英国の「分離して統治」政策が
パキスタンとの不仲の始まり
=インド小史
カット=インドの宇宙観のひとつ
カット=インドの宇宙観のひとつ
BC2300年頃 インダス川流域に文明がおこる。
BC1500年頃 アーリヤ系がインドに侵入し、北部定住する。これをきっかけに戦争がくりかえされる。
BC326年 アレクサンダー大王の軍隊がインドに遠征したが、長い遠征につかれた将兵が従わず失敗。
AD150〜450年頃 サンスクリット文化が栄える。中東およびローマ帝国との貿易により国がうるおう。
1175〜1200年頃 アフガニスタンからイスラム勢力が侵入し北部インドを席巻、デリーにイスラム王国をたてる。
1398年 ティムールひきいるモンゴル系勢力がデリーを荒らす。
1498年 ポルトガルの航海家バスコ・ダ・ガマがインドに到着。ポルトガルはすぐにインドの海洋貿易を支配。
1526年 ティムールの子孫がムガル朝をおこす。
1600年 イギリスが東インド会社を設立。
1885年 インド国民会議派が結成される。
1920〜21年 マハトマ・ガンディーが非暴力主義をとなえ、独立運動が民衆の支持をえる。
1947年 イギリス領インドは、インドとパキスタンにわかれて独立。ネルーがインドの初代首相に就任。=英の分離して統治(Devide & Control)の典型
1948年 ガンディーが暗殺される。
1974年 地下核実験をおこない、世界で6番目の核保有国になる。
1984年 インディラ・ガンディー首相が、護衛していたシク教徒に暗殺される。
1990年代初頭 カシミール地方の領有をめぐり、インドとパキスタンの間で緊張が高まる。
top.