといわれる。
ウルバヌス 4世が建設した壮麗な大聖堂   13 世紀、この町に難を避けた教皇ウルバヌス 4世が壮麗な大聖堂を建設した。
大聖堂の一部 落ち着いたまちの通り
大聖堂の一部 落ち着いたまちの通り
玄武岩と石灰岩のオルビエートの町は遠くからも見ることができる=下から 玄武岩と石灰岩のオルビエートの町は遠くからも見ることができる=町から
玄武岩と石灰岩のオルビエートの町は遠くからも見ることができる
サンパトリツィオの井戸=上から サンパトリツィオの井戸=下から
サンパトリツィオの井戸=町が包囲された場合に備えて16世紀に掘られた        top .