ケルト十字架がいっぱい

    ケルト十字架
  アイルランドの最初の居住者はおそらく新石器人で、続いて青銅器をたずさえた地中海人や、ピクト人がやってきた。
  彼らがつくった前2000〜前1000年のドルメンやメンヒル、石の砦などが数多くのこされている。鉄器時代には、ケルト人の侵入(前350年頃)によって新しい文化がもたらされた。ケリー県のオガム文字による5世紀の石碑文に、最古のケルト語(ゲール語)の跡をみることができる。
  5世紀にはパトリックがアイルランドにキリスト教を伝えた。
 複雑なケルト紋様とともに聖書のエピソードが彫刻されているが、これは読み書きが出来なかった人々に、その教えを説くためであったとされている。
珍しく太陽がでて半そで姿のAbraham
珍しく太陽が照って半そで姿
top
Kells Crossは文盲の為に聖書を絵で表現
Kells Crossは文盲の為に聖書を絵で表現