ポストイナ鍾乳洞
カルストの華
1818年に発見されたヨーロッパで第一、世界で第3位のボストイナ鍾乳洞はスロベニア共和国の北西部にある。鍾乳石の1ミリの成長には約10年が必要だという。
ボストイナ鍾乳洞入口
第2次世界大戦中、ナチス・ドイツの弾薬庫として使われたが、パルチザンが火を点けたため鍾乳洞の一部は真っ黒に。その後に発達した鍾乳石の白さが異様な光を放つところもある。
ボストイナ鍾乳洞入り口からここまで辿りつくのにトロッコで約5分
ここまで辿りつくのにトロッコで約5分                          top .