ハーメルン
「ネズミ取り男」のまち
1284年、この町から突如として約130人の子ども達が姿を消した。
市庁舎前の「ねずみ取り男」のオブジェ
市庁舎前の「ねずみ取り男」のオブジェ
  13世紀頃、ハーメルンの町の人たちはネズミの害に悩まされ、ネズミ捕りの名人を雇って退治させた。 しかし、約束の報酬を支払わなかったため、その復讐に町の子ども達を連れ去ったといわれる。
  この頃、東方開拓のために子ども達まで現ルーマニア近くへ入植させたため、多くの子ども達が町を去ったことから、この伝説が生まれたらしい。
  「ネズミ捕り男」の話は毎年5月から9月まで町で野外劇場として上演される。
オスター通り最古のシュテフツヘーレン・ハウス
オスター通り最古のシュテフツヘーレン・ハウス
「ねずみ取り男」の看板=オスター通り
「ねずみ取り男」の看板=オスター通り
top .