ベレシュ城
カロルT世の夏の離宮
1875年、ルーマニア王室の夏の離宮としてカロルT世が建てた宮殿は、ルーマニアで一番に美しいといわれている。
シナイアの渓谷が一望できる庭園には、バラ、噴水、彫刻が配置されている。内部のへや部屋には、集められた彫刻、絵画、、金・銀の装飾品、そして、中世の各国の武器がコレクションされている。その中には日本の鉄砲もあった。
ドイツ・ルネサンス様式のベレシュ城 同じく反対側からのベレシュ城
ドイツ・ルネサンス様式のベレシュ城 同じく反対側からのベレシュ城
top