ウブド芸術
村ごとに競う
バリ島の殆どの人口が農業に従事しているといわれるが、また、同時に絵を描くなどの芸術に関係している。それは芸術を意識するのではなく信仰の現われに過ぎないという。
そのなかでも、ウブド周辺の村はプロ並みの絵を描き、しかも、村ごとに独特の特徴をもった絵を描くのだ。こうして競いながら向上していくのだろうか。そのなかから、典型的な特徴をもった絵を選んでみた。 花鳥風月型=プンゴセカン村
絵は3点とも部分
花鳥風月型=プンゴセカン村
ヤング・アーティストによる素朴画=プネスタヤン村 アクリルの柔らかな色使いに特色=トゥプサヤ村
ヤング・アーティストによる素朴画
=プネスタヤン村
アクリルの柔らかな色使いに特色
=トゥプサヤ村
top