HAKA(マオリダンス)
闘争心を鼓舞する踊り
 ハカ(マオリ・ダンスの総称)の1つ、「カマテ」は1888年、英国に遠征したニュージーランド・ネイティブ・マオリ・チームにより初めてラグビーの試合に登場。
  オールブラックスがこれを取り入れたのは1905年のことだ。このハカは1820年頃、ナティ・トア族の長、テ・ラウパラハによって作られた。彼が敵に追われていた時、モトゥオプヒのロトアイラ族の長、テ・ファレランギがサツマイモを貯蔵するための縦穴にかくまってくれた。穴の中でテ・ファレランギと追っ手の会話を聞いたテ・ラウパラハがつぶやいたのがこのハカだったというわけだ。
少年のHAKA
少年のHAKA
写真クリックでHAKA再生
All BlacksのHAKA:写真クリックでHAKA再生
Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!)
Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!)
Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!)
Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!)
Tenei te tangata puhuruhuru(見よ、この勇気ある者を)
Nana nei i te tiki mai, (ここにいる毛深い男が)
Whakawhiti te ra! (再び太陽を輝かせる!)
A upane! ka upane!(一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!)
A upane, ka upane(そして最後の一歩、そして外へ一歩!)
Whiti te ra! (太陽の光の中へ!)
マオリショウ もてなしでワイアタ(歌)が披露
マオリショー もてなしでワイアタ(歌)が披露
top