アラン諸島のイニシュモア島の断崖ドウーン・エンガス  イニシュモア島のドウーン・エンガス    
  西部の大西洋に面したアラン諸島は厳しい自然との戦いを強いられる地域だ。その中で最大の島、イニシュモア島「アランの男」その他の映画の舞台となるなどアイルランドでも特異な地域だ。広さ13k×3kの大西洋側には100メートル近いドウーン・エンガスの崖が聳える。
100メートル近いドウーン・エンガスの崖
  人口900人のこの島には医者2人、教師12人、教会3つ、小・中学校3つ、高校1つ、スーパー1つ、そして、パブが7つ。観光客は人口の10倍。
  石垣が続くこの島は、岩を土に変えて畑を耕していたが、最近は観光が中心で漁業は僅かとなっているようだ。
アラン諸島名物の岩の垣根は防風目的
top .