ニュージーランドの最高峰
アオランギ
(マウント・クック=3754m)
名前の由来はマオリの伝説から
その昔、天と地の子であるアオランギと
その兄弟は、大海原をカヌーで渡っている途中、暗礁に乗り上げてしまいました。
仕方なく、海面に突き出たカヌーの上に乗り
両親の助けを待つアオランギたち。
そして・・・何年も、何年も待つうちにカヌーは南島に、アオランギたちはサザンアルプスになりました。
Hermitage Hotelの3F、客室から
2004-12-19
ワイドP
拡大:29K 拡大:31K 拡大:32K
アオランギとはマオリ語で「空を突く物」。
  標高3754mを誇るNZの最高峰アオランギは18世紀の英国人海洋探検家ジェームズ・クックの名をとって「マウント・クック」とも呼ばれている。
  NZの南島の中央部を約700kmに渡って横断するサザンアルプス一帯は今も神話のまま大自然を広げ、1990年にはユネスコ世界遺産に指定された。
  今年は異状気象というNZの12月の2週間の旅の中で雨が降らなかったのはマウントクックでの一日だけ。
top