バート・ゾーデン・アレンドルフ
菩提樹(シューベルト)を生んだ町
マイスナー山塊の東のはずれに、シューベルトの歌曲「菩提樹」のモチーフになった大木があるバート・ゾーデン・アレンドルフがある。
17世紀建造の木組みの市庁舎
17世紀建造の木組みの市庁舎
  この地区はキリスト紀元以前から塩の産地として栄えた。20世紀に入ってから塩水を利用した温泉地療養施設としてドイツでも有数のほ保養地となっている。
  町の南門を出ると正面に菩提樹の巨木がある。18世紀の詩人ミュラーの詩にシューベルトが付けた名曲「菩提樹」の題材となった樹である。
「菩提樹」の大木と泉
「菩提樹」の大木と泉
top .