カースト制 
ヴァルナ(四姓)
インド世界観を表す1枚
インドの世界観を表す1枚


インドの社会の安定要因として機能してきた反面、一方で近代化を妨げる要因にもなっているカースト制を探る。
カースト(ジャーティ)
(職業別に2000〜3000)
ヴァルナ(四姓)
(僧侶など) バラモン
(貴族・豪族・軍人など) クシャトリア
(商工業者など) ヴァイシャ
(農業労働者など) シュードラ
(階級以下の人など) ハリジャン(神の子=
 後にガンディーが命名)
  個々人の階級、職業をはじめ、結婚その他さまざまな社会生活のありようを決定する。子は親のカーストを必ず継承していくため世代を超えて受け継がれる。
  もともとインドではジャーティ(「生まれが同じ者」の意)という語でよばれているが、16世紀にインドにやってきたポルトガル人が、これに母国語のカスタcasta(階級、血筋)という語を当てたため、カーストとも称されるようになった。日本では一般に、カーストといえば、大きな四つの階級区分(四種姓)が想起されがちだが、これはカーストと密接な関係にあるものの、正確にはヴァルナという。
  ヴァルナvarna(本来は「色」の意)は、前1500年ごろ、インド・アーリヤ人が北方からインドへ進入し、やがて農耕社会を気築きあげた頃に成立した。インドの聖典文学によれば、アーリヤ人のバラモン教(= ヒンドゥー教)司祭が社会を四つの階層に分け,司祭階級自らをその最上位においてブラフマン(バラモン)と称した。そして二番目に王侯・武士のクシャトリヤ、三番目に農民や牧夫、商人のヴァイシャ、四番目にシュードラ(農民や牧夫)。さらにその下、社会の枠組みの外(アウトカースト)に、不浄な人々とみなす不可触民(アンタッチャブル)をもうけ、下賎とされる職業に就かせた。
  カースト(ジャーティ)の数は、インド全体で職業別に2000〜3000あるといわれている。そしてこのカーストは、上に記したヴァルナの、不可触民も含めた五つの階級のいずれかに属している。
  カーストは、地縁、血縁、職能が密接に絡み合った排他的な集団で、その構成員の結婚や職業、食事にいたるまでを厳しく規制し、また自治機能ももっている。
  ふつう、カースト名から職業がわかるほど、カーストが特定の職業と結び付いていることが多いが、近代化の波に洗われ崩れ始めた今日では、カーストと職業の関係は薄まりつつある。
  1947年、インドの独立とともに憲法でカースト差別は禁止され、49年の議会で不可触民制の廃止も宣言された。その間、不可触民の解放を強く主張した人に、ガンディーがおり、不可触民にハリジャン(神の子)の名をあたえた。差別をきらうハリジャンは差別のない仏教に大量に宗教をかえる動きもみられる。*4
top.