シダの洞窟
かつての王族の結婚式場
ワイルワ川州立公園シダの洞窟・看板
カウアイ島の東部に位置するシダの洞窟はワイルワ川に沿って船でのアプローチとなる。
洞窟を下から見上げると舞台のよう   土曜だったので込み合うと思い9時の一番船を狙ったが、20ドルを払って待てど観光客はまばら。6人に達しないと次の9時半と合流だという。出発の時間になって10人に達した。やれやれ。

  私たちを乗せた9時発の一番船は、30分足らずのクルージングの間、ハワイ音楽とフラの講習会(なぜか講習会の曲目「フキラウ・ソング=魚網引き歌」)で、あっという間に目的地へ着いてしまった。

  船を下りたところにシダの洞窟地区という看板がたち、ここから、数分で洞窟へ到達するほどの近さで拍子抜け。

  適当な写真が撮れなかったので全体像が掴みにくいが、グロットー(洞穴)は小高い位置に舞台のような形で空いている。幅、約20メートル、高さ5メートルほどの空間だ。
  シダというから沢山のシダで覆われていると思ったら、岩の間から垂れ下がる「枝垂れシダ」であった。

  船のクルーによる簡単な説明の後、「ハワイの結婚の歌」を演奏、終わったらカップルは抱き合いなさいよ、とのジェスチャーに外国人は素直に従っていた。この地では本当は私たちが外国人だっけ。
洞窟を下から見上げると舞台のよう
洞窟の内部から外側を眺めたところ
洞窟の内部から外側を眺めたところ
ハワイの結婚の歌を弾き語りするクルー
ハワイの結婚の歌を弾き語りするクルー top