憎悪は政治が生み出した
証言ベオグラード1991年
ユーゴスラビア政府交換留学生としてサラエボ大に留学、その後ベオグラード大で教鞭をとった女性が旧ユーゴスラビア人からの聞き取りをまとめた本から、その一部を。(*3)
政治家が戦ったらいい
(セルビア人)
戦争のための動員が始まった。無意味な戦争に、ぼくは行きたくない。経済問題を解決できなかった政治家が、安易な手口でみんなの気持ちを違う方向に向けているだけ。
政治家をまとめて殺したい
(ベオグラード生まれ)
こんなに人が死んでいくんだ。こんな状況にしてくれた政治家を一ヵ所に集めて、まとめて殺してやりたい。
政治家は誰も信用できない
(クロアチア人)
ツジマン大統領がクロアチアを民族国家として独立させる政策をとってから民族問題がクローズアップされたのだ。人間にとって大切なのは何民族かではなく、誠実かどうかなのに民族別に国境を引いた。これがすべての紛争を生んだのだ。
憎悪は政治が生み出した
(クロアチア人)
民族を全く意識してないザグレブで90年の選挙があり、「クロアチア民主同盟」が勝った。ここからセルビア人に対する差別が始まった。民族の対立はこの新政権が生み出したものだ。
モスタルの石橋はボスニア紛争で破壊された 
 モスタルはボスニア・ヘルツェゴビナ南部のネレトバ川中流域に位置する。同川にかかるアーチ型の石橋(写真)は、1566年建設されたもので、以後町のシンボルとなっていた。
  1993年、町はクロアチア人とムスリムの勢力に分裂し、ボスニア紛争のさなか、この橋はクロアチア人勢力によって破壊された。
HOME .