グレンダーロッホ
谷あいの村
 グレンダーロッホの谷は、アイルランド島東部、首都ダブリンの南、ウィックロー山地の谷あいにある。
 6世紀に、聖ケビンがここの洞窟で修行を始め、やがて宗教都市、巡礼地となった。 後に、この地に修道院を建て現在も11〜12世紀の教会がいくつか残っている。
全景の中心の33メートルの円塔は巡礼の目印 全 景
 中央に見える円塔は高さ33メートルで監視塔、宝の隠し場所、そして、鐘楼でもあった。
 その高さはステータス・シンボルで、同時に巡礼者のための目印でもあった。
 入り口は地上3メートルもあり、内部も梯子を架けながら、という作りは防衛上? 
top
聖ケヴィン教会(11世紀)
聖ケビン教会(11世紀)
塔の手前には聖ケヴィンの十字架(十字架+太陽)
塔の手前にケビンの十字架