サミュエル・ベケットの「ゴドーを待ちながら」
  サムエル・ベケット
  1969年にノーベル文学賞を受けたサミュエル・ベケットの作品の特徴は、あたかも日本の文楽を思わせる極端に演技をデフォルメしたもので、妙に私たちを惹きつけた。
サミュエル・ベケット(06〜89)アイルランド生まれの仏の小説家
1906〜89 アイルランド生まれのフランスの小説家
「ゴドーを待ちながら」=戯曲のデフォルメ

  サミュエル・ベケットが自己の最高傑作と位置づけた不条理劇の傑作(1953初演)。
  浮浪者風のふたりの男、ウラジーミルとエストラゴンは、ゴドーと呼んでいる決して現れない神を思わせる何者かを待ち続ける。
  デフォルメは、舞台、登場人物、せりふ、などすべてに及ぶ。
「ゴドーを待ちながら」は文楽を思わせるデフォルメ戯曲
top