イースター・エッグ
ロシア正教
西欧ではすでにギリシャ時代に卵料理がつくられている。またキリスト教の復活祭のイースター・エッグのように。
イースター・エッグで有名なのは、ニコライ二世の時代、家族間で贈られたエッグが有名で、1個1億円以上の値打ちがあるものもあるという。下の卵のいくつかは、なぜかクレムリンの武器庫博物館で見つけた。
玉子の中には入れ子のように精巧な親鳥が入っていた 玉子の中には入れ子のように精巧な馬車が入っていた
玉子の中には入れ子のように精巧な細工の品が入っていた
玉子スタンドに乗ったエッグには、家族の写真が 玉子スタンドに乗ったエッグには、いろいろな仕掛けが...
玉子スタンドに乗ったエッグには、いろいろな仕掛けが...

現代のイースター・エッグ
この精巧なイースター・エッグは、ロシアの宝飾デザイナー、ペーター・カール・ファベルジェによる19世紀後期の作品。金と宝石による手のこんだ七宝細工は、ファベルジェの典型的なスタイルである。彼はこのようなイースター・エッグを多数制作したが、どれも個性的な魅力をもっている。
top