黒の教会
ブラショフ
町の中心に建つこの教会は高さ65メートルでトランシルバニア最高の高さを誇る。後期ゴシックの教会である。1689年、ハプスブルク軍の攻撃で黒こげになったことから、この名がついた。
内部には、絨毯、タペストリーの他に、1839年に製作された4000本のパイプをもつパイプオルガンがあり、壮観である。
修復のせいか黒くない「黒の教会」
修復のせいか黒くない「黒の教会」
4000本のパイプを使ったパイプ・オルガン
時計台のある鐘楼 4000本のパイプを使ったパイプ・オルガン
top